2019年08月28日 (水)秋雨前線


気象キャスターの大隅智子です。
28日(水)の朝にかけて、沿岸を中心に大雨が降りました。
総雨量は釜石市で160ミリ以上、大槌町や山田町などでも140ミリ以上となりました。
雨がやんでも地盤は緩んでいるので、土砂災害や川の増水などに注意・警戒して下さい。

28日は九州北部で大雨になり、佐賀県、福岡県、長崎県に大雨特別警報が発表されました。
前線の活動が活発になっています。
そこで、きょうは秋雨前線についてお伝えします。
秋雨前線は夏から秋にかけて発生します。
夏の太平洋高気圧は次第に後退しますが、まだ暖かい空気を送り込んできます。
一方、北からは、秋の乾いた空気を持つ移動性高気圧張り出してくるため、冷たい空気を送り込んできます。
この2つの質の違う空気がぶつかり合う所にできるのが秋雨前線です。
西日本では梅雨の方が降水量は多くなりますが、東日本や北日本では梅雨より秋雨の方が雨量が多くなる傾向があります。
というのも、北からの冷たい空気が入りやすいので、前線の活動が活発になるからです。
oosumi190828_1.jpg

盛岡市と宮古市の7月から10月の月別の降水量の平年値です。
盛岡では、7月が最も多くなっていますが、宮古では、夏より9月の方が、降水量が多くなっています。
実は9月が年間でも降水量が最も多いのです。
秋は、台風のシーズンでもあります。
台風が近づくと、前線の活動も活発になりますし、沿岸では南から湿った空気が入りやすくなることもあり、雨量が多くなります。
oosumi190828_2.jpg

先日発表された3か月予報では、秋の降水量が多くなる予想となっています。
秋雨による大雨には注意が必要と言えそうです。

 

いただいたご意見・ご感想は、番組作りの参考にいたします。
公開および返信をすることは差し控えますので、ご了承ください

投稿者:大隅 智子 | 投稿時間:22:14

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲