2019年08月27日 (火)秋の天候は?


気象キャスターの大隅智子です。
この所、朝晩はすっかり涼しくなりましたね。
山間部ほど季節の進みが早くなっています。
秋の天候はどうなるのか、先日、発表された3か月予報をお伝えします。

平均気温は9月と10月は平年より高く、11月は平年並みか高い見込みです。
降水量は9月と10月は平年並みか多く、11月はほぼ平年並みの見通しです。
つまり、秋も高温傾向が続き、雨の量が多くなりそうです。
oosumi190827_1.jpg

なぜこのようになるのか、大気の流れでみてみましょう。
9月から11月に予想される大気の流れです。
まず上空を流れる偏西風が日本付近で北に蛇行するため、南から暖かい空気が入りやすく、気温が高くなりそうです。
さらに太平洋高気圧が日本の東で北に張り出すため、南から湿った空気が高気圧の縁を回って東北地方に入りやすくなります。
そのため、雨の日が多くなりそうです。
oosumi190827_2.jpg

秋も高温が続くと、紅葉の時期が今年も遅くなるかもしれません。
また、秋雨の時期に大雨が多くなる可能性があります。
今後も気象情報にはご注意下さい。

 

いただいたご意見・ご感想は、番組作りの参考にいたします。
公開および返信をすることは差し控えますので、ご了承ください

投稿者:大隅 智子 | 投稿時間:20:44

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲