2017年02月02日 (木)氷上のワカサギ釣り!


先日、盛岡市郊外の岩洞湖へ行ってきました。
お目当ては、氷上でのワカサギ釣りです。
この時期、厳しい冷え込みで湖の水面は凍りつき、人が歩けるほど氷が厚く張るとのこと。
氷にごりごりと穴を開けて釣る様子をニュースで見たことはありますが、これまで体験したことはありません。

これは一度やらねば!と思い立ちました。
朝5時に起きて出発。
そしていざ、岩洞湖に降り立つと・・・

te170202_1.jpg

写真に収まりきらないほど広大な湖が、アイスリンクのように、あたり一面完全に凍っていました。
さえぎる物がない氷の上は、風が強く吹き荒れます。
とても寒い。
しかも表面がツルツルでふんばりがききません。
何回もあおられて転んでしまいました。
それでも、実際に来たからこそ味わえる自然の雄大さ・・・これを感じられただけでも、来たかいがありました。

ちなみに職場の同僚、大谷アナ、羽隅アナ、中村アナと一緒です。
te170202_2.jpg

みんなで協力してテントを張り、氷に穴を開け、針に生き餌をつけ、
ワカサギ釣りのスタートです。

te170202_3.jpg

湖の深さは25m。
底の方にいるワカサギが食いつくと、釣りざおの先が少しだけ動きます。
待つこと30分弱、ようやく最初の当たりが!

te170202_4.jpg

寒い中、じっと耐えて釣った魚ですから、小さくても大興奮です(笑)
午前中いっぱいねばって、30匹ほど釣れました。

釣ったワカサギは、近くの休憩小屋で天ぷらにしてもらえます。
自分で釣った魚は、また格別においしい!
北国の冬のレジャーを満喫した一日になりました。

 te170202_5.jpg

投稿者:手嶌 真吾 | 投稿時間:17:49

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲