2019年10月31日

イチョウについて


気象キャスターの大隅智子です。
きょうは、イチョウについてお伝えします。
10月30日(木)に撮影した盛岡市の上田公民館のイチョウです。
青空にイチョウの黄色が映えていました。
oosumi191031_1.jpg

イチョウはなぜ黄色になるのでしょうか。
秋になって気温が低くなると、葉緑素であるクロロフィルが分解されます。
そうすると、黄色の色素であるカロチノイドが目立ってきます。
そのため、葉は緑色から黄色に変わります。
oosumi191031_2.jpg

ここでイチョウのクイズです。
イチョウは街路樹や寺に多く植えられていますが、それはなぜでしょうか。
①    銀杏を食べるため ②地面を黄色のじゅうたんにするため ③防火のため。
この3つのうち、どれでしょうか。
oosumi191031_3.jpg

【続きを読む】

投稿者:大隅 智子 | 投稿時間:20:36 | カテゴリ:大隅 智子 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

ページの一番上へ▲