2013年02月27日 (水)★陸前高田しあわせ音頭★


今日のブログ当番・村山絢香です(*^^*)
まだまだ厳しい寒さが続いていますが、
最近は冬至から比べると、だいぶ日が暮れるのも遅くなり、
日の出も早くなっているように感じますね。
もすぐそこまで来ているようです


my130227_1.jpgそして間もなく、東日本大震災から2年が経ちますね。
被害の大きかった陸前高田市商工会女性部では、
被災した人たちを元気づけたいと、
『陸前高田・しあわせ音頭』という曲をつくりました。
今月完成したこの曲には、復興への希望が込められています。

 

音頭をつくった商工会女性部では、
震災前から町の活性化をしたいと様々な地域活動に参加してきました。
しかし活動してきたメンバーの8割が被災
40人が死亡・行方不明となりました。

メンバーは、
同じように津波で大切なものを失った人々を、
どうしたら励ますことができるのか
考えたといいます。

津波でなにもかも流されるなか考えだしたのは、
形がなくても将来に残る、歌や踊りをつくることでした。

作詞作曲を依頼したのは、
となりの大船渡市出身の演歌歌手・大沢桃子さん
これまでも、ふるさとへの思いをこめた曲を作ってきた大沢さんに、
自分たちの思いを託しました。

作詞作曲した大沢さんは、
『これから町が新しく築きあげられていくなかで、この幸せ音頭は、
町のこれからを照らすものになってほしい。町が本来の意味で元気を取り戻せるまで、
みなさんの気持ちを励ませるものにしたかった』
と話していました。

女性部の皆さんも、
亡くなった人たちのぶんまで、ふるさとを元気づけられるよう、
親しまれる振り付けをしたいと試行錯誤していました。

『陸前高田・しあわせ音頭』

みなさん、
震災から2年を迎える来月、法要のあとで地域の人たちとこの音頭を踊ったり、
お祭りや催しのたびごとに披露
していきたいということです。

まだまだ、復興への道のりは長いものですが、
みなさんの思いのつまった音頭で、町に希望を届けてほしいと感じます。


  ★告知★

  震災から2年を迎える3月11日『おはよう日本』(4:30~)
  でも放送予定です。亡くなった人たちの分までと、
  復興へむけて進む陸前高田の皆さんの取り組み
、ぜひご覧ください。

 

投稿者:村山 絢香 | 投稿時間:19:42

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

あなたの大先輩の中山アナウンサーは
おばんですいわてで震災前には毎日キャスターをしながら
あらゆる現場からリポートをされていました
キャスターをしていない人ができないわけはありません
中山アナウンサー目指して頑張って下さいね

投稿日時:2013年04月03日 00:16 | がんばってね

コメントの投稿

ページの一番上へ▲