2012年03月12日 (月)あの日から一年


漆原輝です。
震災から一年が経ちました。
2012年の3月11日午後2時46分。
私は、陸前高田の海が望める高台の仮設住宅の広場から、
住民のみなさんと一緒に黙祷をさせて頂きました。

この高台の広場からは、
陸前高田の中心街、そして広田湾が見えます。

ur120312_1.jpg
 
一年前と真逆の表情の海。
波がほとんど見当たらない位の、
本当に穏やかな、穏やかな広田湾が
目の前に広がっていました。

午後2時46分。
防災行政無線から流れるサイレンの音を聞きながら、
海に向かって手を合わせ、
そのあと献花にも参加させて頂きました。

ur120312_2.jpg
 
仮設住宅で暮らす皆さんとの話の中で、
「今日は震災から一年という節目ではあるけど、
今日を気持ちの区切りにすることはできない」
「震災の事を忘れられる事が一番辛い」
という言葉を多く聞きました。

まだまだ未熟者の私ではありますが、
被災者の方々の支えになるような放送をこれからも出せるよう
より頑張っていきたいと強く思います。

投稿者:漆原 輝 | 投稿時間:19:06

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲