2012年02月01日 (水)「NHK復興カレッジ」放送日決定!!2月5日(日)Eテレ 午後2:00~2:50 <東北ブロック> 


前々回、村上が担当のブログでご紹介した、「NHK復興カレッジ」〜被災地の子どもたちをどう支えていくか〜の放送日が決定しました。

2月5日(日)Eテレ

午後2:00~2:50 <東北ブロック>

mk120201_1.jpg

 

東日本大震災以来、子どもたちは心に様々な思いをかかえ、そして多くの困難のなかで生活しています。私も一人の母親として、大きな問題と感じています。

釜石市の市民交流センターを会場に開かれた「NHK復興カレッジ」。被災地で子どもたちの支援を行なっている専門家をお招きして、被災地の子供たちをどう支え、守り、育てていくのか、考えました。私は、司会、そしてトークセッションのコーディネーター役を担当させていただきました。

mk120201_2.jpg

今回は、地元、釜石中学校の佐藤謙二さんから、いまの子どもたちの現状報告いただいたほか、阪神淡路大震災で親をなくしてしまった子供たちの心のケアのため、国内初の心のケア専門の施設「レインボーハウス」を建設し、今もなお継続して支援にあたっているNPO「あしなが育英会」の八木俊介さんに、どのように心のケアに取り組んできたのかといった具体的な経験談、また、すべての子供が夢や希望を持てるようにと経済的に学習が難しい子供たちへの支援を行なっているNPO「キッズドア」の渡辺由美子さんから、大きな環境の変化で学習が十分でなくなってしまった子供たちへの支援の様子や必要性などを伺いました。

mk120201_3.jpgmk120201_4.jpgmk120201_5.jpg

私自身も司会を担当する中で、マスメディアに携わる人間の責任として、今被災地がどういう状況で、何が必要なのか、伝え続けていくことが大切だとの認識を新たにしました。そのひとつとして、年明けの「おばんですいわて」で、岩手県内でのこどもたちの心のケア施設開設にむけて動きをリポートしました。今後も継続して伝え続けていきたいと思っています。

mk120201_6.jpg

NHKでは被災地各地から様々なテーマで「復興カレッジ」を随時お伝えしてまいりましたが、来年度も日曜日の午前中、総合テレビで放送される『明日へ 支えあおう』のという番組の中で、復興サポートの取り組みを続ける予定です。どうぞご覧ください。(終)
 

投稿者:村上 由利子 | 投稿時間:19:37

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

一母親として親身にパネリストの意見を聞いている姿や上手に話を展開していく村上アナウンサーの素晴らしさを改めて感じました。あなたならではの司会ぶりでしたね。盛岡局にあなたのようなアナウンサーがいてくれて嬉しいです。あなたの益々のご活躍をお祈りしていますし期待しています。これからもがんばってください。

投稿日時:2012年02月09日 01:14 | 久慈在住

村上さんとても素晴らしい司会でした。おつかれさまです。そして、ありがとう。あなたの大ファンになりました。

投稿日時:2012年02月11日 00:33 | 虎の舞

番組を拝見しました。
アナウンサーとしての村上さんの力量に感心しました。
大切なことなのに、なかなか話題に上らないこのようなテーマを、
今度は是非、全国へ向けて放送していただきたいと思いました。
村上さん、東北へ来てくれてありがとう!

投稿日時:2012年02月21日 01:08 | オムニJ

コメントの投稿

ページの一番上へ▲