2011年12月05日 (月)心がひとつになり、感激しました!!


mk111205.jpg以前、盛岡文士劇の稽古のお話をご紹介しましたが、この3日4日、大盛況のうちに公演を終えました。今年はNHKからは酒匂アナとともに出演しました。

震災に見舞われた今年、演目は少しでも明るい話題を提供したいと、平泉の世界文化遺産登録をテーマに、歌あり、踊りあり、生演奏あり、「たて」ありと、盛りだくさんの内容でした。おかげさまで、沢山の会場からの笑い声や声援に、会場とひとつになって、とてもとても楽しい舞台になりました。

 

今年は震災復興支援のため、会場での募金をはじめ、盛岡市復興支援センターの依頼で、普通はお客様を入れずに行われる「ゲネプロ」(本番前の総稽古)を、沿岸部で被災され、盛岡に避難された方々をお招きして、見ていただきました。

座長の作家高橋克彦さんは、実はこのゲネプロが一番緊張されたとお話されていました。それは、少しでも笑っていただきたいという思いから、今年の題材をコメディにしたものの、実際に被災された方々がご覧になったとき、どういう気持ちを抱くのか・・、こんなときに笑いなんて不謹慎だったかもしれないと、一瞬心が揺らいだためです。

しかし、そんな心配は一切不要でした。お越しいただいたみなさん方がどれだけ喜んでくださったか・・・!涙を流して笑って下さる姿をみて、どの役者も、舞台を支えて下さる沢山のスタッフも、どれだけうれしかったことでしょう!!「被災して、こんなに笑ったのは久しぶり!」「本当に来てよかった!来年を楽しみにまた一年頑張れそうだ」「たくさんの元気と勇気をもらった」と嬉しいお声をたくさんいただきました。ありがとうございます!!!!みなで「逆に自分たちが、元気や勇気をいただいた」と話していました。

これからも、放送を通じて、みなさまに喜んでいただけるよう頑張りたいと思います。

投稿者:村上 由利子 | 投稿時間:17:19

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

初めて観た文士劇・・・面白かったです(^O^)/

一緒に観に行った母も、笑いすぎて涙を流しながら、

「今年はいろいろあったけど、久しぶりにお腹の底から笑ったわ」と

大喜びでした(^^)/

村上さん、美しくて、いろっぽくて存在感ありましたよ・・・

さすがですね!

文士劇の皆さん、本当に楽しい舞台をありがとうございました!

投稿日時:2011年12月06日 23:46 | 秋山美衣都

村上アナウンサーのユニークな衣装を見て、思わず盛岡文士劇をネットで調べました。高橋さんを始め、井沢元彦さんや内館牧子さんなど、著名人や地元の文化人の方々が多数出演する、伝統のある舞台なんですね。盛岡は遠いけど、今度遊びに行きたくなりました。

投稿日時:2011年12月11日 23:36 | 散歩はMTB

来年もあるんですか?盛岡の人がうらやましいです。

投稿日時:2011年12月15日 01:29 | もひーと

利根川アナが頑張ってた文士劇、今年も、上演したんですね。

投稿日時:2011年12月26日 12:03 | 夢うさぎ塾

村上さん、きれいでした。
ダンスといい、歌、ギャグ、コント、掛け合い、バレリーナのようなドレス・・・観客の方たちは大満足だったでしょう。
舞台には魔物が住んでいると言います。
魔物はきっと舞台を最高の笑いの渦に巻き込もう、はじけちゃえ!普段出てこないサービス精神が出ちゃうかも?
NHK盛岡放送局には普段お堅い仕事ゆえ、本当はユニークな役者さんがいると思います。これからの文士劇にどんな方が登場するのか楽しみです。
・・・できれば、上原さん、志家町民放の大塚さんとの掛け合いが見たいです。そういう脚本ができたらいいですね。「盛岡城景風物詩、上さん、富さん膝栗毛」そして、村上さんは盛岡城のおきゃんな箱入りお姫様の役。2人はお姫様の側近の家来で助さん格さんみたいな役で、2人がお城から天気とギャグ対決するお話・・・妄想だけどそんな劇があったら楽しいだろうなあ。

投稿日時:2012年01月14日 09:11 | こでまり

コメントの投稿

ページの一番上へ▲