2013年01月28日 (月)ストーブで電気を起こす!


久しぶりのブログ更新となりました、遠藤亮です( ^^) _旦~~
この冬は寒い日が続いています。雪も多いですね。みなさんいかがお過ごしでしょうか?
冷え込む日にはストーブに当たってぬくぬくと家にいたい(*^_^*)、というのが人情ですが、そのストーブで「電気を作る研究」が県立産業技術短期大学校で行われています。1月23日の「おばんですいわて」の中継でご紹介しました。

 

ストーブで「電気を作る研究」

発電の秘密は、赤々と燃える薪ストーブの後ろ。機械が取り付けられています。

エンジン

これ、エンジンなんです。ストーブの熱と、その周りの気温の温度差をもとに動いています。スターリングエンジンといいます。ほとんど音も立てずに上下動して、発電機を回します。ガソリンエンジンのような排気ガスもありません。研究しているエンジンは出力30Wを目指しています。発電量は大きくありませんが、安全でどこでも電気を得られるのが最大のメリットです\(^o^)/もちろんストーブでは煮炊きもできます。この日はお餅を持ち込みこんがりと焼きました。暖がとれて、料理もでき、電気も作れる。いざ、というときにも心強いですよね。
ちなみに“スターリング”というのは、エンジンを発明した人の名前です。スコットランドの牧師、ロバート・スターリングがおよそ200年前に考え出しました!(^^)!ガソリンエンジンの発明より半世紀も前のことだったそうです。歴史が長いんですね。

メカトロニクス技術科

この研究、メカトロニクス技術科の2年生3人が、卒業研究として取り組んでいます。発表まであと1ヶ月。風邪をひかずに頑張ってほしいですね!
県立産業技術短期大学校では、こうした卒業研究や卒業制作を一般の人に見てもらう「産技短展」を2月22日~24日まで、県民会館で開くそうです。スターリングエンジンはもちろん、ほかの若い人たちのがんばりもぜひ見に行ってみたいと思います(^^♪

投稿者:遠藤 亮 | 投稿時間:16:23

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

遠藤アナ、はじめまして。初任地の福島放送局にいらした時代からの、
ファンです!!遠藤アナは、東北にご縁があるようで、何か嬉しいな。
福島の夕方のロ-カルニュ-スで、神久保玲子キャスタ-とのコンビで
、ニュ-スや、地域の話題をお伝えしてた頃が、今となっては懐かしい
ですよね(^-^) 

投稿日時:2013年03月16日 22:54 | takako

遠藤アナウンサ-新年度も盛岡で、頑張ってくださいね。応援してます!
初任地の福島放送局時代からの大ファンです♪

投稿日時:2013年03月29日 20:39 | 貴子

コメントの投稿

ページの一番上へ▲