2012年04月18日 (水)Take off!


高橋秀和です。ようやく、春らしくなってきました。
分厚いコートがいらない、軽くて底が薄い靴で歩ける。
北国にやってくる春は、身につける物の変化から実感するもののようです・・。

・・・!?
前言撤回。春は足下からでもあるようです。

ta120418.jpg

この写真のすぐそばには、背の高い桜の木がいくつも伸びています。
足下を見つめる春から、今度は空を見つめる春に移っていくわけです。

われわれでいいますと、春は新番組が生まれる季節です。
盛岡放送局でも、新しいラジオ番組が始まりました。
「がんばろう!いわて」、名前でおわかりのように、復興を目指している地域の皆さんを、ラジオで復興の手助けをしよう、復興に向けてみなさんといっしょにがんばっていこうという番組です。

記念すべき第一回は、4月2日でした。全線運転再開をめざす三陸鉄道・久慈駅の駅長さんに電話で出ていただきました。
出演いただいた日の前日、野田村の陸中野田駅から田野畑村の田野畑駅まで運転再開の区間が延長されたましたので、多少興奮混じりでお話ししていただきました。

復興を支える新番組、無事春の空に飛び立ちました。
新しい番組を担当する、というのは、野球で言うと、先発投手みたいなものでしょうか。きれいに整えられたマウンドにのぼって、バッター一人一人むかって投げていくという気持ち。
・・・もっとも、マウンドを整える、つまり番組の中での下準備をするのも自分だったりしますが。

その立ち上がりは・・・聴いていただいた皆さんに評価していただくことにしまして。

番組では、お便りをお待ちしております。
復興を目指す皆さんへのメッセージや、リクエスト曲など書いてお寄せください。
番組の一番最初に、こんなふうに話をしました。

「沿岸から内陸へ、内陸から沿岸へ、北から南へ、南から北へ情報の橋渡しが出来れば」

その橋渡し役、つまりマイクの前で話すのはわたくしたちですが、便りが頼りの番組でございまして・・。
なにとぞ、たくさんの「声」を、番組宛てにお願いします。もちろん、県外、国外からでもOK!
 

投稿者:高橋 秀和 | 投稿時間:17:41

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲