2012年03月22日 (木)ふだんのラジオ


 4月2日の夜、新しいラジオ番組「がんばろう!いわて」が始まります。
 
 復興を目指す地域の情報や、復興を支えている人たちへのインタビューの他、歌のリクエストにもお応えします。
 月曜の夜、ラジオ第一放送で7時45分から8時までの放送ですが、この15分で被災した地域の復興が加速すればいいと思っています。
 合わせて、被災した皆さんの「こころの復興」につながればと思っています。

ta120322.jpg お時間のあるときには是非お聞きください。
 合わせて、歌のリクエストや身の周りの出来事、復興を目指す皆さんへのメッセージなど、はがきに記してお寄せください。
 みなさんの便りが頼りの番組です。はがきでの「ご参加」、お待ちしております。

 

 ここからは余談です。
 大阪で30年以上も朝のラジオ番組を担当しているパーソナリティが常々話していることです。

 『「万が一の時のラジオ」とよくいいますが、そうでなく、「ふだんのラジオ」であってほしい』。

 彼は、阪神淡路大震災での経験を踏まえてラジオの存在をこう話しています。
 確かにその通り。普段からラジオを聴いているから、万が一の時に役に立つのです。

 普段ラジオを置いてある場所はどこか?音量やチューニングなどそのラジオはどう操作するのか?バッテリーが十分か?予備の電池はどこにあるのか?NHKを聴くなら、周波数は?・・・

 (ラジオ第一の場合、盛岡は531、宮古は1026、大船渡は576、単位はいずれもKHzです。)

 「電池がなかった」「普段のラジオじゃないから使い方がわからない」、こんな簡単な理由で、万が一の時にラジオが聴けなかったという話を聞いています。
 みなさんのそばにある普段のラジオは、普段からラジオで情報を収集する習慣があれば、万が一の時に、期待に応えてくれるはずです。
 
 「ふだんのラジオ」の大切さを、この番組で心がけていただければ、こちらとしてもうれしい限りです。

投稿者:高橋 秀和 | 投稿時間:15:18

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲