#みやざき防災まち歩き

地図(ハザードマップ)を手にして
"命を守る"備えを歩きながら考えましょう!

みやざき防災まち歩き

地図(ハザードマップ)を手にして
"命を守る"備えを歩きながら考えましょう!

県内各地の防災士の方と、まちを実際に歩きながら、地域の災害リスクを知り、避難ルートを検証し、命を守るために必要な備えについて考えます。

【取材協力】 NPO法人宮崎県防災士ネットワーク

『 NPO法人宮崎県防災士ネットワーク』 詳しくはこちら

風水害に備える

第9回 延岡市 市街地~竜巻に注意~
2021年9月放送

過去に何度も竜巻の被害を受けてきた延岡の市街地。直近では2019年9月、巨大な竜巻が市街地を8キロにわたって北上し、18人が負傷、525棟の建物に被害が出ました。台風シーズンに多く、突発的に発生する竜巻は、予測が難しいからこそ備えが大事です。

竜巻の危険が迫った場合、状況に応じて素早い避難行動が求められます。【屋外の場合】は、飛散物の直撃を避けるため、側溝など低い場所で伏せて頭と首を守りましょう。【車を運転中の場合】は、安全な場所に停車し座席等の下に隠れましょう。【屋内の場合】は、窓ガラスを養生テープ等で補強しカーテンを閉め、窓のない場所に待機しましょう。日頃からガラス飛散防止フィルムを貼っておくのも効果的です。

▲ ページの先頭へ