ページの本文へ

NHK宮崎WEB特集

  1. NHK宮崎
  2. 宮崎WEB特集
  3. チャイルドシート正しい座り方は?

チャイルドシート正しい座り方は?

NHK宮崎 てげビビ!
  • 2023年11月15日

6歳未満の子どもに義務付けられているチャイルドシート
JAF日本自動車連盟などが2023年6月に行った調査では宮崎県内の着用率は74.5%と、全国平均を下回ったことが明らかになりました。
さらに、半数あまりの子どもがベルトの締め付け不足などで、シートにしっかりと座れていませんでした。正しい座らせ方のポイントを取材しました。

お話を伺ったのはJAF宮崎支部の田代芳久さん。
なぜ間違った座り方をしてしまうのか、その原因を聞きました。
 

間違った座り方の原因は?

①説明書を読まずに使用している
②取り付けに苦手意識があり、初めに取り付けたまま使用している
③子どもが窮屈そうだからなどの理由で、ベルトを緩くしている


間違った座り方のまま事故にあうと・・・?

JAFが行った実験の様子。
左側の人形はベルトが緩んで片側が外れてしまっている状態です。

画像提供:JAF

左側の間違った締め方では、ベルトで上半身をきちんと固定できていないため、前に大きく倒れ込んでいます。ベルトが緩い状態なので、おなかの柔らかい部分にベルトが当たって強い衝撃を受けています。これは非常に危険な状態です。正しい締め方と比べるとその差がよく分かりますね。

正しい座り方のポイントは3つ

ポイント① ベルトを適度に締め付けること!
めやすは指が入る程度にしましょう

画像提供:JAF

ポイント② 厚手の上着は脱がせておきましょう!

冬場など寒い時期は厚着をすることもありますよね。そうするとベルトから体がすり抜けやすくなってしまうので、できれば脱がせておきましょう。

ポイント③ 子どもの成長に合わせてベルトの高さを調整すること!

子どもの成長に合わせてベルトの高さを調整するようにしてください。調整の仕方はチャイルドシートの種類によって異なりますので、説明書に従って行うようにしましょう。なかなか面倒に感じられるかもしれませんが、このひと手間がお子さんの命を守ります。

6歳を過ぎてもシートは必要

チャイルドシートの着用義務のない6歳以上になっても、身長が140㎝未満だと、まだシートベルトが体格に合いません。急ブレーキなどの際、首などに強い衝撃が加わって逆に危険なので、身長が伸びるまはこうしたジュニアシートを使ってくださいね。

 

チャイルドシートは取り付けて終わりではありません。取り付けが緩んでしまったり、体格に合わなくなったりするので、乗せる際はその度にチェックが必要です。

  • 上田 詩織

    てげビビ!キャスター

    上田 詩織

    てげビビキャスターは2年目。休日に県内を散策することも。

ページトップに戻る