ページの本文へ

NHK宮崎WEB特集

  1. NHK宮崎
  2. 宮崎WEB特集
  3. 【らんまん挿入曲】クラシックギタリスト山下俊輔さん登場!

【らんまん挿入曲】クラシックギタリスト山下俊輔さん登場!

  • 2023年08月23日

現在放送中の連続テレビ小説「らんまん」。
その挿入曲を演奏しているクラシックギタリストの山下俊輔さんが、てげビビ!でスペシャルライブ!
心に響く音はどのように紡ぎだしているのか、演奏に込めたおもいを聞きました。
(アナウンサー・堀井優太)

山下俊輔さんは高知県出身のクラシックギタリスト。
大河ドラマ「龍馬伝」紀行、連続テレビ小説「つばさ」ほか、
いま放送中の連続テレビ小説「らんまん」では、主人公の牧野富太郎博士と”同郷”ということで、挿入曲の演奏を担当しています。
九州ツアーの真っ最中というところで、てげビビに登場していただきました。

実はわたくし堀井優太、高校時代、クラシックギターに打ち込んでいました!
社会人になってからだいぶ弾く機会は減ってしまいましたが…
時々ギターケースから取り出してポロンと音を奏でてみるだけで、とても心が落ち着きます。
自分で少し弾くだけでも癒されるのに、プロフェッショナルの方の演奏を同じスタジオで間近で聴けるなんて…!と、インタビューが本当に楽しみでした。

ツアーで宮崎へ来るのは初めてということで、さっそく感想を聞くと、
「穏やかでゆったりした空気感がある一方で、夜の街が賑やかなところが高知と似ている」と話してくれました。
なんと「てげビビ!」のテーマをクラシックギターのオリジナルアレンジ ver.で披露してくださり、一同感動…!
ゆったりとしたテンポで、ムーディ…大人なアレンジでした。

山下さんに演奏していただいたのは、
・らんまんメドレー(挿入曲~主題歌「愛の花」)

胸の奥に、じーんと来るメロディ。
音から感情が伝わってくるとは、このことかと…!
ギターを弾いてる身として、どんなおもいを込めて弾いているのか、聞いてみると。

(山下俊輔さん)
高知らしい温かみ、富太郎が住む町、自然の豊かさをイメージして弾きました。
実は、台本も映像も見ていないんです。だからどんな物語になるか分からず録っているので…‟高知人”の自分にしか出来ない音があると思ってレコーディングしました。

体にしみ込んだ高知の豊かさが、音に表れているんですね!

8月21日(月)「てげビビ!」では、らんまんメドレーを披露してましたが、実は収録では、他にも
・美しき人(山下さん作曲のオリジナル)
・Hello,Goodbye(The Beatles)
の2曲を演奏してくださっています。今後、放送していく予定です。
「美しき人」は、しっとりとしながらも、どこか凛とした部分のある曲です。
山下さんご自身が作曲されたということで、どういったイメージで作ったのか伺うと。

(山下俊輔さん)
植物のように、「生き抜く強さ」もあれば「枯れる儚(はかな)さ」もあるのが人間。
強くも優しい、美しき人を表現しました。

一方のビートルズの「Hello,Goodbye」のカバーはうってかわってアグレッシブな印象の曲です。
なんと、左手が指板の上を動く動く!

(山下俊輔さん)
超絶技巧を使いまくった曲で弾くのは大変です。かつてビートルズがやりたかった新しい音楽をイメージして、自分なりにアレンジしました。ビートルズのエネルギー、クラシックギターの良さ両方が伝わればと思います。

どちらもクラシックギターの魅力を存分に堪能できる素敵なサウンドですので、ぜひぜひお楽しみに。

素晴らしい演奏を届けてくださった山下俊輔さん。
夢は、グラミー賞を獲ってクラシックギターの魅力を更に広げていくことだといいます。
これからもご活躍を楽しみにしたいと思います。
「らんまん」劇中のギターも注目して聴いてみてください。

山下俊輔さんの演奏は、NHK+でも見逃し配信中!☆こちら☆からどうぞ!
8月28日(月)18:59までの限定公開です。

(取材後記)
インタビュー直前に私の高校時代のギターの恩師に連絡を取ると、山下さんと面識があることが発覚。山下さんについては「高知人らしい、男気のある方です」と一言。
本人にお伝えすると、「ありがとうございます!!」とはにかみながら答えてくれました。
高知の方が作ったギターも所有していて、とても地元を大切にされているという山下さん。
ぜひ、また宮崎にも来てほしいなぁ…!(堀井優太)

  • 堀井優太

    宮崎局・アナウンサー

    堀井優太

    高校時代、ギターオーケストラ(音域や音色の違う様々なクラシックギターで合奏する)に熱中。
    大学時代は、タイへ演奏旅行。

ページトップに戻る