ページの本文へ

NHK宮崎WEB特集

  1. NHK宮崎
  2. 宮崎WEB特集
  3. 台風6号 宮崎被害まとめ 線状降水帯発生900ミリ超 記録的大雨

台風6号 宮崎被害まとめ 線状降水帯発生900ミリ超 記録的大雨

  • 2023年08月10日

1日の降り始めから10日午前11時までに降った雨量は、宮崎県の美郷町南郷で988ミリと1000ミリに迫っており、多い所では平年の8月の1か月分の雨量を上回って記録的な大雨となっています。
台風6号の影響・被害をまとめました。

台風6号の状況

台風6号は、宮崎県から徐々に遠ざかっていますが、台風周辺の暖かく湿った空気の影響で、県内は9日夜から10日未明にかけて「線状降水帯」が発生し、小林市では9日午後9時までの1時間に93.5ミリの猛烈な雨が降ったほか、日之影町では10日午前1時までの1時間に58.5ミリの非常に激しい雨が降りました。
気象台は少しの雨でも土砂災害が発生するおそれがあるとして引き続き厳重な警戒を呼びかけています。

宮崎は記録的な大雨

今月1日の降り始めから10日午前11時までの雨量は多い所で、900ミリを超えて、平年の8月の1月分を上回る記録的な大雨となっています。美郷町南郷で988ミリ、日之影町で888.5ミリ、宮崎市田野で729.5ミリ、えびの高原で727ミリに達しています。

県内は南から暖かく湿った空気が流れ込み、大気が不安定な状態が続いていて10日夜のはじめごろにかけて、多いところで1時間に20ミリの強い雨が降るおそれがあります。

延岡市細見町

各地で土砂崩れなどの被害が出ています。 線状降水帯が発生した延岡市では田畑が水につかるなどの被害が確認されました。 延岡市細見町では田んぼが水につかり、増水してカーブミラーもつかっています。また、奥にある川との境目がわからない状態になっていました。

田畑とカーブミラーがつかっている様子

すぐ近くにある飲食店では9日の朝から店を閉めて調理道具や食器などを高台にある自宅に避難させたということです。

飲食店の男性

雨風が一晩中すごかったですね。お店がつかったかなと思ってきたが、つかってなかったので一安心です。

小林市北西方の岡原地区

昨夜、猛烈な雨が降った小林市北西方の岡原地区は、市の中心部に向かう生活道路が寸断され、一時、孤立状態になったということです。電線が切れたことで停電も続いています。
地元の方によりますと、地区を流れる川は9日夜11時ごろに2m近く水位が上がって一時あふれ、数世帯が床下浸水の被害を受けたということです。

岡原地区の住人

とにかくひどかった。こんなことは初めてです。電気や道路も早く通れるようにしてほしいです。

小林市真方地区

小林市真方地区に住む男性は、家のすぐそばを流れる川の水があふれ、自力での避難ができなくなりました。当時、家には6歳の孫など4人がおり、駆けつけた消防隊員が張った100mほどのロープを伝ってなんとか脱出できたということです。

ロープを伝って、避難する様子
山下和也さん

何も見えない状態で真っ暗だったから、山の中なので怖かったです。雨が続きそうなときは早く避難した方がいいなと思いました。

宮崎地方気象台によりますと、台風6号は長崎県の対馬近海を北へ進んでいて、県内は昼過ぎに強風域を抜ける見込みです。気象台は降り続いた大雨で地盤が緩んでいるため、少しの雨でも土砂災害が発生するおそれがあるとして、引き続き厳重な警戒を呼びかけています。

ページトップに戻る