ページの本文へ

NHK宮崎WEB特集

  1. NHK宮崎
  2. 宮崎WEB特集
  3. 台風6号 宮崎への影響は?甚大被害をもたらした過去台風と比較

台風6号 宮崎への影響は?甚大被害をもたらした過去台風と比較

  • 2023年08月07日

気象庁の観測によると、台風6号の接近で宮崎の一部は強風域に入っていて、早いところでは8日夜遅くに風速25mの暴風域に入るおそれがあります。
総雨量は8月の1カ月分の雨量を大きく超えるおそれがあり、土砂災害に厳重に警戒するとともに低い土地の浸水、河川の氾濫それに暴風などに警戒してください。

宮崎県内これまでの雨量

台風接近前から宮崎では大雨になっているところがあります。これまでの7日間に降った合計の雨量は、小林の野尻や諸塚、延岡の北方などで既に300mmを超えるような大雨になっています。
このあともさらに雨量が増えていき、土砂災害の危険度が高まりそうです。

7日(月)午後4時までの一週間雨量

台風の進路予想

台風はこの後もゆっくりと北上し、9日(水)に県内に最も接近するものと見られます。
上陸するなどして陸地にかかると台風の勢力が弱まることがありますが、今回は海上を進んでいく見通しのため、あまり勢力を落とさずに近づいてきます。 暴風域を伴ったまま接近し、風も強まりそうです。

【※7日(月)19時時点の予想】

台風の東側のエリアは特に大雨に警戒が必要です。湿った空気がぶつかり続けるため、雨雲が発達してさらに大雨となる可能性があります。

過去の台風コースにも類似

今回の台風6号のコースは特に警戒が必要です。
過去に甚大な被害をもたらした2005年の台風14号や、記憶に新しい2022年の台風14号のコースによく似ています。いずれも九州の西を北上するコースで一致しています。2005年のときは3日間で約1300ミリ、2022年は5日間で1000ミリ近い雨量となるところがありました。
今回もこれに匹敵するような雨の降り方になる恐れがあります。

雨雲の予想

7日夜からの雨雲の予想です。今夜も局地的に非常に激しく降る予想です。
そして8日は台風が北上してきて、午後になると台風周辺の雨雲や台風本体の雨雲が宮崎県にかかる予想です。このため、午後からは特に雨足が強まる予想です。雨雲が線状に連なる線状降水帯が発生した場合は、一気に雨量が増える恐れがあります。
そして9日にかけても台風の湿った空気がぶつかり続けるため、大雨が続く見通しです。 台風の速度によっては10日ごろまで大雨が続く恐れがあります。

【※7日(月)18時時点の予想】

風の予想

この雨雲に風を重ねた予想を見ていきます。矢印が風の予想です。
早ければ8日の夜にも一部、宮崎県内は暴風域に入る恐れがあり、風のピークを迎える見通しです。 そして9日にかけて雨・風ともに強く、大荒れの天気が続く見通しです。
台風の動きが遅いと10日ごろまで大荒れが続く恐れがあります。屋外での活動は非常に危険ですので、できるだけ安全な屋内でお過ごしください。

【※7日(月)18時時点の予想】

今後3日間の予想雨量

こちらは木曜日にかけての3日間に予想される合計の雨の量です。

【※7日(月)18時時点の予想】

多いところで、3日間で500ミリを超える大雨となる恐れがあります。そして県内の一部は600ミリ以上や800ミリ以上の雨が予想されるエリアもあります。
南東向きの山の斜面では特に雨の量が多くなる見通しです。厳重な警戒をお願いします。

ページトップに戻る