ページの本文へ

NHK宮崎WEB特集

  1. NHK宮崎
  2. 宮崎WEB特集
  3. 宮崎の名所 再発見の旅 秋のレジャー観光で訪れたい 関之尾滝

宮崎の名所 再発見の旅 秋のレジャー観光で訪れたい 関之尾滝

  • 2022年09月30日

【ご注意】関之尾公園リニューアル事業における工事に伴い、関之尾公園緑の村、及び北前公園が閉鎖されています。ただし関之尾滝の展望所については令和4年10月3日~令和5年5月31日に限り、一部開放されています。詳しくは都城市公式ホームページをご確認下さい。
https://www.city.miyakonojo.miyazaki.jp/soshiki/3/49304.html

9月5日に放送した「鶴瓶の家族に乾杯」で、鶴瓶さんと吉高由里子さんに教えたい「マイベスト都城」を都城市民に聞き、ランキングでお伝えしました。その中で見事1位に輝いたのが、関之尾滝(せきのおのたき)。宮崎を代表する観光名所として大変有名ですが、私、NHK宮崎のアナウンサーの滑川和男が、その魅力を再発見する旅をしてきました。秋のレジャーや観光の参考にして頂ければ幸いです。

日本の滝100選

日本の滝100選にも選ばれている関之尾滝。幅40メートル、高さ18メートルにも及ぶ大滝、それを吊橋から間近に眺めることが出来るのが、この滝の最大の魅力です。

遊歩道を歩いて行くと、だんだん水の落ちる音が大きくなってきました。そして、空気も瑞々しさを増してきます。来ました!これが関之尾滝です。水量も豊富で水が落ちる音も大迫力です!この高い位置にある展望場所が関之尾滝との最初の出会いの場所。スロープなどで来られるので、高齢の方やベビーカーなどでも大丈夫だと思います。滝の迫力を充分に感じられる場所です。でも、折角ここまで来たのですから、出来れば滝の目の前に掛かる吊橋で、滝を全身で感じたいところ。階段を下りて吊橋に向かいます。

吊橋から見る大迫力の滝

いよいよ吊橋に足を踏み入れます。あまり高い所が得意ではない私ですが、がっしりした作りの吊橋で、安心して、中央付近まで行くことが出来ました。

中央に近づくにつれて、滝から舞い上がる水けむりに覆われます。まさに天然のミストでマイナスイオン全開!気持ち良いです!

こちらが吊橋から見る関之尾滝。この日は、早めの時間に訪れたのですが、朝日を浴びて滝に虹が掛かっていました。何か良いことが起きそう。そんな気分にさせてくれるありがたい虹でした。

滝の上流にある甌穴(おうけつ)群

関之尾滝を訪れて、滝だけを見て帰るのはもったいない!滑川お勧めのぜひ行って頂きたい場所が、滝の上流に広がる甌穴群です。噴火で出来た岩に清流が流れ込み、岩石などで削られて出来た甌穴群。なんとも不思議な景色が滝の上流には広がっているのです。この甌穴群の岸辺に整備された遊歩道を歩くのがとても好きなんです。複雑な水の流れを見たり水音を聞いていると、心も洗われるようです。

この甌穴群の先が関之尾滝です。水がすぐ近くを流れる沈下橋。そこを渡る子供たちも大喜びでした。ぜひ時間に余裕を持って関之尾滝を訪れて、のんびり吊橋や甌穴群の遊歩道を歩いてみてください。

関之尾滝へのアクセス

所在地:都城市関之尾町
JR日豊本線都城駅から車で20分
西都城駅から車で15分
宮崎空港から車で60分
都城ICから車で20分
バス(高崎観光バス)で都城駅からおよそ40分
霧島神宮行き 関之尾滝下車

  • 滑川和男

    宮崎コンテンツセンター

    滑川和男

    宮崎は初任地以来、四半世紀ぶり2度目の勤務

ページトップに戻る