本日放送の「いば6」はご覧いただけましたでしょうか?

放送でもご紹介した通り、NHKでは、視聴者のみなさまからいただく受信料を10月1日から2.5%値下げしました!

以下の表をご覧ください。
202010_ryoukin.jpg

なお、すでに10月以降の受信料を前払いされている方は、次回お支払いいただく際に精算させていただきます。

NHKは皆様からの受信料で成り立っています。

受信機の設置があれば、受信契約が必要となりますので、まだお手続きがお済でない方は以下の画像をクリック、またはQRコードを読み込んでお手続きください。
eigyohomepage.jpg


また、NHKでは今年の4月から「NHKプラス」というインターネットを利用した常時同時配信・見逃し配信サービスを開始しています。
このサービスは受信契約をいただいている方を対象に、通信料以外の追加のご負担なくご利用いただけるサービスとなっています。


先日この「NHKプラス」の利用登録の申請件数が100万件を突破しました!とても便利なサービスとなっていますのでぜひご活用ください!

詳しくは以下のリンクをご覧ください。
https://plus.nhk.jp/ 

NHKはこれからもみなさまの安心・安全に貢献するため、「命と暮らしを守る報道」を時代に合わせて皆様に発信していきます。

今後ともご理解とご協力をいただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

こんにちは!三島早織です。

読書の秋、芸術の秋、スポーツの秋…。みなさんはどんな秋をお楽しみでしょうか?

きょうは、食欲の秋の話題!笠間のくりの魅力をご紹介します。

20200925_1.jpg

 

【続きを読む】

480_146.jpg

NHK水戸放送局では
第73回秋季関東地区高等学校野球 茨城県大会 準決勝・決勝
FMラジオで生中継します!


第73回秋季関東地区高等学校野球 茨城県大会
準決勝 FM(茨城県域)10月3日(土)午前9時00分 
決勝   FM(茨城県域)10月4日(日)午前9時50分 


※放送予定は変更になる場合がございます。

ラジオの前で一緒に応援しましょう!

 

↓↓周波数はこちら↓↓


茨城県AM・FMラジオ 周波数案内

map480_232.png

※番組は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

 

戦後75年がたち、戦争を経験した世代が少なくなる中で、ことし初めて戦後生まれの男性が水戸市の語り部となりました。

なぜ語り部となったのか。男性の思いを取材しました。

【戦争は“ひと事”ではない】

20200918_1.jpg
水戸市で初めての戦後生まれの語り部となった、ひたちなか市に住む須藤健治さん(65)です。直接戦争を知らない世代ですが、幼いころに母から戦争の体験を繰り返し聞かされ、もしかしたら自分はここにいなかったかもしれないという恐怖を感じたといいます。

【続きを読む】

子どもから大人まで多くの人に愛されている、茨城県のご当地ヒーロー「イバライガー」。その活動を子どもの頃から続けてきた若者がいます。
彼は新たな目標を胸に、この夏をヒーローとして活躍する最後にしようと決意していましたが、新型コロナウイルスの影響でショーが軒並み中止となり、活躍の場を失ってしまいました。
支えてくれたファンになんとか感謝の思いを伝えたい。奮闘する若者の夏を追いました。

 

【“イバライガー” その正体は】

20200908_1.jpg
茨城県を盛り上げるために戦う正義のヒーロー、「イバライガー」。ショーでは子どもから大人まで、夢中でイバライガーを応援します。

そんなヒーローを演じているのは、高校3年生の卯都木蓮さん。13年前に企画を立ち上げた父親とともに、イバライガーの活動を続けてきました。

「ダメだ、元気ないなと思う時でも、イバライガーを見て元気が出たら、それも一つの救いですよね。この仕事に携われてよかったなって思います」(卯都木蓮さん)

 

 

【続きを読む】

RSS