新型コロナウイルスのワクチンについて、全国では2月17日から、医療従事者への先行接種が始まりました。
政府は4月からは65歳以上の高齢者を対象に接種を開始するとしていて、県内でも急ピッチで準備が進められています。
スケジュールや接種までの流れをまとめました。

【ワクチン接種 スケジュールは】

厚生労働省が想定しているスケジュールは、次のようになっています。
20210217S_1.jpg
(2月17日放送)

政府はワクチンの接種について、優先順位を設けています。
2月17日から始まったのが、医療従事者などへの接種です。まずは全国の国立病院などに勤務する1万人から2万人程度に、先行して接種することになっています。

続いて3月中旬をめどに、残る医療従事者への接種を始めます。県内ではおよそ9万人が接種することになっています。

そのあとに始まるのが、新型コロナに感染した際に重症化するリスクが高いとされる、65歳以上の高齢者への接種です。県内では、準備が整った市町村から、4月上旬に始まる見込みです。

その後は、基礎疾患がある人や高齢者施設の職員などを優先しながら、順次、接種を進めていきます。

【接種までの流れは】

接種を受ける人のところには、住んでいる市町村から、“クーポン券” が郵送されます。
20210217S_2.jpg
クーポン券には、接種を受ける人の名前などが記されています。また、ファイザーのワクチンは原則2回、3週間の間隔を空けて接種することになっているので、1枚の券に2回分が記載されています。

そして、接種は「無料」です。
全国では「ワクチンの予約金を支払ってください」「接種には10万円が必要です」などと、ワクチン接種をかたったウソの電話で現金をだまし取ろうとする詐欺の電話が増えているということです。
しっかり流れを確認し、気をつけていただきたいと思います。

20210217S_3.jpg
自治体からクーポン券が届いたら、接種の予約をします。
NHKが県内すべての市町村に、どのような予約方法を検討しているのか複数回答で尋ねたところ、
▼コールセンターを検討…40か所
▼WEB予約を検討…35か所
となっています。

龍ケ崎市や大洗町などでは無料通信アプリ「LINE」でも予約できるよう進めているということです。

予約をしたら、その日時に会場に行き、接種を受けます。
先日、集団接種のシミュレーションを行った笠間市では、接種を効率的に行うために、袖をまくりやすい服など接種しやすい服装で来てほしいという意見が出されていました。

20210217S_4.jpg
県内44の市町村のうち、
▼古河市▼龍ケ崎市▼行方市▼五霞町の4市町は、公共施設などの会場に住民が集まって受ける「集団接種」のみで対応したいとしています。

一方、▼石岡市▼桜川市▼東海村▼大子町▼美浦村▼河内町の6市町村は、かかりつけ医での個別接種のみを検討しています。

このほかの34の市と町は、集団接種と個別接種をどちらも行うことを検討しています。

【副反応は】

ワクチンを接種したあとの副反応について、海外では腫れや痛み、けん怠感などが報告されていますが、1日から2日以内に起きて、数日で消えることが多いということです。

県の医療対策を指揮する安田貢医療統括監は、次のように話していました。
20210217S_5.jpg
「ファイザー社製のワクチンは、アメリカのデータでは、10万人に1人の割合で重症のアレルギー反応が出るとされています。重症のアレルギー反応というのは、蜂に刺されてショック状態になるのと理論は同じで、アナフィラキシーショックといいます。
一方、インフルエンザワクチンでは、そういった事態になるのは100万人に1人なので、比べると10倍なので恐ろしいと思うかもしれません。
しかし、ペニシリンという抗生物質では5000人に1人、CTスキャンなどの検査をする場合に静脈注射をする造影剤でも1万人に1人ぐらいの確率で起こるということと比べれば、それよりはリスクは低い。
接種を受ける方ひとりひとりが、自分は受けるのと受けないのとどちらのほうがプラスの面が大きいのか、主治医の先生などから情報をしっかり集め、冷静にそのリスク評価をして判断することが非常に大事だと思います」。


厚生労働省は、16歳以上の人は予防接種法に基づいて接種を受けるよう努める「努力義務」を課すとしています。
また、優先してワクチンの接種を受ける医療従事者を対象に、接種後の副反応を調べるための研究班を立ち上げていて、データを定期的に公表するということです。

ワクチン接種を受けるのと受けないのと、自分にとってどちらがリスクが高いのか、主治医の意見を聞くなど信頼できる情報を集めて、冷静に判断する必要があります。


取材:齋藤 怜記者

 

 

 

RSS