茨城県では7月4日、5日に聖火リレーが行われます。
ランナーに選ばれた女性は、長男が4歳の時に小児がんと診断されました。
時には眠れないほどに苦しい治療と向き合う、幼いわが子。そんな中、支えになったのは、スポーツの力でした。

 

【当時4歳 息子が小児がんに】

常陸太田市の櫻井由子さんは、中学生の娘と息子を育てているシングルマザーです。
聖火ランナーに応募したのは、息子の淳くんの病気がきっかけでした。

20210614o_1.jpg
7年前、離婚した矢先、当時4歳だった淳くんが、突然、原因不明の腹痛やおう吐に見舞われました。最初はノロウイルスだと診断されましたが、何日たっても治りません。
大きな病院で精密検査をしたところ、医師から告げられた病名は、神経芽腫という小児がんの1つで、ステージ4まで進行していました。
20210614o_2.jpg
「まさか自分の身に降りかかってくると思っていなかったし、最初は訳も分からず、頼れるところはネットのみで、でもネットで調べると悪いことしか書かれていなかったので、どんどん気分が落ち込んでいってしまった」(櫻井由子さん)

【続きを読む】

RSS