東京オリンピック・パラリンピックの開幕まで50日を切りました。茨城県では7月上旬から、海外の出場選手の事前合宿を受け入れる予定です。
選手団の来日まであとわずか。受け入れの準備がどこまで進んでいるのか取材しました。(放送2021年6月3日)


【ベルギー選手団滞在のホテルでは】

20210607h_1.jpg

茨城県が事前合宿を誘致したベルギーの選手団が宿泊する水戸市内のホテルでは、受け入れに向けて準備が進められています。

このホテルには、7月上旬から選手団が順次到着し、ピーク時には県内で最大となるおよそ180人が滞在する予定です。

このホテルが受け入れ準備で、いちばん重視しているのは感染対策です。

政府からは、選手と一般客との接触を避けるよう求められていますが、滞在する選手が少ないときには一般客と同じフロアに宿泊してもらうこともあるといいます。

そこでホテルは、ある工夫を思いつきました。

【続きを読む】

RSS