パンチやキック、そして寝技などさまざまな技を駆使する「総合格闘技」の世界で戦う土浦市在住のプロ格闘家、高須将大選手。

4年前がんの診断を受け、すぐに手術で腫瘍を取り除きましたが、術後最初の検査で再発が発覚。
さらに肺にも転移していて、深刻な「ステージ4」と診断されました。
以来、「がん」との闘いも続けています。

自分を支えてくれる仲間のため、そして同じ病気を患う人たちに勇気を与えるため、不屈の闘志でリングに上がり続ける格闘家の姿を見つめました。(2021年5月7日放送)

取材:郡司掛弘典 カメラマン

 

 

RSS