新型コロナウイルスの感染拡大で地域経済が疲弊するなか、地方銀行の役割の重要性が高まっています。
つくば市に本部を置く筑波銀行は、積極的に融資を行い、去年4月から12月までの第3四半期の決算で、中小企業への貸出残高は7300億円余りと、過去最高に上りました。
さらに、すべての融資先にあたる約2万社から聞き取りを行い、経営面の支援にも取り組んでいます。

【販路開拓 銀行が支援】

結城市にある豚肉の加工会社を訪れた、筑波銀行の結城支店の中嶋利成支店長。
この日の目的は、融資についての話し合いではなく、工場の視察です。
20210324m_1.jpg
「こちらは豚肉の脂ですか。1日にどれぐらい生産していますか」(筑波銀行結城支店 中嶋利成支店長)
直接、作業の様子などを見て、品質を確認します。

この加工会社では、新型コロナの感染拡大による外食産業の落ち込みで、卸業者からの注文が激減していました。

【続きを読む】

2021年04月30日 (金)

はじめまして!

茨城の皆さん、はじめまして。気象予報士福嶋アダムです。

といっても日々の番組をご覧になっている方は、すでにご存じかと思いますが…。

20210430f_1.jpg

この春から「いば6」、「金曜は!いばっチャオ」などで気象情報を担当しています。

大学卒業後、NHK山形放送局で3年間気象キャスターを務め、現在に至ります。

20210430f_2_2.jpg

20210430f_2.jpg

【続きを読む】

東日本大震災と東京電力福島第一原発の事故から10年が経過しました。
当時、大きな被害を受けた茨城県ですが、「もう大地震はこない」と安心はできません。
震災後もプレートのエネルギーが解放されずにいるなど、大きな地震が起きるおそれが続いているからです。
茨城大学では被害の軽減に役立つと期待されている研究が進められています。

【今も続く大震災の影響】

20210310m_1.jpg
先月、福島県いわき市の断層を調査する茨城大学の研究室のメンバー。
調査しているのは、地震学が専門の茨城大学大学院の山田卓司准教授です。
いわき市では、震災の1か月後に起きた地震で震度6弱を観測しました。
内陸部で起きる断層型の地震で、地表には約2メートルの段差ができました。
山田准教授は、茨城県でも同じメカニズムによる地震が起きるおそれがあるといいます。
さらに、地震のリスクは内陸だけではなく、海を震源とする地震にもあるとういうのです。
ことし2月13日には、県内で最大震度5弱を観測した福島県沖を震源とする地震が発生しましたが、茨城県沖でも、こうした地震が起きる可能性があると、山田准教授は警鐘を鳴らします。

【続きを読む】

「SDGs」ということば、最近よく耳にするという方も多いのではないでしょうか。
「Sustainable Development Goals」、日本語にすると「持続可能な開発目標」で、国連で採択された2030年までに解決を目指す世界共通の目標です。
このSDGsを楽しく知って、自分事として考えてほしいと、つくば市の高校生たちが「カルタ」を作りました。
(放送2021年4月20日)

「SDGsカルタ」ってどんなカルタ?

「SDGsカルタ」を作ったのは、茨城県立竹園高校の生徒たちです。
ロボコンや英語のディベートの全国大会出場者など、個性豊かなメンバーが集まりました。
カルタは「A」から「Z」で始まる英文で、SDGsの考え方が紹介されています。
20210420_1.jpg

【続きを読む】

「もうこの時期ですので、観客を受け入れを前提に、積極的に準備を進めていかなくてはならない」(鹿嶋市担当者)
4月14日で開幕まであと100日となった東京オリンピック。県内では鹿嶋市のカシマスタジアムで、サッカー競技が行われます。
市は、国内外から訪れる人たちをもてなそうと、独自のイベントを計画していました。
しかし、いまだに観客数の上限がどうなるのかなど不透明な部分が多く、地域は焦りやとまどいを感じながらも準備を進めています。
(2021年4月14日放送)

【W杯の感動を再び!しかし…】

カシマスタジアムがオリンピックの会場に決まったとき、鹿嶋市の職員たちが思い起こしたのが、2002年のワールドカップ日韓大会でした。
カシマスタジアムでは3試合が行われ、あわせて10万人の観客が訪れました。
20210414S_1.jpg
経済波及効果は県全体で約773億円に上り、なによりも、街のにぎわいが地域の人たちを喜ばせたといいます。

【続きを読む】

茨城県ひたちなか市の「国営ひたち海浜公園」では、ネモフィラの花が丘一面を青く染め、訪れた人たちを楽しませています。
(2021年4月15日放送)

国営ひたち海浜公園では、広さ4.2ヘクタールの丘におよそ530万本のネモフィラが植えられています。

毎年、春になると丘一面が青いじゅうたんのように染まる風景が人気を集めています。

公園は、去年の見頃の時期は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、休園を余儀なくされました。

ことしは遊歩道を一方通行にしたり、来場者が増えた場合には丘への入場制限をするなどさまざまな感染対策を行っているということです。

国営ひたち海浜公園のネモフィラは、4月いっぱい楽しめるということです。

取材:梶大祐 カメラマン

 

 

 

「原発事故から10年たち、PR活動なども行ってシラスの価格が戻りつつあったのに、これまでの努力が水の泡になってしまう気がする」
東京電力・福島第一原発で増え続ける放射性物質を含む処理水の処分方法について、政府は、国の基準を下回る濃度に薄めた上で海へ放出する方針を決めました。
茨城県内有数の港町、北茨城市では、原発の事故のあと、跡継ぎがいないため夫と妻の夫婦で漁をする「夫婦舟」(めおとぶね)が急増しています。
後継者不足の問題に追い打ちをかけ、この港の船はどんどん減ってしまうのではないか。漁師たちからは不安の声が上がっています。(放送2021年4月14日)

【長男と船に乗るつもりだった】

福島県との県境にある、茨城県北茨城市。
茨城県と福島県の沖合は親潮と黒潮がぶつかる良質な漁場で、北茨城市も原発事故の前には年間1000トンのシラスを水揚げする県内有数の港町でした。
多くの人が漁業や水産業に携わり、まちは活気にあふれていました。
この地で祖父の代からシラス漁を営む酒井正三さん(59)は、将来は長男と一緒に船に乗り、跡を継いでもらおうと思っていました。
20210415s_1.jpg
しかし、東日本大震災と原発事故で、状況は一変します。
市内は最大7メートルの津波に襲われ、多くの住宅や船が被害を受けて、漁師をやめる人も相次ぎました。

【続きを読む】

RSS