現在開かれている茨城県議会で議論されている大きなテーマのひとつが、4月からの新年度の当初予算案です。
県が何にお金を使っているのか、しっかりチェックすることは重要ですが、難しい用語や数字が多くて敬遠してしまうという方も多いことと思います。
県政担当記者が、分かりやすく解説します。(放送2021年3月2日)

【「当初予算案」って?】

20210302s_1.jpg
ある家庭に置き換えて見てみましょう。
食費や光熱費にはいくらかかるのか。旅行に行きたい、車が欲しい、家も買いたい...1年間で使う見込みのお金は、合計500万円になりました。
これが「当初予算案」。
この1年間で何にどれだけお金を使う見込みなのかをまとめ上げたものです。

一方、「補正予算案」というものもあります。これは、年度の途中で必要になるお金です。
例えば、急に冷蔵庫が壊れて買い替えることになったり、病気やけがで病院にかかったりと、思いがけない出費が必要になることもありますよね。

県も同じで、必要になった分だけ補正予算案を作ります。R2年度は新型コロナウイルスへの対応もあり、過去最多となる12回、補正予算案が作られました。

【続きを読む】

2月27日(土)水戸芸術館コンサートホールATMにて、「震災10年いばらき 朗読コンサート ~記憶つなぎ 未来へ~」を実施しました。


茨城県内各地の東日本大震災経験者の手記をピアノ演奏とともに朗読したほか、弦楽四重奏によるコンサートを行いました。


朗読コンサートの様子が「総合テレビ」と「FMラジオ」で放送することが決定しました! 


2021年3月12日(金)
午後7時57分~午後8時42分 <総合テレビ(茨城県内向け)>

20210312_ibasp2_960.jpg


2021年3月11日(木)
午後0時30分~午後2時 <NHK-FM(茨城県内向け)>
20210311_FM960.jpg

※「聴き逃し配信」本放送終了後「らじる★らじる」で1週間お聴き頂けます。

※放送日時は変更になる場合があります。


皆さま、ぜひご覧ください♪


NHK水戸放送局スタッフ

 

 

 

RSS