新型コロナウイルスのワクチンについて、全国では2月17日から、医療従事者への先行接種が始まりました。
政府は4月からは65歳以上の高齢者を対象に接種を開始するとしていて、県内でも急ピッチで準備が進められています。
スケジュールや接種までの流れをまとめました。

【ワクチン接種 スケジュールは】

厚生労働省が想定しているスケジュールは、次のようになっています。
20210217S_1.jpg
(2月17日放送)

政府はワクチンの接種について、優先順位を設けています。
2月17日から始まったのが、医療従事者などへの接種です。まずは全国の国立病院などに勤務する1万人から2万人程度に、先行して接種することになっています。

続いて3月中旬をめどに、残る医療従事者への接種を始めます。県内ではおよそ9万人が接種することになっています。

そのあとに始まるのが、新型コロナに感染した際に重症化するリスクが高いとされる、65歳以上の高齢者への接種です。県内では、準備が整った市町村から、4月上旬に始まる見込みです。

その後は、基礎疾患がある人や高齢者施設の職員などを優先しながら、順次、接種を進めていきます。

【続きを読む】

RSS