ページの本文へ

  1. トップページ
  2. アナウンサー
  3. 2024年もめざせ!イバフェッショナル

2024年もめざせ!イバフェッショナル

執筆者のアイコン画像沼田亮輔(ディレクター)
2024年01月25日 (木)

昨年12月25日に特別ラジオ番組、

「年末コラボスペシャル めざせ!イバフェッショナル」を放送しました。

 

茨城放送とのコラボレーションで菊地真衣アナウンサーに参加していただき、ゲストにひたちなか市出身の黒沢かずこさん、牛久市出身の村上健志さんをお招きしました。水戸放送局からは小松宏司アナウンサーと森花子アナウンサーが出演。

茨城のプロ「イバフェッショナル」を目指してすてきなゲストのみなさんにさまざまなクイズや俳句に挑戦していただきました。

NHK水戸放送局と茨城放送がコラボした1日かぎりのスペシャル番組をいばログでも振り返ります!

20230124n_1.jpg

観光のイバフェッショナル

茨城放送の菊地真衣さんは「いばらき観光マイスターS級」という難関資格をお持ちです。このコーナーはいばらき観光マイスターの認定試験をもとに作成した問題に挑戦し、観光のイバフェッショナルを目指す企画です。

 

20230124n_2.jpg

 

俳句のイバフェッショナル

村上さんは俳句を扱う民放の番組で永世名人の称号を持つほどの俳句の腕前です。このコーナーは村上さんに俳句について教わりながら、俳句のイバフェッショナルを目指します。

出演者のみなさんそれぞれが思い浮かべた茨城の情景を5・7・5の俳句で披露しました。森花子アナウンサーが頭を抱えていますが、いったい何があったのでしょうか・・・。

20230124n_3.jpg

 

音のイバフェッショナル

ラジオ番組ならではの音に注目したクイズを出題。茨城にまつわるさまざまな音を聞いて何の音か当ててもらいます。よーく耳をすましてお考えください。

20230124n_4.jpg

 

おわりに

イバフェッショナルを目指すさまざまな問題、どのくらい正解できましたか?
担当したディレクターとしては、特に俳句のコーナーで村上さんがおっしゃっていたことがとても印象に残っています。
みなさんの身の回りにも自分だけが知っていて俳句を詠みたくなるすてきな場所があるのではないでしょうか。

これからもみんなで茨城を盛り上げていきましょう!

最後は菊地さんにいば6ポーズもしていただきました。

 

20230124n_5.jpg

 

この記事に関連するタグ

最新の記事

茨城県内の地震リスクは? 専門家「いずれ大地震の宿命」

2011年3月11日の東日本大震災。茨城県内は広い地域で建物の倒壊などの被害が相次ぎました。しかし、県内で今後、起こりうる地震の被害はさらに深刻です。災害リスク評価の専門家は「茨城県は地震の頻度が高く、いずれ大地震が起こってしまう宿命にある地域だと理解しなくてはいけない。特に地震の激しい揺れに対してきちんと備えることが重要だ」と指摘しています。あらためて地震の揺れの恐ろしさを知り、被害を防ぐためにできることを考えてみませんか。 茨城県内の将来の地震リスクは? 東日本大震災で、茨城県内では24人が死亡、1人が行方不明、42人が災害関連死に認定されています。もうあんな経験はしたくない、と誰もが思うところですが、茨城県内で今後予測されている地震のリスクは決して安心できるものではありません。 政府の地震調査委員会が公開している「全国地震動予測地図」では、今後30年以内に震度6弱以上の激しい揺れに襲われる確率が水戸市で81%に上るなど、県内広い範囲で高くなっています。この予測地図は防災科学技術研究所のウェブサイト「地震ハザードステーション」で拡大するなどして詳しく見ることができます。 また、東北から関東の沖合にある、陸側のプレートの下に海側のプレートが沈み込んでいる「日本海溝」沿いで今後30年以内にマグニチュード7クラスの大地震が発生する確率についても、茨城県沖は80%程度などと推計され、「高い」と評価されています。 そして、茨城県はこれと別に震源域などから次の7つのタイプの地震に分けて、大地震の被害想定をまとめています。

執筆者 田淵慎輔(記者),浦林李紗(記者),丸山彩季(記者)
2024年01月18日 (木)