202010ibayururadiru_960.jpg

  2020年10月17日(土)放送分  

聴き逃し配信 NHKラジオ らじる★らじる

【ゲスト】
小濵 裕正 
さん

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

配信期間
2020年10月20日(火)正午 配信開始

~27日(火) 正午 配信終了

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

↑↑↑配信を聴くには、上のバナー(写真)をクリック↑↑↑

おたのしみください♪

 

 2020ibyuru960.jpg

毎月第2土曜の午前11時~正午 NHK-FMにて生放送

茨城ゆかりのゲストとお送りする、月に1度のお楽しみラジオ!
ゆるめのトークでくつろぎの土曜のお昼前をお楽しみください。

↓↓周波数のご案内はこちら↓↓

map480_232.png

去年、茨城県に甚大な被害をもたらした台風19号から1年がたちました。
台風を機に、各地で見直されているのが、過去の災害を記録した「伝承碑」の存在です。
大子町にも、その名も「おそるべし」の碑という伝承碑が残されていました。
今から130年前、明治23年に起きた水害を伝える伝承碑です。
長い間、地元でも忘れられていた伝承碑の存在を見直し、今後の防災に生かそうという取り組みが進められています。


【被災地域に忘れ去られた伝承碑】

20201012_1.jpg

去年の台風19号で、大子町は住宅588棟が浸水する被害にあいました。
被災した地域の一つ、久野瀬地区に住む益子恭平さん(70)。

足元が水につかる中、夜遅くに車で避難しましたが、その後、自宅は床上30センチほどまで浸水しました。

【続きを読む】

都道府県の魅力度のランキング調査で、7年連続で全国最下位だった茨城県。ことしの調査では、42位に順位を上げました。

依然として微妙な順位かもしれませんが、茨城県にとって“ビリ県”脱出は悲願でした。

茨城県が魅力度を上げた秘密は、どこにあったのでしょうか。

【悲願だった“ビリ県”脱出】

都道府県の魅力度ランキングは、民間の調査会社「ブランド総合研究所」が毎年インターネットを通じて調査して、発表しています。

魅力度や認知度、地域のイメージなど84項目について質問する調査で、ことしは全国の20代から70代の男女およそ3万人から回答がありました。

20201014S_1.jpg
茨城県の職員たちが見守るなか、今月14日、その結果が発表されました。

【続きを読む】

3年前、神奈川県座間市のアパートで若い男女9人の遺体が見つかった事件。被害者はSNSを通じて被害に巻き込まれていました。
茨城県内でもSNSを利用した犯罪は後を絶たず、未成年も被害にあっています。
子どもたちを犯罪から守るにはどうすればいいのか、取材しました。

【SNSで警察が“直接”警告】

20200930_1.jpg
茨城県警察本部がことしから始めた「SNSパトロール」です。
女子高生を示す「JK」や、「裏アカ」といったキーワードで検索し、援助交際を呼びかけるものなど不適切な書き込みを見つけると、警察が直接、警告のメッセージを送ります。

軽い気持ちで送った写真などを元に脅され、犯罪に巻き込まれてしまう子どもが多い中、警告文を送ることで犯罪を未然に防ぐのが狙いです。

1日15件ほど警告のメッセージを送っていますが、問題のある書き込みはなくなりません。

「毎日毎日新しいツイートが書き込まれているので、それに対して根気よく注意喚起を繰り返している」(警察官)

 

【続きを読む】

去年、茨城県内に甚大な被害を出した台風19号。
1階が浸水する被害を受けた大子町の高齢者施設では、早めの判断で入所者全員の命を守ることができました。

しかし、1年をかけて当時の対応を検証すると、被害を受けたことで見えてきた教訓が数多くありました。

【大子町の「命を守った施設」】

大子町の役場のすぐ近くにある、介護老人保健施設「やすらぎ」。
去年の台風19号で一帯が浸水し、1階が床上1メートルほど水につかる被害を受けました。
20201014_1.jpg
施設長の安達栄治郎さんはその日、休みで施設を離れていましたが、入所者を避難させるべきか判断を仰ぐ職員からの電話を受け、全員2階に避難させるよう指示しました。

その後、近くを流れる川が氾濫。夜11時ごろには施設にも水が押し寄せます。

しかし施設では1階にいた入所者37人をベッドごと2階に上げ、夕方までに避難を終えていたため、全員無事でした。

【続きを読む】

RSS