みんなでプラス メニューへ移動 メインコンテンツへ移動

みんなでプラス

「性暴力を考える」取材班 ディレクター 飛田 陽子

飛田 陽子の書いた記事一覧
「性暴力を考える」取材班
皆さん、コメントをありがとうございます。 性暴力の被害に遭ったかたにお話を聞くと、 「“あの時”さえなければ、もっと違う人生があったかもしれない」と悔しさを打ちあけてくださることがとても多いです。そうした言葉に触れるたび、やるせなさで胸が痛みます。そもそもの被害の数を減らしていくこと。そして、被害に遭ったかたが必要とする支えを適切に整えていくこと。どちらも、早急に進めていかなければいけないことだと思います。
赤い月
15の時家出して、性被害に会い。 その後、学校に行かなくなり大好きな勉強が出来なくなってしまった。どうでも良くなり、誰とでもつきあって、自分を傷つけて忘れようとした。

消えない性暴力のトラウマ(前編)

2021年1月29日 7コメント
「性暴力を考える」取材班
みなさん、沢山のコメントをありがとうございます。 この番組の取材中、性暴力の問題は、被害者と加害者だけでなく、社会全体で議論し、考えていかなければならないと強く感じました。私自身も、知らず知らずのうちに 性被害の深刻さや被害後の苦しみを見て見ぬふりする傍観者になっていたかもしれません。 この記事の続きは、2月下旬に公開予定です。引き続き皆さんのご感想や思いを聞かせて頂けたら うれしいです。 また、子どもたちや男性の性被害についても取り上げてほしいという声をいただきました。 年齢や性別に関わらず、すべての性暴力のない社会を目指して 取材を続けます。 過去に公開した記事をいくつかご紹介します。 <あわせてお読みいただきたい記事> 【vol.67】男性の性被害 全国の相談窓口 【vol.66】“男性の性被害” 先入観を持たないで 【vol.30】男性の性被害③被害に遭った男性のみなさん そばにいるみなさんへ 【vol.29】男性の性被害②性的虐待、レイプドラッグ…寄せられる悲痛な声 【vol.28】男性の性被害①セクハラ被害の実態は 【vol.15】埋もれてきた男性被害
「性暴力を考える」取材班
みなさん、コメントをありがとうございます。 目撃!にっぽんの再放送をご覧になったという声もたくさん頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。 これからも性暴力の実態や、心に傷を抱えながらも一歩ずつ前に踏み出そうとしているかや子さんのような人たちの歩みを伝えていきたいと考えています。引き続き、皆さんの思いや意見を聞かせて頂けたらうれしいです。
「性暴力を考える」取材班
みなさん、たくさんのコメントをありがとうございます。 ひとつひとつのご感想、制作陣一同、ありがたく受けとっております。 この場を借りて、皆さんにお知らせです。 『目撃!にっぽん “その後”を生きる~性暴力被害者の日々~』 再放送の予定が決まりました! <放送予定> 12月20日(日)総合 午後3時5分~3時39分 ※都合により 休止・変更となる場合があります 見逃した方、もう一度ご覧いただきたい方、ぜひご覧いただけたら うれしいです。 どうぞよろしくお願い申し上げます。
「性暴力を考える」取材班
コメントをありがとうございます。未婚か既婚に関わらず、誰もが"予期せぬ妊娠"の当事者になる可能性があると思います。だからこそ、"予期せぬ妊娠"そのものの是非ではなく、そうした事態に直面した時に、迅速かつ安全に対処できる選択肢をどのように整えていくべきか、これからも皆さんと一緒に考えていきたいと思います。
「性暴力を考える」取材班
みなさん、たくさんのコメントをありがとうございます。 緊急避妊薬は、性行為から72時間以内に服用しないと効果がありません。しかし、取材したNPO法人「ピルコン」に寄せられる相談メールの多くが、性行為のあと72時間以上経過してからの相談です。 ひとりきりで “予期せぬ妊娠”の不安に直面し、思い悩む人を減らすために、性教育の充実は必要不可欠です。しかし、どれだけ性の知識があっても、避妊に失敗してしまうことは誰にでも起こり得ます。そんな“もしもの時”に備えて、緊急避妊薬をはじめ、どんな対処法があるのが望ましいか、取材を続けようと思います。これからも、みなさんのご意見を聞かせてください。
「性暴力を考える」取材班
みなさん、コメントをありがとうございます。 被害に遭った人を一人にしないために、周囲の人たちに意識の変化を求める声が多く、深くうなずきながら読みました。 “まさか”の事態が自分や身近な人に起きる前から、性暴力とは何かということや、被害に遭った人はその後をどのような思いで過ごすのか、一人一人が知っておくことが、被害者を精神的に責めてしまうような“二次被害”を防ぎ、新たな性暴力の発生を防ぐための地道な手段になると思います。 友だちなどに被害を打ち明けられたときの向き合い方については、vol.3でお伝えしています。読んでいただければ うれしいです。

本で振り返る フラワーデモの1年

2020年4月10日 3コメント
「性暴力を考える」取材班
みなさん、コメントありがとうございます。 書籍「フラワーデモを記録する」には、男性被害者からの声も掲載されています。フラワーデモに限らず、性暴力について声をあげたいと思った人たちの気持ちが尊重される社会、声をあげたことで さらに傷ついてしまわない社会に一歩でも近づけるよう、私たちは取材を続けていきます。 新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中、5月以降 フラワーデモをどう続けていくか、各地で検討しているそうです。最新情報は、各地のフラワーデモの公式ツイッターアカウントを参照ください。
「性暴力を考える」取材班
みなさん、コメントありがとうございます。 ワンストップ支援センターの支援体制のあり方については、まだまだ議論すべきことが たくさんあると思います。 性暴力の被害に遭った方にお話を聞かせていただくと、「性的にいやな思いをしたときに、相談できる場所があることを知らなかった」という方が少なくありません。 「望まない性的な行為をされたら、まずはワンストップ支援センターへ」ということがもっともっと知られるが大切だと感じます。これからも伝え続けます。
ムロ
40歳位の時に知り合いの小学生の女の子に、耳に息を吹きかけられたり股間をくすぐられたり下半身を弄られた事があります。もちろん力ずくでやめさせましたが。妻にだけ話たら「怪しいのは、あなたの方でしょう!」って言われました。やっぱり普通そう思いますよね。その子の親には、とてもじゃないが言えませんでした。絶対こちらが犯罪者に疑われると思ったので。 他にも職場で35歳位の派遣社員だった時、上司に当たる正社員の20位の綺麗な女性に工場のベルトコンベヤーの下の、周りから見えない所で執拗に手を触れらた事がありますが、同僚に打ち明けたら「〇〇さん、本当は喜んでいたんでしょう」って笑われてネタにされました。 他にも何度かありますが、決まって自分より若かったり容姿がすごく良い加害者が多いです。万が一訴えられても絶対バレない、自分の方が被害者だと言い張れば、皆んな自分の方を信じるだろうという安心感があると思う。
「性暴力を考える」取材班
みなさん、コメントありがとうございます。 子どもの頃に何らかの性被害に遭った方にお話をお聞きすると、「当時は、被害を受けているのかどうかさえ 分からなかった」「大人に言うべきことなのかどうか、判断できなかった」という人が少なくありません。 加害者が親族という場合は、より一層 子どもたちが自分から被害を打ち明けることは難しいだろうと思います。保護者や教師だけでなく、周りの大人みんなが、「子どもたちを性暴力から守る」「いざというときは、子どもの気持ちを第一に考える」という意識を持つ必要があると感じています。
「性暴力を考える」取材班
みなさん、コメントありがとうございます。 8日の”オンライン”フラワーデモの配信の場に立ち会いました。呼びかけ人の北原さんがスピーチで話された「自分たちの世代が、性暴力を許容する社会を許してきてしまったのではないか」という言葉に、私自身、はっとさせられました。いま、性暴力が まん延している社会をやり過ごすということは、ほかの誰かの苦しみを見て見ぬふりするということと同じです。 だれもが被害者にも加害者にもならない社会をつくるために何が必要か、ひとりひとりが本気で考えなければ…。改めてそう実感する12回目のフラワーデモでした。
「性暴力を考える」取材班
みなさん、コメントありがとうございます。 家庭で、学校で、職場で、日常のいたるところで性暴力が起きている現実を知るにつれ、社会に安心できる場所はどこにもないのかと、暗たんとした気持ちになります。それでも、この記事で紹介したリョウスケさんのように、被害の苦しみを受けとめ、一緒に行動してくれる人が増えていけば、みんなで「性暴力を許さない」と言える社会を作ることができると思います。わたしも、誰かにとってのリョウスケさんのような存在になれるよう、行動していくつもりです。
「性暴力を考える」取材班
コメントをありがとうございます。 「みんなでプラス 性暴力を考える」では、被害の実態を伝えるだけでなく、もしもの時に何ができるのか、具体的な情報を取材し、発信していきたいと思います。 これからも、みなさんと思いや意見を共有させてください。よろしくお願いいたします。

“私は見て見ぬふりしない”

2020年1月23日 9コメント
「性暴力を考える」取材班
みなさん、コメントをありがとうございました。 “痴漢被害を目撃したら、どうしますか?”という問いかけに、「被害をうけている方に『体調悪そうですね?』と話しかける」、「危なそうな女の子がいたらさりげなく咳(せき)払いなどをする」など、さまざまなアイデアが寄せられました。ありがとうございます。 “御堂筋事件”のようなことは、二度と繰り返されてはなりません。繰り返さないためにも、痴漢や暴行などの被害現場に、もし自分が“第三者”として居合わせたときに、どんな行動を取ることができるのか、取ればいいのか、日ごろから考えておくことは非常に大切だと強く思います。私も、考え続けています。