みんなでプラス メニューへ移動 メインコンテンツへ移動

みんなでプラス

“告白を後悔したときも” 声を上げた元ジュニアの苦悩

クローズアップ現代では、5月にジャニーズ事務所の創業者・ジャニー喜多川氏による性加害問題を報じて以降、継続的に取材を重ねてきました。

それから4か月。事務所は初めて会見を開き、性加害の事実を認め、謝罪しました。

長年ほとんどのメディアが沈黙を貫いてきた中、事態を大きく動かしたのは、みずからの顔と名前を明かし、被害を告白した元ジャニーズジュニアたちでした。

しかし声を上げたことで、苦悩が深まったという現実もありました。

(「クローズアップ現代」取材班 ディレクター 中川雄一朗)

【男性の性被害 全国の相談窓口】
性別や年齢を問わず、望まない性的な行為はすべて性暴力です。
性被害に対応している全国の相談窓口のうち、男性への支援内容をこちらにまとめました。
ここをクリックしてご覧ください

※このあとの内容には、性被害に関する具体的な証言が含まれます。あらかじめご留意ください。

二本樹顕理さん 覚悟と勇気の告白

イギリスの公共放送BBCが3月にこの問題を発信して以降、取材班は独自に取材を続けてきました。

150人を超える元所属タレントに取材の申し込みを続ける中、実名・顔出しで応じてくれたのが二本樹顕理さんでした。

テレビカメラの前で初めて被害の実態を明かした証言は、覚悟と勇気を感じるものでした。

5月に取材したときの二本樹顕理さん
二本樹さん

ジャニーさんがベッドの中に入ってきまして、最初は肩をマッサージしたり、体全体を触られるような感じで、足とかもまれたりする感じですね。そこからだんだんパンツの中に手を入れられて、性被害につながっていくような流れです。

セルフイメージというか、自分の中が崩れ去っていくような感じで、心と体が別々になるっていうのかな、自分の体に何か起こったことは理解できるけど心がそれについていかない。

二本樹さんがジャニーズ事務所に入所したのは、中学1年生のとき。
NHKの音楽番組や民放のドラマに出演するなど、活躍の場を広げていました。
その裏で、ジャニー喜多川氏から10回以上の性被害を受けたといいます。

声を上げた“その後”の葛藤

取材を受ける二本樹さん

勇気と覚悟を持って声を上げた二本樹さん。私はその思いを伝えたいと、“その後”を継続取材してきました。

番組の放送後、連日のようにテレビや新聞、ネットメディアなどさまざまな媒体から取材の依頼が殺到し、二本樹さんはできる限り応じてきました。“自分と同じように性被害にあう子どもをなくしたい”という思いからでした。

しかし、それはみずからの心の傷と向き合う苦しい時間でもあったと打ち明けました。

二本樹さん

取材では、性被害の体験を語らないといけないこともありまして。やはりそれは重いというか、非常に気分的につらいものはありますね、相変わらず。でも恐らくこの先も向き合っていかなければならない。

さらに、声を上げたことで二本樹さんを苦しめたのが、ネット上のひぼう中傷です。被害自体を「ウソだ」とするもの、告白を「売名行為」や「金目当て」とするもの。それは時に、性被害のトラウマ以上に傷つくものだったといいます。

二本樹さん

目にするもの1つ1つを真に受けてしまって、非常にうつのような状態になって。気持ちもひどく落ち込みましたし、食事ものどを通らないぐらいまでになった。

当初は後悔もかなりありましたね。これは言わないほうがよかったんじゃないか、実名、顔出ししないほうがよかったんじゃないかって。言わなきゃよかったんじゃないかなっていう思いは、恐らくこの問題が完全に解決するまでは付きまとう。

性被害の記憶 いまも夢に…

大島幸広さん

性被害のトラウマに悩まされているのは、二本樹さんだけではありません。
被害を受けてから何十年たった今でも苦しんでいる、元ジュニアの大島幸広さんもその1人です。

大島さんは、13歳のときに入所しました。
まさにその日にジャニー氏に自宅へ誘われ、被害にあったといいます。
実家が遠かったため、仕事がある週末やその前後など、週3回ほどジャニー氏の自宅に泊まることになり、そのたびに被害を受けたといいます。

そうした生活は2年ほど続き、被害の回数は200回を超えるといいます。

大島さん

(ジャニー氏にとって僕は)自分の性欲を満たす、おもちゃですよね。性欲処理班みたいな。逃れられないんですよ、逃げたら逃げたで今度もう仕事なくなって、3か月間呼ばれなかったとかありますからね、断って。

本当に怖いっすよね。やっているときも本当に怖かったす。逃げたいし、悩んでいましたね。

退所後、被害のことを誰かに話したい気持ちがありましたが、打ち明けることができませんでした。事務所にとって不都合な話はもみ消されるような印象があり、話したとしても、自分が損をするだけだと感じていたからです。

しばらくは、毎日浴びるように酒を飲むなど、アルコールに依存する生活を送り、「自分の心にぽっかり穴が空いた」ような状態だったといいます。

被害から20年以上たった今でも、ジャニー氏のことが夢に出たり、当時のつらい感情が思い出されたりするといいます。

大島さん

(夢では)僕が寝転がってて、下に視点をやったときのジャニー氏の頭の映像が浮かんで。あとは仕事をしているときとか、電車乗っているときとか、パッと(当時の沈んだ感情を)思い出すんですよね。出てきちゃうと気分が悪くて、押し込めるまでに長かったら1週間ぐらいかかっちゃうんですよね。

23年間鮮明なんですよ。されたときからずーっと。年数たって頻度が少なくなっていくわけでもないですし。忘れることはないでしょうし、死ぬまで絶対つきまといますよね。

トラウマからの回復は可能か カウンセラーとの対話

カウンセラーを訪ねる二本樹さん

8月、二本樹さんは、男性性被害のカウンセリングを行う第一人者を訪ねました。山口修喜さんです。

二本樹さんは、自分と同じように苦しむ人の参考になればと私たちを同行させてくれました。

山口さん

どんなことが解決できたらいいなとかってあったりしますか?

二本樹さん

私の場合はうつであったりとか、不眠症であったり、自己肯定感の意識が低かったりとか。

カウンセリングでは、最初から被害体験は聞かず、自分の支えになった経験などを思い起こしてもらいます。

山口さん

思い浮かべると、浮かびます?

二本樹さん

ああ、浮かびます。

山口さん

そういう実践していくと、意外な感じで、変わっていったりもするんですけど。

心理カウンセラー 山口修喜さん
山口さん

人によっては20年、30年、40年、50年と影響を及ぼしていくっていうのが性虐待の破壊力ですよね。もちろんそこから回復するっていうことは可能なんですけれども、時間がかかったりだとかはしますね。簡単なことではないですよね。

【関連番組】~9月18日まで見逃し配信中

みんなのコメント(36件)

提言
JIN
男性
2023年11月10日
新たに情報が出てきたけどもう特集は組まないのですか?
NHKも逃げずに今後の指針を打ち出してください
感想
サマーラブ
50代 女性
2023年10月3日
性的被害は、自主的な選択ではない所が問題。自主的かそうでないかの判別が難しい。子供達の近くにいたマネージャーのようなスタッフやタレント仲間にしか、その判別は付けられないのではないか?それでも難しいかもしれない。しかし被害者は10代前半の子供達。やはり、周囲の大人が告発するべきだったと思う。
体験談
一の
女性
2023年9月30日
私は性暴力被害者です。
自分に起こったことは一体なんだったのか。
物心がついたころから自分なりに調べたり本を読んだり、体験者の語りの場に出たりしてきました

そこで語られるのは、おおむね男性から女児・女性への性暴力体験談で(もちろん同性間や、性別マイノリティと言われる方たちの話もありました)
なのでこの投稿フォームで「被害当事者ではない」男性の方の言葉を聞くのは私は考えると初めてでした。
女性だけでなく男性、特に加害被害当事者ではない方の言葉もっとお聞きしたいです。

また、これだけ大きく報道された性暴力事件が「男性間での性暴力」であったことに何か背景はあるのか?
例えば男女間だと「ありえること」とされ流されているかも?男性間の性暴力は軽視されていたから今まで見て見ぬふりされた?もしくは女性の性被害はカミングアウトにリスクが高いからここまでの報道にならないのか?などです
感想
太郎
男性
2023年9月26日
ジャニー喜多川のような有名人だけでなく一般人にも男児や若い男性に性加害をしている男がいると思います。
こうやって性被害が報道されるようになったことで声を上げられるようになった人たちが大勢いると思います。
提言
カッチャン
70歳以上 女性
2023年9月17日
私は今71歳です。数十前から一般人の私達、知っていました。喜多川氏が生きている間に手を上げてほしかった。私達もこれ可笑しくない?と疑問を持つべきだったとおもいます。心の傷は癒やされる事はないかもしれませんが、前を向いて頑張ってほしいです。
感想
ぬー
30代 女性
2023年9月16日
ジャニー喜多川さんのことで、ジャニーズで昔から活躍してるスターたちが、告発した人たちや世間の声を馬鹿にしていて、すごくがっかりした。子供の頃にドキドキした、あんなにかっこよくてセクシーだった人たちの時代は終わってしまったのだと。

告発をした人たちは、これからの子供達のためにも勇気を持って
セクハラとか性加害をないことにするという日本のひどい問題を告発してくださったわけで
かっこいいヒーローで、私が好きだったジャニーズそのものだ。
この問題が解決したら、ジャニーズのコンサートに行ってみたくなった。
感想
のな
2023年9月16日
ジャニーズの性暴力が報道されたあと、しばらくは世間の目はジャニー喜多川に向けられているだろう。
でも性暴力昔からずっと問題になっていたし、いつも世間は、児童ポルノやいじめなどの、さまざまな暴力が発覚したら、その犯人を叩くことで満足して終わってしまう。
現在いじめをしている人も、そうじゃない人も、自分と周りには目を向けないで、娯楽としてジャニー喜多川を叩いて、飽きたら終わる。

立場の弱い人に暴力を振るったり、いじめをしてはいけない、というシンプルなことなのにジャニーが悪い、ジャニーはおかしい、ばかり。
ジャニーズのことが公になったことで、日本では子供への性暴力を、周りの大人だけではなく、マスコミ、警察すら取り合わないということがわかった。
今日も職場や家庭や地域で、自分が誰かをいじめて笑い、無視することで、その空気を作ってることに目を向ける大人はほぼいない
提言
かに
40代 男性
2023年9月14日
被害を受けた元ジュニアの人々は、自分たちのような被害者が出ない世の中になってほしいと願っていると思います。私自身、今回のジャニーズ事務所での性加害問題を目の当たりにして、事実に対する衝撃だけでなく、世の中が性暴力に対して無知だったり、噂話だからといって見てみぬふりをし続けたりしたこと、メディアが立場の弱い人々を犠牲にする形で私利私欲を満たすための手段になってしまうことへの危うさを感じています。
被害者に対する差別や被害の事実がねじ曲げられるのを防ぐためにも、性暴力の被害や性的搾取の実態から目を背けてはいけないと思いますし、実態について学んでいく機会を増やすことが必要ではないでしょうか。
提言
ヨココバ
60代 女性
2023年9月14日
ジャニーズ事務所所属のタレントを出すな、というコメントを出されている方が、かなりいらっしゃる様ですが、彼等には罪は無いし、皆、一生懸命努力をして、現在があるので、出演を認めて欲しいです。
事務所の名前を変更すれば、被害者の方のフラッシュバックも起こらないのでは。
感想
k
30代 女性
2023年9月14日
今回の報道、ありがとうございました。
被害者の方々が被害に遭っていた頃、私は毎日のように満員電車で痴漢されていて、当時はしょうがないこととしてやり過ごしていました。
ジャニー氏の性加害についても都市伝説のような認識でいて、そういう世界なのだと疑問にすら思わなかったです。そんな社会の空気でした。
歳をとるにつれ、私はやっとあの時の嫌な気持ちを言語化できたり、いろんな経験を経ることで人権意識をアップデートでき、少しずつ自分を癒しているところです。社会も、自分を守ることや人に加害しないことが増えて欲しいです。
この件は、ジャニー氏が悪いのは明らかですが、たくさんの共犯者がいます。
是非、メディアとしての姿勢を問い続けてください。メディアが事務所を監視するように、視聴者も己の価値観をアップデートし続けながら、メディアと事務所を見ています。
最後に、被害者の方々が少しでも癒されることを願っています。

担当 #クロ現取材ノートの
これも読んでほしい!