みんなでプラス メニューへ移動 メインコンテンツへ移動

みんなでプラス

更年期障害の症状や悩みの相談窓口&記事まとめ【2023年10月版】

これまで“個人の問題”とされ、ひとり悩みを抱える人も多かった更年期。症状のつらさを周囲に理解されず、家族との関係悪化や離職に追い込まれるなど、心身も限界になる人も・・・。

取材から見えてきたのは更年期症状がもたらすさまざまな影響でした。更年期に関する相談窓口や記事をまとめました。

<更年期症状 困ったときの窓口>

※各相談窓口のリンクをクリックすると、NHKサイトから離れます。

◎専門医・専門資格者を見つけたい
一般社団法人 日本女性医学学会
https://www.jmwh.jp/
※ホームページ左側の日本地図から近隣の専門医・専門資格者を探すことができます。

◎症状や治療について知りたい・相談したい
一般社団法人 女性の健康とメノポーズ協会
https://www.meno-sg.net/
電話番号 03-3351-8001
(火曜・木曜・土曜 11~16時 無料相談実施 祝日・年末年始・夏季期間は休止)

◎仕事や生活への影響について相談したい
NPO法人POSSE
https://www.npoposse.jp/
電話番号 03-6699-9359(労働相談)
電話番号 03-6693-6313(生活相談)

◎がんの治療に伴う更年期症状について相談したい
若い世代のがん患者の相談窓口 『AYAサバイバーシップセンター』
電話番号 03-5550-7098(平日9時~17時)
メール aya@luke.ac.jp

若年性乳がん当事者のサポートコミュニティ『Pink Ring』
http://www.pinkring.info/


これまで取材を受けてくださった方々が伝えたいとおっしゃっていたのは、「困っているのはあなただけではない」というメッセージです。
私たちはこれからもみなさんから寄せられた声をもとに取材を進めます。
記事に対する感想やご意見、体験談、取材してほしい内容などをページ最後の「コメントする」か、こちらの ご意見募集ページ からお寄せください。

「更年期が原因で雇い止めに・・・」声をあげたひとりの女性

始まりは、ひとりの女性の声でした。私たちが2021年から報道を続けてきた「生理の貧困」が社会問題として注目されるなか、取材先の支援団体から連絡を受けました。

「“生理”が世の中で話しやすい話題になってきたので、生理が終わる時期・“更年期”の症状で困っていることも相談して良いでしょうか?」という声が届いたというのです。

いったいどういうことなのか。2021年4月に話を聞かせてもらったのが、コールセンターの契約社員として働いていたナオミさん(当時50歳)です。1年ほど前に始まったひどい頭痛や吐き気、めまいなどの更年期障害で欠勤が重なり、仕事を雇い止めになったと言います。

生理痛などの場合は「生理休暇」が法律で定められていますが、更年期障害についてはなんの定めもありません。社会の仕組みが更年期による心身への影響をカバーしていない現状にどう向き合っていけばいいのか。取材を深めていく必要性を強く感じました。

詳しい記事はこちら
「更年期障害の私は4月30日、雇い止めにあった」

ナオミさんの話をWEB記事やラジオで伝えたところ、更年期症状に悩みながら仕事を続けている女性から「治療してくれる医療機関が見つからず困っている」という声も寄せられました。

詳しい記事はこちら
「治療してくれる病院はどこに?40代、突然の体調不良」

実態調査をしてみると・・・“更年期ロス”100万人の衝撃

更年期の諸症状によって仕事にどのような影響があるのか、これまで国内で大規模な調査は行われてきませんでした。

そこで私たちは、医療・雇用・労働の専門家たちと共同で、全国の40代・50代の男女およそ4万5000人を対象に実態調査を行いました。

調査では、過去3年以内に更年期症状を経験した人は▼女性36.9%、▼男性8.8%。なかでも治療の必要がある「更年期障害」とみられる人たちに、仕事への影響を詳しく聞いたところ、「仕事を辞めた」「雇用形態が変わった」「降格した」など、何らかのマイナスの影響があったと答えた人は女性で15.3%、男性では20.5%に上りました。

更年期症状で仕事に悪影響(雇用や収入の喪失)があった人を”更年期ロス”として専門家に推計してもらったところ、男女合わせて100万人を超えることが分かったのです。

詳しい記事はこちら
“更年期ロス”100万人の衝撃 データで見る#みんなの更年期

さらに深刻だと感じたのが、更年期障害によって職場で問題を抱えたとき「誰にも相談していない」という人が女性で60.8%、男性でも47.2%に上ったことです。

当事者が悩みやつらさをひとり抱え込み、周囲がそれに気づけないことで、更年期にまつわる課題はこれまで存在しないことになってきたのではないか。

私たちは投稿フォームで意見を募り、声を上げられずにいる当事者へのアプローチを進めることにしました。

集まり始めた声 医療・職場・家族・・・孤独を深める当事者も

投稿フォームに寄せられた声は250件以上。

適切な医療を受けられないという人や、積み上げてきたキャリアを更年期症状のために手放さざるを得ない人・・・。

育児や介護と更年期が重なって自分のことが後回しになっていたり、「役職や給料に見合った働きができない」と苦悩を深めたりと、家庭でも職場でも大きな役割を背負いひとり抱え込んでいる当事者の姿が見えてきました。

-『更年期にはまだ若い』医師の言葉に悩む女性たち 医療現場の理解不足も

-管理職だった私が更年期の症状が原因で退職した話

“男性更年期”の当事者も・・・

声を寄せてくれたのは、女性だけではありません。

男性ホルモンの急減によって、女性の更年期症状と同じような症状が現れるいわゆる「男性更年期」の当事者も切実な現状を語ってくれました。

詳しい記事はこちら
男性も更年期?当事者が語る症状 治療法は

課題解決のヒントはどこに

取材するなかで、更年期は症状・時期が千差万別で、当事者の置かれている環境などによって影響もさまざまであることが見えてきました。

「誰にとっても100点満点」の解決策をすぐに見つけることは難しそうです。

でもまずは社会全体がこの実態を共有し、どうしたらよいのか、議論を始めることが課題解決に向けたスタートだと私たちは考えています。

専門家や企業、そして一足早く「更年期革命」が始まっているイギリスの事例など、ヒントとなる現場の取材を続けていきます。

関連番組

この記事の執筆者

報道局社会番組部 ディレクター
市野 凜

2015年入局、首都圏局・前橋局・政治番組を経て現所属。コロナ禍の女性不況・生理の貧困・#みんなの更年期などジェンダーや労働に関わるテーマを取材。

みんなのコメント(52件)

悩み
ぶーぶーママ
50代 女性
2023年5月26日
私は39歳で生理がとまりました。今57歳 。7年前から身体の冷え腰の痛み、頭痛、関節の痛み、食欲不振、肩こり、その他いろいろあります 特に下半身の冷えがひどく、足首にはカイロを1年中あててます。でも温かく感じません。 起き上がることが出来ずに寝込むこともあります。病院で痛覚変調性慢性疼(とう)痛と言われましたが、更年期とはまた違うのでしょうか。先が見えず死を考えるようになってます。どうか良きアドバイスをお願いします。
オフィシャル
「#みんなの更年期」取材班
2022年3月3日
コメントを寄せてくださったみなさま、ありがとうございます。

多くの方があげていたのは「気になる症状があるなら病院でしっかり見てもらった方がいい」というアドバイスでした。更年期の女性ホルモン減少がもたらす症状は多岐にわたりますが、ホルモンとは関係のない、思いがけない病気が見つかることもあります。ひとりひとりの症状を見極めることは難しく、更年期医療に詳しい専門家も「まずは医療機関へ」と話しています。

ただ、みなさまから寄せられた声からはそれだけですべてが解決するわけではない現状も見えてきています。更年期の症状に苦しんでいる当事者がどのように医療に向き合えばいいのか。私たちは今後も、みなさんの疑問に答えたり判断材料となったりするような情報を番組やWEB記事などでお伝えしていきます。引き続きご意見をお寄せいただければと思います。

「みんなの更年期」取材班
感想
ちびにゃん。
50代 女性
2022年4月20日
同年代の人がいない職場では、ホットフラッシュの症状で悩んでいても、太っているからでは?単に暑がりだからでは?とわかってもらえず、同年代の人がいても症状が出ない人にはわかってもらえず苦労しました。
少しでも症状が和らげば、とプラセンタ注射に通うも四年通っても症状は治らず、ただ時が過ぎるのを待つしかないのかと諦めていました。
この特集がいろんな方の目に止まり理解が進むと嬉しいです。
体験談
M
40代 女性
2022年4月14日
2年前から生理の際の吐き気、頭痛、ふらつき、思考の停止、異常な眠気、激しい生理痛、量の激減。
婦人科を受診するも年齢で更年期ではないと、検査もせず2件の病院に言われました。
40代はこんなもので自分が痛みや辛さに弱いだけ、怠けているだけ?と、自分を責めました。
あれ程辛く、えづきながら吐き、痛み止めも体が受け付けないのに。
お腹を切り裂かれ、頭を殴られているのではと思う程つらいのに。
血液検査で更年期状態と言われ治療を始め大分楽になりましたが、職場では理解されず、怠けと思われています。
「同じ痛みでも感じ方は人それぞれ」小さな痛みを大げさに言っているんでしょ?という捉えられ方。
症状悩んでいる上に同じ女性に理解されない事にも悩む。なぜ辛い思いをしている人間がさらに別の事で悩まないとならないのか?非正規雇用にはもう後がない。
国が何か制度を作っても、職場で使える状況になるのかも疑問です。
感想
cakey
60代 女性
2022年4月14日
あさイチの特集、少しだけ見ました。私は今60歳。50歳代の後半はいろいろ辛かった気がします。でも、体に出た症状はおそらく軽症。それよりも気分の落ち込みの方が辛かったですね。それと、人間関係がうまくいかなくなったこと。前は我慢できていたことが我慢できなくなったり、自分が何をしているのかわからなくなったり、自分の内側が混乱している感じでした。

今は、コロナのステイホームもあり、自分のペースで生活できるようになったので安定しています。あの時はよく病院にもいきましたが、ストレスフリーになったせいか、今は全く行きません。

無理をしないこと。これが一番大切だと思っています
提言
さくら
50代 女性
2022年3月5日
番組に出演されていた医師は「かかりつけの婦人科医」に相談をと言いながら「診療報酬が低い為、診療の割に合わない」と言っていて唖然とした。理想的なのは総合病院の様なところで、多角的な診断・検査ができ、その上で更年期の診断・治療ができること。HRTの処方は婦人科である必要はなく、内科でもできる事。漢方は俗に言われる更年期の3大処方より、個々の証に合ったものを選ぶことが肝要。閉経前後でホルモンの値が乱高下しているのは当然の話であり、ホルモン値の検査より、他の病気を否定する為の検査の方が大事です。正しい情報を元に、本人が勉強する事が大切。辛いけれど、笑顔で過ごす事がなによりの薬です。
体験談
みわわ
60代 女性
2022年3月3日
40代になってずっと微熱が続いた。
そのうち自覚無く何事にもイライラし、様々な症状が現れてきたが、婦人科の症状が現れて偶然にも婦人科に行った。最初は漢方薬で冷え性が治り、治療しながらあれこれ話して、ホルモン療法は頭痛も治りますと言われ、半信半疑で試した。劇的に頭痛も治り、薬を手離せなくなった。
最初のイライラは、今から考えると更年期だと分かるが、当時は自覚無く、当たられた人にはお詫びするしかない。
当時薬は乳癌の発生率が上がると言われたが、乳癌になってもこの快適な状態が良いと思うほどになった。
私は幸い良いドクターに巡り合ったけど、どんなキツい先生にもめげずに、ぜひ治療した方が良いです。
体験談
なみ
40代 女性
2022年3月3日
3年前位から更年期になりました。
怠さ、生理不順、頭痛、めまい、吐き気…
なりかけた当初は、周りからも、病院からも、
まだ若いから違うのではないか…?
と、言われましたが、
やはりあれは更年期だったように思います。
その当時、男性ばかりの職場で、
なかなか相談もできず、イライラするばかりの毎日でした。
ここ2年は、ホットフラッシュと閉経が加わり、すぐに疲れてしまいます。

怠け者だと思われているのではないかと不安です。

今は処方されている漢方薬で治療をしています。
いつまで続くのか…
体験談
おきょんさん。
40代 女性
2022年3月3日
今年50歳になります。
10年前に第3子を出産後にプレ更年期のような症状がはじまりました。
友人からの些細な言葉が気になり落ち込みホッとフラッシュも酷くなりました。
産後には良くあることかと思いましたが、いまでも同じ症状が続いています。
旦那さんは理解があり優しく接してくれるのが何よりの支え。感謝しかありません。
生理不順も出てきました。
また、外に出たい欲求が出るのも更年期だとも。
本屋へ行く、ウインドウショッピング、映画鑑賞、散歩などを楽しみながら更年期をうまく乗り越えています。
近いうちに婦人科へ行って相談もしてみたいと思っています。
体験談
バリキャリ子だくさん
50代 女性
2022年3月3日
子育てがひと段落し、さぁ仕事を頑張ろうと思ったら更年期なのか体調不良で気分や集中力が不安定になってしまった。男性と肩を並べてバリバリ働くのは身体と心を酷使しないといけないのか?いろんな休暇制度は会社にあるがとてもそれらを使って休むのは気がひける男性優位な社会だな感じる時があります。
悩み
ごんちゃんばぁば
50代 女性
2022年3月3日
耳鳴りに悩まされて数年、耳鼻科では完治する薬はなく、耐えた毎日。
誰にもわかってもらえなく、ここ数年は、2?3種類の音が1度に聞こえ頭痛で、くらくらし、その上、真っ直ぐにかんじなく、何時も傾いている感じの毎日。
そして、下の先が痛い状態も増え、歯医者で聞いてみたのですが、すぐには口腔外科の紹介状も出なくて、料理を作るとき、味が分からず、喋るときも痛く、気分も悪く、誰に話しても、わかってもらえる人は、私の周りには1人も居なくて、だんだん生きていくのも辛い毎日です。
病院なのか、漢方薬なのか、何に頼ったら、少しでも楽になる方法を知りたいです。
悩み
きゆま
50代 女性
2022年3月3日
ホットフラッシュに毎日悩まされています。
あわせてバセドウ病も罹患していたことがわかり、ホットフラッシュや動悸が、更年期由来かバセドウ由来か分からず、薬の服用を間違えていたことも。
悩み
プリン
40代 女性
2022年3月3日
私は現在44歳です。
1年前くらいから、更年期の症状が出てきました。
暑くもないのに、顔がほてったり、手足が冷えたり、イライラしたり、落ち込んだり、不安になったりと、結局仕事も、やめてしまいました。
まわりのひとに聞いたら、だれもが、通る道だし、気づいたら、更年期終わってるよと言われました。
体験談
小梅ちゃん
40代 女性
2022年3月3日
ふわふわするめまい
薬を飲まないと気分が不安定
ひまわり
50代 女性
2022年2月20日
あさイチの特集を見ました。
更年期休暇、ぜひ実現してほしいです。
私は更年期障害が重く休職をしましたが、更年期障害では休職扱いにならないと言われ、症状のひとつである鬱の診断書を提出して休職しました。育児や介護と同列の扱いで、休暇や軽減が取れていたら、このようなことにはならなかったのでは…と思います。

また、職場や自治体の健診の項目にホルモン値を加えるのも、受診のきっかけになるかと思いました。

診療報酬の問題は、今回番組を見なければ知り得ない事でした。更年期の当事者だけではなく、様々な側面から考えていかなければならない社会的な課題だと思いました。 ありがとうございました。
ふんじゅ
50代 女性
2022年2月18日
主人と番組を見ていてほんとこれなんだよねーって言ったらこんな事わざわざ問題視して取り上げるのがおかしいよなー
気持ちの問題だけだろーって言われました。
ぴーすけ
50代 女性
2022年2月17日
更年期治療のやめ時

ホットフラッシュや気分の落ち込み、やる気のなさで婦人科にかけ込み、血液検査で更年期とわかり、ホルモン補充療法を続けること7年…
6年目に医師から治療の終了をすすめられ徐々に薬を減らしましたが、元の体調に戻ってしまい、2年の期限付きで再び同じ治療を始めました。
エストロゲンは骨粗鬆症や動脈硬化を防ぐと聞いたのでこのまま続けていきたいのですが、終了の期限が迫っています。
医師に相談してもそこは婦人科の範疇ではないので他の病院で相談するようにとの事でしたが、かかりつけの内科ではそのような治療はしませんと言われました。
ホルモン補充療法のやめ時や延長について本やネットで調べましたが詳しくはわかりませんでした。
私以外にも同様の方がたくさんいらっしゃると思います。
今後番組で取り上げて下さるとありがたいです。
たか
50代 女性
2022年2月16日
45才ぐらいからパニック障害、過活動膀胱、多量出血に酷い生理痛で大変でした。
今51才多少症状は落ち着いてきたけど
腰痛くなったり頸椎痛くなったり胸郭出口症候群になったり
いつもどこか痛い
痛みに耐える毎日
痛みって身体も心も弱らせる
しんどい
ラビット33
40代
2022年2月16日
二十代の終わりごろ卵巣嚢腫になって男性との経験が無かったら大丈夫って言ってる産婦人科の先生が出演されて言っていたのでそれを信じ込んで太ってきたお腹が妊婦さんに間違われるぐらいでも大丈夫だよね、なんて思っていたけど、なんかおかしい。仕事もできなさそう。息も苦しい。あまりの辛さに病院に行ってくる。病院側がバタバタして診察が終わったのが夕方。今すぐ産婦人科のある病院を紹介しますと電話でサクサク話が進んで翌日産婦人科に行くことに。10年ものの卵巣嚢腫発見。胎児ほどの重さ3kg、術後先生から更年期障害になりますよって言われてピルあわなくて漢方薬加味逍遙散を処方して飲んでますがPMS生理前症候群もあるらしくてそれが年重ねるごとに強くなってきて今では、生理前2週間前ぐらいから身体が寒いし動かない。寝てる時に腰が痛い。年に一度の検査に行くので絶対6月の検査に相談しようと思ってます。
まーちゃん
50代 女性
2022年2月16日
40代前半のとき、倦怠感、動悸、めまいが始まったので更年期だと思い婦人科を受診。「更年期にしても症状が気になるので検査をしましょう」と調べてもらったら甲状腺の病気がみつかりました。エストロゲンと一緒に甲状腺も悪くなる場合があるそうです。甲状腺の治療を始めたら身体がとてもラクになりました。
働くばあちゃん
60代 女性
2022年2月16日
循環器科に通院してるけどなかなか血圧が下がらない、不整脈がある、番組を見ててまた私は更年期なのかなと思いました。更年期って年齢的に終わりはないのでしょうか?
働くおばあちゃん
60代 女性
2022年2月16日
循環器科に通院中、血圧がなかなか下がらず、不整脈もあり先生からは命に関わる不整脈ではないので気にしないようにと‥これも更年期と思いました。
AKYI
50代 男性
2022年2月16日
昨年5月、手のむくみ・痺れ・こわばりが出始め「私もとうとう更年期か」と思い、病院には行かなくていいかな、と判断。次第に身体がだるくなり寝込む日も。主人が「ちゃんと調べてもらったら?」とすすめてくれたので、病院で1か月間詳しく血液検査を繰り返しました。
すると膠原病が見つかり、すぐに2か月間入院治療となりました。現在は薬を服用しながら以前の生活に戻れています。
病気をみつけてもらえて本当に良かったと思っています。病院に行くように言ってくれた主人にも感謝してます。
同世代の人には、更年期の症状らしいものが出たら、ちゃんと調べてもらった方がいいよ!と伝えるようにしています。
67歳ナッペ
60代 女性
2022年2月16日
私も長い間更年期に悩まされました。
と同時に大きな悩みを抱えていて、自律神経を完全に乱れてしまい、あらゆる症状が出ました。病院もあらゆる科を周り病院や整体院20くらいまわりました。鬱的な症状は治りましたが、不眠、ホットフラッシュ、口内痛、は未だに続いています。
母も、姉も更年期的なものは無かったので、私もないと思っていましたが個人差はありますね。
あはひ
男性
2022年2月16日
妻(28才)のPMSの症状がまさに更年期にあてはまります。私は自分を基準とせず、彼女の状態をヒアリングするよう努力し、医学サイトの情報で、女性ホルモンによる影響に理解を示したいと思っていますが.. 番組を拝見し、確かに昔は「更年期だから」という決めつけでPMSを含む「差別」があったなと感じています。SDGsな世の中だから、医療の制度から社会の意識改革までを進めなければいけないと切実に感じた次第です。
kym
60代 女性
2022年2月16日
50代前半から弟の死と重なり、とても苦しみました。婦人科受診をすれば良かったと後悔しています。今でも、当てはまる項目はたくさんありますが、未だ一番悩んでいるのはホットフラッシュです。60代でも続くものでしょうか?
この様な番組、とても有難いです。
夫とは別居していますが、バンクを見ていて更年期も原因の1つかなぁ、と思いました。
働くおばあちゃん
60代 女性
2022年2月16日
更年期に入ったあたりから血圧が高くなり、不整脈も感じるようになりました。現在循環器科に通院して血圧降下剤服用していますが、なかなか下がらず、毎日不整脈もあります。先生は命に関わる不整脈だからあまり気にしないようにと言われました。自律神経みたいなのでこれも更年期なのかなと思いました。更年期は終わりはないのでしょうか?現在64歳です。
みつひろ
50代 女性
2022年2月16日
指の第一間接が変形しています。小指だけだったものが今は全部の指に出ています。時々痛んでいたものがここ1年程はずっと疼く状態です。整形外科では治療法はなく痛み止をのむだけと言われました。
これもホルモンが関係しているのでしょうか?
つるちゃん
60代
2022年2月16日
閉経後より関節な腫れ
屈曲があります!
整形外科の受診しましたが、これも更年期の症状だた言われました!リュウマチの検査もしましたがリウマチではないそうです!
この腫れて屈曲した指がよくなるのであればどこへでも診察に行きたいた思っています、
ずつうもち
50代
2022年2月16日
子宮筋腫で子宮全摘しました。卵巣は残っています。生理があるときは生理前後の不調はわかり易かったのですが、不調がいつまで続くかわからず、不安です。
ゆりママ
50代 女性
2022年2月16日
目眩で動けなくなった時 心配かけてはいけないと思って多分更年期だからといったら俺もって言われた。大丈夫?を言ってもらいたかった訳ではないけど俺もって---。
悲しくなりました。
ヨコ
50代 女性
2022年2月16日
私より先に主人が更年期障害がわかり治療中です
そのせいもあり自分の不調を更年期だと思い込んでたら
二年前に狭心症で救急搬送されました
こういうケースもあります
みずまま
40代 女性
2022年2月16日
体の調子が悪く、色々な診療科に行きましたが、診断はほぼ
更年期障害でした。
違う病気かもしれないのに、よく診察もなく言われたこともあります。
どうせ病院に行っても、同じことを言われると思い婦人科を含め受診することが嫌になります。
違う病気をまず疑って、結果、特に異常が見当たらないから、更年期障害だねという、理想的なコース、診療にめぐりあうことはないように考えています。
この年齢だからこそ、更年期以外の病気も心配なのに、全て更年期のせいにする医師が多いと思っています。
にこにこ
40代 女性
2022年2月16日
ただ今45歳で更年期に入ったような感じです、娘はまだ5歳で育児のイライラなのか更年期からのイライラなのか、毎日辛いです、子供もママがいつもイライラしているので辛そうです
あんこ
女性
2022年2月16日
まさに去年から更年期に突入しました。
めまい、気持ちの落ち込み、不眠と次から次と状況が出てきました。お陰様で早くに治療にたどり着け日常生活を送れるように。一時は仕事を辞めることまで考えましたが、職場の理解もあり復帰でき良かったです。今も多少波はありますが、気持ちは楽に。家族、周りの理解は大きいと感じます。
けん
50代 男性
2022年2月16日
更年期障害と同じような症状で【バセドウ病】(甲状腺機能障害)もあるよ。
女性に多いです。
私も男性ですが血液検査で判明しました。
ちゃこ
40代 女性
2022年2月16日
以前、勤めてた職場の事ですが、更年期が酷く仕事に支障がでたらいけないと思い男女問わず、きちんと伝えていましたが、陰で男性職員が「イライラする。俺も更年期かな(笑)」と談笑しているのをみかけ、辛くなった事があります。
もずく
40代 女性
2022年2月16日
長年、腰痛と肩こり、冷え性があります。整形外科や整骨院にも行きましたが、あまり変化がなく、行かなくなりました。
更年期特有の腰痛や肩こりの診断を教えて頂きたいです。
みあお
40代 女性
2022年2月16日
かかりつけ医を見つけたくて相性の良い先生を探していたら3件目に行った先の先生に「それはドクターショッピングと言って良くない事だよ」と言われてしまい先に進めていません。
タヌキキツネ
50代 女性
2022年2月16日
女性の更年期も辛いけど、男性の更年期はもっとわかりづらいと思う。
ででっぽ
50代 女性
2022年2月16日
私は更年期なのか夫源病なのか判断がつきませんでした。
ポンキー
50代 女性
2022年2月16日
58歳になりました、1番体の変化があったのは46歳です。頭痛、眩暈、腓返り、イライラ、いじけ、全てです。医療的に問題が無いと分かった時、ならば何をしてもいいんだ!と思い自然の中を歩いたり、出かけたり、絵を描いたり、ストレッチをしたり泳いだりといろんなことをしました。バイクの免許も取りに行きました。
好きなことを可能な限りしてゆくことで症状は無くなり現在肩こりくらいです。
毎日どんなに小さなことでも新しいものを発見したり物事を覚えたりなんてことも効果があったのかもしれないし、そう言う性格なのかもしれません。
もずく
40代 女性
2022年2月16日
あさイチ、毎日楽しく拝見しています。
さて、高尾先生にお聞きしたいです。
1、病院でホルモン補充は癌のリスクがありますが、治療しますか?と言われ、更年期治療はしていません。
癌のリスクがあるのか?他に良い治療方法がありますか?
2漢方薬でオススメありましたら、お聞きしたいです。
よろしくお願い致します。
はあり
50代 女性
2022年2月16日
QRコードが時刻表示と重なり読みとれなく真ん中あたりに表示してほしいです。
ふくふく
50代 女性
2022年2月16日
私は47.8歳から、めまい、頭痛、汗とホットフラッシュに悩んでいます。
ホルモン治療、プラセンタ治療、漢方薬色々試しまし。
現在53歳今現在も頭痛、ホットフラッシュ、汗つづいています。
ホットフラッシュは、瞬間湯沸かし器のように全身が燃えるように暑くなり汗が滝のように瞬時にながれます
皆さん色々だろうけど、一言
更年期と、言う言葉、これは辛いけど
!!大人の女になったって事と!!前向きに思って付き合ってます。
まー
50代 女性
2022年2月16日
何年も苦しみました。3年間で婦人科にも5件いきました。血液検査でまだホルモンが高いからと、いつも漢方薬だけで全く効果もなかったです。更年期障害の学会の病院にも何人にも診ていただきました。最後の先生は、血液検査は変化が日々あるから。年齢と症状からホルモン剤ですぐに治療していただき、楽になりました。他に苦しんでいる人にも伝えたいです。治療してみて!と。
お年頃
50代 女性
2022年2月16日
昨年末にパートの仕事を辞めました。疲れやすく、仕事で間違いをした時に上司

から厳しい言葉を投げられて立ち直れない自分がいました。会社全体の女性の年齢が若く、私が一番上でした。気持ちが辛い毎日でモチベーションも上がらないことで結果辞めて離れると言う決断をしました。主人にも相談しても理解してもらえず毎日がとにかく気持ちが沈んでいました。今は体調に合わせた短時間で働ける仕事に就きたいとスタートしたところです。理解してもらえない事は本当に辛いですね。
ふくママ
40代 女性
2022年2月16日
45歳でめまいひどく、耳鼻科、婦人科に行きました。それぞれで同じ漢方薬を処方されました。治らず、エストロゲンの働きをする(エクオールという)サプリメントをのみ出したら、改善しました。あと、運動(カーブス)も行きはじめて続けています。もう2年半経ちますが、良い状況です。
ぐっさんナイスです。
60代 女性
2022年2月16日
私も50代に突入した頃、ホットフラッシュに悩まされました。アトピー持ちだったので、身体があたたまると痒みがひどくなり、どうにも我慢ができなくなったのですが、担当の皮膚科医に内科を薦められ内科にかかったところ、バセドー病の診断が。
似ている症状なので、血液検査をしてもらうのが一番だと思います。
さくら
40代 女性
2022年2月16日
耳鳴りも更年期の症状ですか?  静かな朝方や部屋で洗濯機がガタガタいっているような耳鳴りが続いています。現在44歳です。

耳鳴りは4ヶ月続いています。
あけちみか
50代 女性
2022年2月16日
会社の健康診断で「困っている事はないか」と女医に質問されたので「更年期が始まっているようだ」と日々の事を話したら「そんな事は人にペラペラ話す事じゃない??」とすごい剣幕で返事された何だこの女医さんは?と思ったがきっと女医さんの方が私よりも酷い更年期だったんだなぁと後から思った経験がある
まなな
50代
2022年2月16日
毎晩足が攣ります。
ひどい時は夕飯を食べている時、箸を持つ手が攣ります。
これも更年期の症状なんでしょうか。