みんなでプラス メニューへ移動 メインコンテンツへ移動

みんなでプラス

PFASとは?【インスタ画像でわかりやすく解説】

身近な製品で使われているPFAS(ピーファス)。その一部は、発がん性や子どもの発育への影響などが指摘されています。PFASとは、いったいどんなものでしょうか?イラストで解説します。

(NHK「クローズアップ現代」より)

※サムネイルの画像を矢印に沿ってスワイプすると、インスタグラム「地球のミライ」で投稿した画像の続きを見ることができます。

知っておきたいキーワード「PFAS(ピーファス)」

「PFAS(ピーファス)」とは、人工的に作られた有機フッ素化合物の総称です。
水や油をはじく効果があり、熱にも強いことから さまざまな製品に使われており、その種類は4,700以上と言われています。焦げつきにくいフライパンや防水服、自動車など身近なものに使われています。

残り続けるPFAS
残り続けるPFAS

ヒトへの有害性が指摘され、現時点ではこの3つが国際条約で製造・使用禁止に。自然界で分解されにくく、環境中に長く残留することが問題になっています。
※現在、日本で販売されている製品に上記の3つは使われていません。

アメリカの臨床ガイダンス
アメリカの臨床ガイダンス

有害性の評価は国際的にまだ定まっていませんが、アメリカでは2022年、PFASの健康影響などに関するガイダンスを新たに作成しています。

PFAS どうなっている? 環境・健康へのリスクは?

「PFAS」の一部はアメリカの研究などで、発がん性や子どもの成長への影響など有害性が指摘されています。アメリカの学術機関、全米アカデミーズでは、現在分かっていることをガイダンスにまとめています。どんなリスクがあるのか、ガイダンスの作成に携わったアメリカの専門家に聞きました。

なぜ健康影響が懸念されているのか?

コロラド公衆衛生大学院 ネド・カロンジュ准教授

「PFASはいったん環境中に放出されると、長い間残留します。私たちが体内にPFASを取り込んだ場合も同じです。PFASを含んだ水を飲んだりすれば、PFASは長い間、私たちの体内に残留します。すぐに影響することはありませんが、長期間体内に蓄積することで健康被害の懸念が出てきます」

どのようにして体内に取り込まれる?

コロラド公衆衛生大学院 ネド・カロンジュ准教授

「空気中のPFASを吸い込んだり、皮ふを介して取り込まれたりするとも考えられていますが、まだあまり分かっていません。食品を通じてPFASを取り込む可能性があります。アメリカでは牛がPFASを含んだ水を飲んだことで、牛乳からPFASが検出されたという報告もあります。魚についても報告があります」

私たちはどのくらいPFASを恐れたらいい?

コロラド公衆衛生大学院 ネド・カロンジュ准教授

「その人がどれだけPFASを取り込んでいるかによります。血液中のPFASの濃度は3~5年で半分になることが分かっています。病気を引き起こすメカニズムは、まだよく分かっていません。しかし、重大な疾患と高い関連性があることは分かっています」

日本の調査では高い値の人も…どうすれば?

コロラド公衆衛生大学院 ネド・カロンジュ准教授

「水道水などから体に取り込まれた可能性があります。継続的にPFASの摂取を減らす対策をすぐにでも始めるべきです。PFASを低減できる活性炭入りの浄水器を取りつければ、あらたな摂取は減り、時間とともに血液中のPFASの濃度は下がっていきます」

“PFAS汚染”全国マップ

指針値超え地点をすべて掲載しました。あなたの町の数値は?
“PFAS汚染”全国マップ

“PFAS汚染”全国マップ 指針値超え地点 すべて掲載
“PFAS汚染”全国マップ 指針値超え地点 すべて掲載

インスタグラムでも画像を公開中

インスタグラム「地球のミライ」では、環境問題や気候変動のほかSDGsの達成に向け、いま課題になっていることを写真やグラフィックで紹介しています。こちらも合わせてご覧ください。
インスタグラム「地球のミライ」※NHKサイトを離れます

インスタグラム「地球のミライ」はこちらから※NHKサイトを離れます

関連番組

みんなのコメント(1件)

感想
ユウノスケ
40代 女性
2023年5月25日
こんなに、健康被害に繋がると思うと、この記事を読んで良かったと感謝しています。「聡明な人は一歩ごとに考える」という言葉がありますが、こんな大切なことを掲載してくださり、感謝いたします。

担当 地球のミライの
これも読んでほしい!