みんなでプラス メニューへ移動 メインコンテンツへ移動

みんなでプラス

東京“ガチ中華”エリアマップ~バラエティー豊かな味に迫る

酢豚やエビチリ、ラーメンといった日本人向け“町中華”とは違う、本場の味の中国料理、“ガチ中華”。この数年で急増しています。東京近郊のガチ中華の広がりや、中国各地の料理のバリエーションを、地図にまとめました。日本にいながらにして、中国各地の多様な味に出会える時代です。
(クローズアップ現代取材班)

どこで食べられる? “ガチ中華”

ガチ中華を発掘し、情報発信を続ける「東京ディープチャイナ研究会」の中村正人さんによると、都内および東京近郊には、ガチ中華が集まるエリアがいくつかあります。

ガチ中華の多いエリアマップ

○埼京線沿線(新宿~池袋)
○上野・御徒町
○総武線沿線(錦糸町~小岩)
○西川口・蕨
○蒲田

中村さんたちの情報に、在住中国人人口の地図を重ねてみると、中国人の多い地域とガチ中華の多い地域がほぼ一致します。在日中国人が多く住む地域(東京都江東区・江戸川区、埼玉県川口市など)や、通勤・通学のターミナル駅周辺に出店が集中してきたことがうかがえます。

最近特にガチ中華の出店が盛んな高田馬場は、中国人留学生の多い早稲田大学が近く、中国人向けの日本語学校や大学進学塾も集中しています。成田空港にアクセスがいい上野も、店が増えています。

現在、都内にはガチ中華が少なくとも300店以上はあるとみられ、さらに大阪、名古屋、福岡などにも広がっているといいます。

中国各地からの“ガチ中華”ひしめく本場・池袋

ガチ中華の世界に触れようと、池袋を訪ねました。

駅の北西エリアを歩くと、街角には中国語の看板が各所に。駅近くの雑居ビルのエレベーターを上がると、中国の街角かと思うような風景が広がっていました。

池袋にある“ガチ中華”のフードコート

3年前にオープンした、ガチ中華のフードコート。四川料理、中国東北料理などの店が並んでいます。好きな料理を注文して中央のテーブルで食べることができ、ガチ中華入門には格好の場所です。系列店が、千葉や大阪、福岡にもできているそうです。

週末だったためか日本人のお客さんも多いようですが、中国語の会話もあちこちから聞こえます。

湖南省出身だという男性がいました。

湖南省出身の男性

「毎週食べに来ています。味が本格的で、中国に帰った気分になります」

料理は軽食が中心。

こちらは上海焼売。おこわを皮で包んでいます。
上海料理は辛くなく、日本人好みの優しい味が特徴です。

「上海焼売」
「上海焼売」

下の写真は中国東北地方の料理、「烤冷麺(カオレンメン)」。
といっても一般的な麺ではなく、冷麺の生地で肉や野菜などを包んで焼いたものです。クレープのようにも見えますが、モチモチして食べ応えがあります。

「烤冷麺(カオレンメン)」
「烤冷麺(カオレンメン)」

フードコートの横には食材店があり、調味料や羊肉などが売られていました。中国の方たちが家庭でガチ中華をつくるのに使うのでしょうか。

コロナ禍の2020年まで、日本に住む中国人は増え続けてきており、それも、広大な中国の様々な地域から移住してきています。ガチ中華は、そうした多様な中国出身の人たちのニーズに合わせて広がってきたとみられます。

フードコートの横にある食材店

さらに、中国人の間で人気だという四川料理店も訪ねました。

四川料理店

お客の多くが中国人のようです。
聞えてくるBGMは中国人歌手の歌、いったいどこの国にいるのかわからなくなります。

3人で楽しそうに会食しているお客さんがいました。

会食する3人の客

女性2人は、それぞれ中国と台湾から来日した友人同士。男性は中国人女性の上司だとか。

まさに東アジアの国際交流!

中国から来日した女性(左)
「コロナで2年以上ふるさとに帰れていないし、辛いものが好きなので、ここで本場の味を食べます。このへんは、マーラータンも火鍋も中国東北料理も台湾料理もあって、便利な池袋です!」

台湾から来日した女性(中央)
「日本料理にはこんな辛さのものはないですよね。美味しいです」

日本人男性
「辛い中にも旨味があって奥深いです。たまにどうしても食べたくなります」

この店の看板料理は「烤魚」(カオユー)。
魚を焼いてトウガラシいっぱいの鍋で煮たものです。

「烤魚(カオユー)」
「烤魚(カオユー)」

付け合わせに、カモの血を固めた「鴨血(ヤーシエ)」や、牛の胃袋・センマイもついています。四川料理は、花椒(ホアジャオ)という香辛料とトウガラシを使った、しびれるような辛さが特徴です。

“ガチ中華”で身近に!中国の多様な食文化

このように、ガチ中華といっても軽食から激辛料理までさまざまです。

「東京ディープチャイナ研究会」の中村さんによると、中国料理には代表的な四大料理(北京、上海、四川、広東)のほか、さまざまな地方料理があり、地域・風土によって食材も味付けも大きく異なっているということです。

中国各地の料理

○華北・西北エリア:
北京料理、西安料理など。羊料理や、小麦粉を使った麺・軽食が多く、塩味が強い。
○東方エリア:
上海料理。醤油ベースの甘く優しい味が多い。
○南方エリア:
広東料理、福建料理など。海や山の多様な食材を使い、あっさりした味付けが特徴。
○西南エリア:
四川料理、湖南料理、雲南料理など。トウガラシや花椒(ホアジャオ)を使った辛い料理が多い。

コロナ禍で海外旅行へのハードルが上がった昨今ですが、実は日本にいながらにして、こうした中国各地の味を楽しめる状況になっています。
身近にある異文化を楽しんでみてはいかがでしょうか。

取材協力「東京ディープチャイナ研究会」
都内のガチ中華を発掘し、食事会を企画しているグループ。
ホームページなどを通じて情報発信も行っている。

クローズアップ現代「なぜ急増?“ガチ中華”新時代の日中関係に迫る」

2022年10月19日放送 ※10月26日まで見逃し配信

ナマズの煮込みに、ザリガニのニンニク煮込み…。日本人の舌に合わせた料理ではなく、本場中国の味を出す中国料理店が都内に急増!その数300軒にのぼる。急増の謎をひもとくと、中国社会の知られざる変遷が明らかに。しれつな受験戦争や就職戦線、“頑張らない若者”の増加…。中国の若者たちは日本の価値観や終身雇用など雇用環境に共感、来日するケースが増えている。ブームから見える新時代の日中関係に迫る。

みんなのコメント(13件)

感想
んが
50代 男性
2022年10月20日
昨日、たまたま見ていた番組でこちらを見かけ、存在を知りました。
2006年まで中国に4年ほど駐在していたのですが、その後行く機会に恵まれず、本場の中国料理に飢えております。もう少しコロナが治まって来たら、是非足を運んでみたいと思いました。
特集、ありがとうございます!
感想
赤鼻熊
2022年10月20日
地方から関東に戻ってきてガチ中華が珍しくしばらく尋ね歩いたが、昔中国で食べ慣れたあっさりしたものとは違い、麻辣やザリガニやタニシや脚や頸など刺激強めのものや串焼きなど屋台料理が「ガチ中華」と言われているように感じ、あまり食べ歩きに行かなくなった。
地域差もあるが、この15年ほどで中国国内の流通が変わり四川湖南の麻辣味や火鍋は全国規模になったようだ。豚骨ラーメンが全国規模に普及したイメージとホルモンや焼き鳥屋が合体したガヤガヤしたものがガチ中華。家庭で食べる味噌汁ご飯のような家庭的なものや伝統的なものを提供する店もあるにはあるが、"ガチ中華ブーム"の陰で目立たなくなっているが、今やそれが自分にとって慣れ親しんだ故郷の味のように思える。
感想
もさ
30代 男性
2022年10月20日
池袋、川口、上野、どちらにも近いところに住んでるのでガチ中華は以前からよく食べています。
食べると身体に喝がはいる感じがするので、病みつきになっちゃうんですよね。
感想
かなやわ
30代 男性
2022年10月20日
最近はガチ中国人向け美容院とかも開業しだしてる。隔世の感。大阪だと日本橋界隈と動物園前一番街商店街界隈がガチ中華の街と化してますね。
感想
シリン(台灣旅行暦10年)
30代 男性
2022年10月19日
台灣菜や上海菜、香湊式飲茶が好き、
台灣の精進料理の台灣素食などや
漢方鍋(十全養生湯、肉骨茶、四神湯、
薑母鴨、藥燉排骨、羊肉爐、燉補排骨)
こういう料理も冬は体があったまり免疫力も上がるので
日本でももっと流行ってほしいな
感想
あれお
40代 女性
2022年10月19日
上海に6年ほど住んでいました。懐かしいガチ中華。関西でも食べれるお店教えて欲しいです。中国の人はみんな親切で優しかったです。
感想
ガオシャン
40代 男性
2022年10月19日
ガチ中華好きー!
中華八大料理、食べ尽くしたい!
体験談
ふーくー
70歳以上 男性
2022年10月19日
ガチ中華、中国出身者なら、日本で言うおふくろの味ですね。流行るのは当たり前です。
質問
みどり
60代 女性
2022年10月19日
大阪でガチ中華が食べれるお店のマップも教えて欲しいです。
感想
そら
60代 男性
2022年10月19日
いいですね辛そうだけど病みつきになりそう