スナビキソウ

塩辛い砂浜でも健気に咲く白くて可憐な“スナビキソウ”。厳しい環境の中でも決して諦めずに自分のやるべきことに邁進する人々の姿と重なるような花がテーマになっています。このうたを歌い上げるのは、みんなのうた初登場の遥海さん。日本とフィリピンの生活で培った様々な音楽的バックグラウンドを持ち、豊かな感情表現を歌声にこめています。
聴く人の心に寄り添う歌唱と今林由佳さんの温かみがある映像で、優しく癒しを感じる時間をお届けします。

【アニメーション/今林由佳さんより】
遥海さんの伸びやかな力強い歌声に励まされながら「足元に厳しさを感じても、未来を明るく信じて進むことのできる命の力強さ」に気付かせてくれる楽曲だと思いました。
映像では心象の映像化を軸に、“命の化身”となる妖精が登場します。妖精は「どんな花を咲かせられるのだろうか」と形や色を様々に想像しますが、やがて「私の咲かせられる花はこれだ」と自分の個性や夢を発見します。
それぞれの花が異なること、その豊さに輝きを感じ、じぶんの花を大切に笑顔で立ち上がりたい。そんな思いを重ねて作らせて頂きました。

【アニメーション補助】鈴木沙織

初回放送月
2021年08月〜09月
放送予定

あなたの心に残る、ぜひ伝えたい
「みんなのうた」楽曲(うた・映像)の
思い出をお送りください。

このうたの思い出を募集しています! 思い出をおくる