passion

passion

時代の空気を一気に吹き飛ばしてしまうような。
身体の内側からエネルギーがわき出してくるような。
パワーあふれる楽曲を書き下ろして下さったのは、宮本浩次さん。
2019年に「冬の花」でソロデビュー、2020年度の芸術選奨 文部科学大臣賞を大衆芸能部門で受賞。
そんな宮本さんが「みんなのうた」に登場するのは、3回目。
NHK東京児童合唱団時代、エレファントカシマシとして、そしてソロ歌手・宮本浩次として。
長きに渡って「みんなのうた」を大切に思ってくれている歌手のお一人。
60年イヤーの今年、皆さんが聞いて歌って前向きになれる楽曲をエネルギッシュな色彩の映像と共にお届けします。

【イラスト・アニメーション/MACCIUさんより】
いまコロナ禍において、私たちは毎朝一日をスタートすると同時に、 心のなかにいる自分と向き合い、さまざまな誘惑や危険への選択を行なっています。一番立ち向かうべき壁は、外の世界に蔓延するウイルスではなく、自分の内にある毎日の心の揺らぎ、この一年で私自身そう感じる瞬間が沢山ありました。
「俺の生涯に悔いなしって言いたいぜ たった一度きりの俺の人生」。この歌の冒頭の一節からも刺激を受け、今回のアニメーションでは、現実世界と心の世界を行き来し、壁に立ち向かいながら答えをみつけてゆく主人公の姿を直球で表現しました。日々の選択のなかでの静かな葛藤、周りの大切な人々とのつながりの中で、心の中にいる勇者に導かれながら自分自身を大切にすることを知る主人公の姿を、2分半のアニメーションでお届けしていきます。

初回放送月
2021年06月〜07月
放送予定

あなたの心に残る、ぜひ伝えたい
「みんなのうた」楽曲(うた・映像)の
思い出をお送りください。

このうたの思い出を募集しています! 思い出をおくる