ヨルガオ

幻か幽霊か…夜の間だけ「きみ」に会えるという、不思議な物語を、初登場のnano.RIPEが、夕刻に花を開き、香りを放ち、朝にはしぼんでしまう「ヨルガオ」に託して書き下ろした、うたです。
時は折しも夏、8月「お盆」。そして9月「お彼岸」。
幻想的な映像とともにじんわりしみる、このうたを聴きながら「今はもう会えない大切な人」「会いたいけれど会えない人」…あの人、この人に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。
きっと、このうたは、あなたにやさしく寄り添ってくれるでしょう。

【 アニメーション/外山光男さんより 】
「ヨルガオ」を初めて聴いたとき、歌声から黄色い動物の子が思い浮かびました。歌詞とメロディーを聴きこんでいくなかで、黄色いパジャマの女の子が思い浮かびました。
ずっと一緒だった2人。もう会えなくなってしまったけれど、夜の優しい光の中にそっと隠れて、懐かしい笑顔でいつも見守ってくれている。心の中ではいつだって手を繋いでいる、そんな物語を描けたらと思いました。
ほんのすこしでも心の旅に出かけるような、そんなひとときをお届けできたらとても嬉しく思います。

初回放送月
2019年08月〜09月
放送予定