父さんの汽笛

さかいゆうさんが、2年程前、実家で発見した小学校4年生のときの日記。そこには、強くて怖かった、漁師である父親への思いが拙くも、精一杯綴られていました。タイトルは「汽笛」。帰郷するたびに、父親の背中が少しずつ小さくなっていく、と感じるいま、面と向かって言えないリアルな思い、感謝の言葉がつまった、多くの人が共感できる1曲です。

初回放送月
2018年04月〜05月
放送予定