おもわく。
おもわく。

世界文学史上の最高傑作のひとつとの呼び声も高い「カラマーゾフの兄弟」。ロシアの文豪・フョードル・ドストエフスキー(1821- 1881)の代表作です。ドストエフスキーが人生の集大成として執筆したともいえるこの名著を、現代の視点から読み解くことで、「生きるとは何か」「善と悪とは何か」「本当の意味での魂の救いとは何か」といった、人生の根本的な問題を深く考えていきます。

好色で老獪な田舎地主フョードル・カラマーゾフには三人の息子がいました。激情的で熱血漢の長男ドミートリー、冷徹な知性を持つ無神論者の次男イワン、心優しき修道僧の末弟アリョーシャ。そしてフョードルが産ませた私生児と噂される使用人のスメルジャコフも。父とドミートリーの間に起こった財産相続問題を話し合うために三兄弟が集結しましたが、ゾシマ長老の仲裁にもかかわらず決裂。更に問題をややこしくしているのは、父とドミートリーがグルーシェニカという妖艶な女性を取り合っていたことでした。解決に奔走するアリョーシャは「信仰のゆらぎ」に直面しながらも少しずつ成長していきます。ところが、そんなある日、父フョードルが自宅で殺されます。果たして「父殺し」の犯人は? その究明のプロセスの中で、人類にとって根源的な問題が浮き彫りにされていきます。

この物語の中に私たちが生きる時代の原型的な姿があるというのはロシア文学者の亀山郁夫さん。農奴解放によって一見改善されたかに見えたロシアには新たな神が生まれていました。「お金」です。それは、庶民の中に静かに息づいていたキリスト教的世界観を破綻させ、人々を限りない欲望とアナーキーな自由へと駆り立てていきました。「お金」と「欲望」に翻弄される人間を描ききった「カラマーゾフの兄弟」の物語は、グローバル資本主義や未曽有の格差社会によって翻弄される現代人たちを映し出す鏡であり、そこで問われた「本当の自由とは?」「人間の強さや弱さとは?」「魂の救いとは?」「真の幸福とは?」といった問いは、私たち自身を鋭く突き刺す問いだと亀山さんはいいます。

番組では、ドストエフスキー研究の第一人者のひとり、亀山郁夫さんを講師に招き、新しい視点から「カラマーゾフの兄弟」を解説。現代に通じるメッセージを読み解き、価値感が混迷する私達現代人がよりよく生きるための指針を学んでいきます

ページ先頭へ

第1回 過剰なる家族

【放送時間】
2019年12月2日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2019年12月4日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2019年12月4日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
亀山郁夫…名古屋外国大学学長。ロシア文学者。日本のドストエフスキー研究の第一人者のひとり。
【朗読】
津田寛治(俳優)
【語り】
加藤有生子

老獪な田舎地主フョードル・カラマーゾフの三人の息子、熱血漢の長男ドミートリー、無神論者の次男イワン、修道僧の末弟アリョーシャ。財産相続問題を話し合うため三兄弟が集結したがゾシマ長老の仲裁にもかかわらず決裂。問題をややこしくしているのは父とドミートリーがグルーシェニカという妖艶な女性を取り合っていたことだった。果たしてこの問題の行方は? 彼ら登場人物は、母親の違い、性格の設定などによって、人間がもっている普遍的な問題が浮かび上がるように巧妙に設計されている。第一回は、作品の基本設定を深読みし、ドストエフスキーがこの物語に仕掛けた、彼自身の人間観や世界観を浮き彫りにしていく。

ページ先頭へ

第2回 神は存在するのか?

【放送時間】
2019年12月9日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2019年12月11日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2019年12月11日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
亀山郁夫…名古屋外国大学学長。ロシア文学者。日本のドストエフスキー研究の第一人者のひとり。
【朗読】
津田寛治(俳優)
【語り】
加藤有生子

問題解決のために町中を奔走するアリョーシャ。そんな彼にイワンは、絶対的な悪が存在する以上「神が創ったこの世界は認めない」と議論を投げかけ「人間は所詮自由の重荷に耐えられずパンを授けてくれる相手にひれ伏すだけだ」と告げる。追い打ちをかけるように尊敬する師ゾシマ長老が死亡。その死に直面したアリョーシャは信仰上の激しい揺らぎにさらされる。第二回は、「神は存在するのか」「存在しなかったとしたら全ては許されるのか」「人間は所詮弱くて哀れな生き物にすぎないのか」という、ドストエフスキーが問い続けた根源的な問いに迫っていく。

名著、げすとこらむ。ゲスト講師:亀山郁夫
ページ先頭へ

第3回 「魂の救い」はあるのか

【放送時間】
2019年12月16日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2019年12月18日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2019年12月18日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
亀山郁夫…名古屋外国大学学長。ロシア文学者。日本のドストエフスキー研究の第一人者のひとり。
【朗読】
津田寛治(俳優)
【語り】
加藤有生子

信仰のゆらぎに直面し絶望しかけたアリョーシャは、ドミートリ―を翻弄しているかに見えたグルーシェニカに出会い、はからずも彼女の中に純粋な魂を見出す。その後、棺の傍らでゾシマ長老の夢をみたアリョーシャは歓喜に満たされ、何かに打たれたように大地と口づけをする。一方、狂おしいまでに金と欲望に翻弄され続けていたドミートリ―だが、彼の情熱にほだされたグルーシェニカとついに互いの愛を確かめ合うのだった。彼らの姿には、善悪の矛盾に引き裂かれつつも、決して失われることのない生命の輝きがある。第三回は、人間は、善悪の矛盾の只中に置かれながらも、その魂の救いがありうるのかを考えていく。

ページ先頭へ

第4回 父殺しの深層

【放送時間】
2019年12月23日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2019年12月25日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2019年12月25日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
2019年12月30日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
亀山郁夫…名古屋外国大学学長。ロシア文学者。日本のドストエフスキー研究の第一人者のひとり。
【朗読】
津田寛治(俳優)
【語り】
加藤有生子

ついに殺されるカラマーゾフ兄弟の父親フョードル。いったい彼を殺しのは誰か? 真っ先に疑われ逮捕されたのが、日頃から「父殺し」を公言していた長兄ドミートリー。裁判での弁明も空しく彼はシベリア流刑に処せられる。しかし、実際に彼を殺したのは使用人のスメルジャコフだった。しかも彼は、イワンの「神も不死もなければ全ては許される」という無神論にそそのかされて実行しただけだと言いイワンも共犯だという。イワンは彼の言葉によって自分自身の隠された欲望に気づいて狂気へと追い込まれる。ドストエフスキーはこの「父殺し」のテーマで何を表現しようとしたのか? 第四回は、ついに書かれることのなかった「カラマーゾフの兄弟」の続編にも想像を膨らまつつ、人類に普遍的な欲望だとされる「父殺し」の欲望とは何かを深く探っていく。

NHKテレビテキスト「100分 de 名著」はこちら
○NHKテレビテキスト「100分 de 名著」
『カラマーゾフの兄弟』 2019年12月
2019年11月25日発売
ページ先頭へ
Topへ