おもわく。
おもわく。

「宇宙にとって人間存在の意味とは何なのか?」「未曽有の災害に直面したとき人はどう行動したらよいのか?」「本当の意味で豊かな文明とはどんなものなのか?」……人間にとって根源的な問題をSFという手法による思考実験を通して、大胆に問い続けてきた作家・小松左京(1931-2011)。卓越した日本人論,、文明論としても読み解ける小松左京作品を通して、「人間存在の意味」や「真の豊かさとは何か」といった普遍的な問題をあらためて見つめなおします。

小松左京の原点となったのは戦争体験。終戦した年14才だった小松は、「このまま戦争が続いて、自分も死ぬのだろう」と考えていたが思いもよらず生き残りました。そして、沖縄戦で自分と同年齢の中学生の少年たちが銃を持たされて多数死んでいるのを知り、「生き残ってしまったものの責任」を考えて将来文学を書こうと決意したといいます。デビュー当時は、時あたかも日本が高度経済成長に邁進していた時期。小松は日本人が忘れつつあった「戦争体験の意味」や、偽りの豊かさに溺れ見失ってしまった「真の豊かさ」を、思考実験によって浮かび上がらせることで、問い直そうとしたのです。

しかし、彼の作品は単に現状を鋭く批判するだけではありません。小松は類い希なる想像力で、「この広大無辺な宇宙の中で人間存在にどんな意味があるのか」という根源的な問題を問い始めます。最先端の科学の知見にも徹底してアンテナを張り巡らせ、人間、科学、文明のあり方を考究。人間の知性の限界を見極めながらも、どんな文明を築いていくことが人類にとって意味があるのかを問い続けます。小松作品は「人類が目指す未来はどうあるべきか」を考えるための大きなヒントを私達に与えてくれるのです。

番組では宮崎哲弥さん(評論家)を指南役として招き、小松左京が追い求めた世界観・人間観を分り易く解説。「地には平和を」「日本沈没」「ゴルディアスの結び目」「虚無回廊」等の作品に現代の視点から光を当てなおし、そこにこめられた【日本人論】や【未来論】【文明論】など、現代の私達にも通じるメッセージを読み解いていきます。

ページ先頭へ

第1回 原点は「戦争」にあり ~「地には平和を」~

【放送時間】
2019年7月1日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2019年7月3日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2019年7月3日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
宮崎哲弥…保守思想と仏教をベースに評論活動を展開。『正義の見方』『身捨つるほどの祖国はありや』等著書多数。
【朗読】
田中哲司(俳優)、中村優子(俳優)
【語り】
小口貴子

少年兵・河野康夫は本土決戦に向けて抵抗を続けるが窮地に陥り自決を図ろうとする。そこにタイムパトロールが現れ、康夫が今いる世界は未来の学者によって歪められた歴史だと告げられる。本来の歴史に修正され平和な戦後を生きる康夫。ある日なくしたはずの部隊章を偶然見つけ、この現実が欺瞞に満ちたものではないかと直覚する。1945年8月15日以降も本土決戦に突き進む、ありえたかもしれない未来を描く「地には平和を」は現代人が得た豊かさが隠蔽や欺瞞の上に成り立っているのではないかという疑問をつきつける。その原点は小松左京の「戦争体験」にあった。第一回は、「地には平和を」を読み解き、「戦争とは何か」「今の日本は本当の豊かさを得たのか」という現代人に突き付けられた問いを考えていく。

ページ先頭へ

第2回 滅びとアイデンティティ  ~「日本沈没」~

【放送時間】
2019年7月8日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2019年7月10日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2019年7月10日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
宮崎哲弥…保守思想と仏教をベースに評論活動を展開。『正義の見方』『身捨つるほどの祖国はありや』等著書多数。
【朗読】
田中哲司(俳優)、中村優子(俳優)
【語り】
小口貴子

未曽有の災害に対して日本人たちがどう立ち向かうかを描いた「日本沈没」。深海潜水艇の操縦士・小野寺と地球物理学者・田所は日本海溝で謎の海底乱泥流を発見。調査の結果数年内に日本列島の大部分が海面下に沈むという恐るべき予測を導き出す。政府は秘密裏に祖国を失った日本人が選択すべき行動計画「D2計画」を策定。パニックに直面しながら日本人たちはついにその日を迎える。この物語には、災害とそこからの復活を日本人のアイデンティティの基礎として見つめなおそうという小松の構想が埋め込まれている。第二回は、「日本沈没」で描かれた日本人たちの姿を通して、不測の事態に直面した際の危機管理のあり方や、自らの故郷が滅び去ったとき日本人のアイデンティティはどうなるのかという普遍的な問題を考えていく。

名著、げすとこらむ。ゲスト講師:宮崎哲弥
ページ先頭へ

第3回 深層意識と宇宙をつなぐ ~「ゴルディアスの結び目」~

【放送時間】
2019年7月15日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2019年7月17日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2019年7月17日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
宮崎哲弥…保守思想と仏教をベースに評論活動を展開。『正義の見方』『身捨つるほどの祖国はありや』等著書多数。
【朗読】
田中哲司(俳優)、中村優子(俳優)
【語り】
小口貴子

荒涼たる山脈の只中に隔絶された精神病院アフドゥームに収容中の美少女マリア・K。鋭い牙、頭部に生えた角など不可解な症状をもつ彼女は念動力で寝台を空中に浮かすなどの騒動を起こす。精神分析医の伊藤は、サイコダイビングによってマリアの深層心理を探りその謎を探ろうとするが、奇怪な潜在意識の底に別の宇宙につながる「超空間の穴」のようなものを見つけ、ついに「特異点」の向こう側につきぬける。人間の深層意識と外宇宙をつなぐ奇抜な小説「ゴルディアスの結び目」は小松左京がインナースペースに豊かな可能性を見つけようとした作品と読むこともできる。第三回は、「ゴルディアスの結び目」を通して、人類の内面世界に秘められた豊かな可能性や根源的な「悪」について考えていく。

安部みちこのみちこ's EYEアニメと違いすぎ!
ページ先頭へ

第4回 宇宙にとって知性とは何か ~「虚無回廊」~

【放送時間】
2019年7月22日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2019年7月24日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2019年7月24日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
2019年7月29日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
2019年7月31日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2019年7月31日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
宮崎哲弥…保守思想と仏教をベースに評論活動を展開。『正義の見方』『身捨つるほどの祖国はありや』等著書多数。
【ゲスト】
瀬名秀明(作家)…代表作「パラサイトイヴ」「BRAIN VALLEY」
【朗読】
田中哲司(俳優)、中村優子(俳優)
【語り】
小口貴子

小松左京が最晩年に取り組んだ「虚無回廊」。彼がこの作品で問いかけようとしたのは「宇宙の中での人間存在の意味」という根源的な問題だった。。地球から5.8光年の距離に突如出現した長さ2光年、直径1.2光年という驚異的なスケールの筒状物体「SS」。その構築物の謎を解明すべく、科学者・遠藤はAIを超えた「人工実存(AE)」を開発。遠藤の分身たるAEが探査に向かう。そこで、同じくSSの謎に惹かれた数多くの異星生命体と遭遇。対立と協力を繰り返しながら謎に挑んでいく。人類の知性をはるかに超えた存在に出会ったとき人間に何ができるのか? 第四回は、作家の瀬名秀明さんも交えて、未完の傑作「虚無回廊」を読み解き、「宇宙にとって人間存在にどんな意味があるのか」という根源的な問題を考える。

NHKテレビテキスト「100分 de 名著」はこちら
○NHKテレビテキスト「100分 de 名著」
『小松左京スペシャル』 2019年7月
2019年6月25日発売
ページ先頭へ
Topへ