おもわく。
おもわく。

インターネットやSNSの隆盛で、常に他者の動向に注意を払わずにはいられない私たち。その影響で、現代人は自主的に判断・行動する主体性を喪失し、極論から極論へと根無し草のように浮遊し続ける集団と化すことが多くなりました。今から一世紀以上も前に、そうした集団を「群衆」と呼び、彼らの心理を鋭い洞察をもって分析した一冊の本があります。「群衆心理」。フランスの心理学者ギュスターヴ・ル・ボン(1841 - 1931)が著した、社会心理学の嚆矢となる名著です。

ル・ボンは、群衆が歴史に表舞台に躍り出てきた原因が、西欧を支えていた伝統的な価値観が崩壊したことにあるといいます。自分たちを縛る箍がはずれた時、群衆はその盲目的な力を発動させました。人は、群衆の中にいるとき「暗示を受けやすく物事を軽々しく信じる性質」を与えられます。論理ではなく「イメージ」によってのみ物事を考える群衆は、「イメージ」を喚起する力強い「標語」や「スローガン」によって「暗示」を受け、その「暗示」が群衆の中で「感染」し、その結果、群衆は「衝動」の奴隷になっていきます。これが「群衆心理のメカニズム」です。

18世紀後半から19世紀、圧倒的な多数を占め始めた彼らが社会の中心へと躍り出て支配権をふるうようになったとル・ボンは分析し、彼らを動かす「群衆心理」が猛威を振るい続ければ、私たちの文明の衰退は避けられないと警鐘を鳴らすのです。

ル・ボンはまた、こうした群衆心理が為政者や新聞・雑誌等のメディアによってたやすく扇動されてしまうことにも警告を発します。政治家やメディアは、しばしば、精緻な論理などを打ち捨て、「断言」「反復」「感染」という手法を使って、群衆たちに「紋切り型のイメージ」「粗雑な陰謀論」「敵-味方の単純図式」を流布していきます。極度に単純化されたイメージに暗示を受けた群衆は、あるいは暴徒と化し、あるいは無実の民を断頭台へと送り込むところまで暴走を始めます。こうなると、もはや事実の検証や論理では止めることができなくなると、ル・ボンは慨嘆するのです。

「わかりやすさの罪」という著作で知られるライターの武田砂鉄さんによれば、ル・ボンのこうした分析が、SNS全盛時代における民主主義の限界やポピュリズムの問題点を鋭く照らし出しているといいます。果たして、私たちは、群衆心理とどう向き合ったらよいのでしょうか? 現代の視点から「群衆心理」を読み直し、「単純化」「極論」に覆われた社会にあって「思考し問い続ける力」をどう保っていけばよいかを考えます。

ページ先頭へ

第1回 「群衆心理」のメカニズム

【放送時間】
2021年9月6日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2021年9月8日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2021年9月8日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
武田砂鉄…ライター。デビュー作「紋切型社会」で第25回「Bunkamuraドゥマゴ文学賞」。近著に「わかりやすさの罪」「マチズモを削り取れ」。
【朗読】
長塚圭史(俳優)
【語り】
藤井千夏

フランス革命期、社会の中心へと躍り出て支配権をふるうようになった「群衆」。彼らをつき動かす「群衆心理」が猛威を振るい続ければ、文明の衰退は避けられないとル・ボンは警告する。彼は、「衝動的」「暗示を受けやすい」「誇張的で単純」「偏狭で横暴」「ある種の徳性をもつ」という5つの特徴を分析。人は群衆の中にいるとき「暗示」を受けやすくなり、その「暗示」が次々に「感染」し、その結果、群衆は「衝動」の奴隷になっていく。これがSNS時代にも通じる群衆心理のメカニズムだ。第一回は、ル・ボンによる「群衆心理」の分析を通して、それがもたらすさまざまな弊害や問題点を浮き彫りにしていく。

ページ先頭へ

第2回 「単純化」が社会を覆う

【放送時間】
2021年9月13日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2021年9月15日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2021年9月15日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
武田砂鉄…ライター。デビュー作「紋切型社会」で第25回「Bunkamuraドゥマゴ文学賞」。近著に「わかりやすさの罪」「マチズモを削り取れ」。
【朗読】
長塚圭史(俳優)
【語り】
藤井千夏

19世紀末、伝統的な価値観が崩壊し啓蒙が進んだ結果、人々からはむしろ深遠な思想は失われ、単純化した思想のみが定着していった。人々の思考能力や想像力は、見かけ上の連想のみに基づいて働くようになり批判精神を失っていく。代わりに群衆の中で席捲し始めるのは「イメージ」とそれを喚起する「標語」。たとえ誤謬であっても鮮やかで魅力的なら群衆はそれを信じるようになる。群衆心理によって、社会全体が「単純化」「わかりやすさ」のみに覆われ、瞬く間に一色に染め上げられていくのだ。第二回は、ル・ボンの洞察を通して、「単純化」が社会を覆っていくことの怖ろしさに警鐘を鳴らす。

名著、げすとこらむ。ゲスト講師:武田砂鉄
ページ先頭へ

第3回 操られる群衆心理

【放送時間】
2021年9月20日(月・祝)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2021年9月22日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2021年9月22日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
武田砂鉄…ライター。デビュー作「紋切型社会」で第25回「Bunkamuraドゥマゴ文学賞」。近著に「わかりやすさの罪」「マチズモを削り取れ」。
【朗読】
長塚圭史(俳優)
【語り】
藤井千夏

ル・ボンによれば、「群衆心理」は、為政者や新聞・雑誌等のメディアによってたやすく扇動されてしまうという。彼らは、しばしば、精緻な論理などを打ち捨て、「断言」「反復」「感染」という手法を使って、群衆たちに「紋切り型のイメージ」「粗雑な陰謀論」「敵-味方の単純図式」を流布していく。極度に単純化されたイメージに暗示を受けた群衆は、あるいは暴徒と化し、あるいは無実の民を断頭台へと送り込むところまで暴走を始める。第三回は、「群衆心理」を操るものへのル・ボンの警告を通して、為政者やメディアに扇動されたり、コントロールされないためにはどうしたらよいかを考える。

安部みちこのみちこ's EYE
ページ先頭へ

第4回 群衆心理の暴走は止められるか」

【放送時間】
2021年9月27日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2021年9月29日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2021年9月29日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
武田砂鉄…ライター。デビュー作「紋切型社会」で第25回「Bunkamuraドゥマゴ文学賞」。近著に「わかりやすさの罪」「マチズモを削り取れ」。
【朗読】
長塚圭史(俳優)
【語り】
藤井千夏

群衆心理の暴走にブレーキをかけることはできないのか。ル・ボンは人間の資質を定める「教育」にその可能性を求めた。彼は、当時席捲していた暗記中心の「詰め込み教育」が、何事も鵜呑みにしてしまう人間を育てるとして異を唱え、判断力・経験・創意・気概を育てる職業教育を拡大せよと説く。ル・ボンの議論を受けて、武田砂鉄さんは、「わからなさ」を引き受け問い続ける力こそが、現代人に求められているという。第四回は、ル・ボンが群衆心理の暴走に対して描いた処方箋を読み解き、「思考し問い続けること」の大切さについて深く考える。

NHKテレビテキスト「100分 de 名著」はこちら
○NHKテレビテキスト「100分 de 名著」
『群衆心理』 2021年9月
2021年8月25日発売
ページ先頭へ
Topへ