おもわく。
おもわく。

三島由紀夫「金閣寺」は、1950年7月に実際に起こった「金閣寺放火事件」を素材にして創作された、戦後文学の最高傑作とも称される作品です。戯曲化や映画化も果たし、今も、国内外で数多くの作家や研究者、クリエイターたちが言及し続けるなど、現代の私たちに「人間とは何か」「美とは何か」を問い続けています。番組では、戦後日本文学の代表者ともいえる三島由紀夫(1925-1970)の生涯にも触れながら、代表作「金閣寺」に三島がこめたものを紐解いていきます。

舞台は戦前から終戦直後の京都府。成生岬にある貧しい僧侶の家で生まれた溝口は、幼い頃から吃音に悩まされる感受性の強い少年。父親から「金閣寺ほど美しいものは地上にはない」と聞かされ続け、美しい景色をみては金閣寺への憧憬をつのららせて、いつしか自らの劣等感を忘れさせてくれる存在に。やがて金閣寺の徒弟となり得度した溝口は、戦争の中で金閣寺とともに滅んでいくことを夢みるようになりました。しかし敗戦が、溝口と金閣寺の関係を決定的に変えてしまいました。戦時中は「滅びゆくもの」として自分と同じ側にあったと思われた金閣寺は、自分からかけはなれた「呪わしい永遠」と化したのです。師である住職との関係、友人たちからの影響、女性との遍歴の中で深い挫折感を味わった溝口は、ついに金閣寺を憎むようになり、「金閣寺を焼かなければならぬ」と決意するに至ります。果たして、金閣寺放火に至った彼の心境の裏には何があったのでしょうか?

小説家の平野啓一郎さんによれば、この小説には「心象の金閣」と「現実の金閣」に引き裂かれながらもその一致を求め続けた主人公の苦悩を通して、現実と理想、虚無と妄信、認識と行為などに引き裂かれて生きざるを得ない私たち人間が直面する問題が刻まれているといいます。それだけではありません。三島が苦渋をもって見つめざるを得なかった日本の戦後社会の矛盾や退廃が「金閣寺」という存在に照らし出されるようにみえてきます。この作品は、私たちにとって「戦後」とは何だったのかを深く見つめるための大きなヒントを与えてくれます。更には、なぜ三島が自決という最期を選んだのかという謎にも迫れるというのです。

番組では小説家・平野啓一郎さんを講師に迎えて「金閣寺」を現代の視点から読み解き、私たち人間が逃れようのない「劣等感」や「美への憧れ」といった宿命や、「戦後社会」が私たちにとって何だったのかといった普遍的な問題について考えます。

ページ先頭へ

第1回 美と劣等感のはざまで

【放送時間】
2021年5月3日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2021年5月5日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2021年5月5日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
平野啓一郎(小説家)
【朗読】
山田裕貴(俳優)
【語り】
小口貴子

幼い頃から吃音で言語表現に困難をもつ主人公・溝口は、父親から「金閣寺ほど美しいものは地上にはない」といわれて育つ。美しい風景を眺めては「心象の金閣」の美を膨らませ続けた溝口だったが、父の死の直前、本物の金閣寺を見せられて激しく幻滅する。やがて父の遺言通り、金閣寺の徒弟となり得度した溝口は、現実の金閣と対話を続ける中で、戦火によって「滅びゆくもの」として深い一体感を感じ、悲劇的な美しさを共有するのだった。第1回では、三島由紀夫の人となり、「金閣寺」の執筆背景などにも言及しながら、三島由紀夫が描こうとした、人間がもたざるを得ないコンプレックスという宿命と、美への憧れとの葛藤に迫っていく。

ページ先頭へ

第2回 引き裂かれた魂

【放送時間】
2021年5月10日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2021年5月12日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2021年5月12日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
平野啓一郎(小説家)
【朗読】
山田裕貴(俳優)
【語り】
小口貴子

溝口は、戦時中は「滅びゆくもの」として自分と同じ側にあった金閣寺が自分からかけはなれた「呪わしい永遠」と化したことに気づき愕然とする。その後、足に障害のある柏木という男と友人になる溝口。自らの障害を利用して女性たちの関心を集めては関係をもつという悪魔的な柏木に影響を受ける。「認識」によるニヒリズムこそが人間を解放すると説く柏木に共感を抱く溝口だったが、女性と関係をもとうとするたびに金閣が眼前に現れ、その行為を阻まれ深い挫折感を味わうのだった。第2回は、柏木のニヒリズムと、金閣が保証してくれる絶対的な美との間で引き裂かれる溝口を通して、人間は虚無感を超えて生きていくことができるのかを問う。

名著、げすとこらむ。ゲスト講師:平野啓一郎
ページ先頭へ

第3回 悪はいかに可能か

【放送時間】
2021年5月17日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2021年5月19日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2021年5月19日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
平野啓一郎(小説家)
【朗読】
山田裕貴(俳優)
【語り】
小口貴子

溝口は住職とその愛人の芸妓を街頭で目撃し、彼女の写真を住職が読む新聞にそっとしのばせる。それは住職を試す行為でもあったが、住職の振る舞いは全く変わらず黙殺される。何をやっても手応えのない住職のありようは、三島がいらだちをおぼえ続けた戦後社会そのものだった。その後、、溝口は、生まれて初めて女性との行為によって快感に達するが全く虚無感は去らない。出口のない苦悩の中、朝鮮戦争勃発の知らせに世界の破滅を予感した溝口は、ついに金閣寺放火を決意するのだった。第3回は、「金閣寺」という作品に象徴的に描かれた戦後社会のありようを読み解き、三島が直面した戦後社会の矛盾や困難を浮き彫りにする。

安部みちこのみちこ's EYE
アニメ職人たちの凄技アニメ職人たちの凄技
ページ先頭へ

第4回 永遠を滅ぼすもの

【放送時間】
2021年5月24日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2021年5月26日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2021年5月26日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
平野啓一郎(小説家)
【朗読】
山田裕貴(俳優)
【語り】
小口貴子

金閣寺放火を決行に向けて突き進む溝口。彼の前に禅海という僧侶が現れ、溝口は初めて深く理解されたという経験をする。このことをきっかけに、ついに放火に踏み切る溝口だったが、一緒に滅びることを金閣寺に拒絶されてしまう。燃えさかる金閣寺を山上から見つめながら「生きよう」と決意するのだった。果たして、「永遠を滅ぼす」と語った溝口の境地とはいかなるものだったのか? 第4回は、溝口による金閣寺放火の真の動機やその行為の意味などを明らかにすることで、三島が戦後社会に対して何をなそうとしていたのかや、最終的に自決を選んだ理由などに迫っていき、私たちにとっての「戦後」の意味をもう一度深く考える。

NHKテレビテキスト「100分 de 名著」はこちら
○NHKテレビテキスト「100分 de 名著」
『金閣寺』 2021年5月
2021年4月25日発売
ページ先頭へ

こぼれ話。

「現実」と「観念」の剥離を乗り越える

「金閣寺」を取り上げようと最初に思ったきっかけは、折々に感じてきた「現実」と「言葉」「観念」の剥離感でした。Qアノンに代表される陰謀論が蔓延していく過程で驚いたのは、これがトランプ政権下のアメリカだけでなく、日本でも、いやそれだけではなく、ごくごく身近なところにも蔓延しているところ。荒唐無稽ともいえる陰謀論なのですが、どこか人間の本能を惹きつけるものがあるのでしょうか? 到底常識では信じがたいような言説をまるごと信じ込み、周囲に拡散している人がびっくりするくらいに多い。いったい、何が起こっているのだろう。

そんな疑問の中で、なぜか「金閣寺」のことが思い浮かびました。高校時代に耽読し、その後も、ことあるごとに読み返してきた「金閣寺」。この「金閣寺」の中に、独特な形で「現実」と「言葉」「観念」の剥離感が見事に描かれていました。作品の中では「現実の金閣」と「心象の金閣」の剥離として表現されていました。「心象の〇〇」の肥大化、そして現実からの剥離…。これこそが今、私たちを取り巻く現実の中で起こっていることではないか。この気づきが、私の心を貫きました。これは、人間誰にでもに起こりうる分裂ではないか。人間が言葉を使う動物である以上、程度の大小はあれ、必ずはまり込んでしまう普遍的な問題だ。そんなことを再読しながら思ったのです。

「金閣寺」を番組で取り上げることで、今、私たちが置かれている状況を鋭く見つめなおすことができるのではないか。そんな思いから数多くの「金閣寺」論を読み込んできました(本当にたくさんありました)。そんな中でひときわ光芒をはなっていたのが、「モノローグ」というエッセイ集の冒頭で、小説家・平野啓一郎さんが展開していた「金閣寺論」だったのです。

この論考は、まさに私が考え続けていた「現実」と「言葉」「観念」の剥離感を一つの軸として、極めて怜悧に「金閣寺」という作品を解剖してみせてくれます。「怜悧に」と書きましたが、そこには独特の「熱さ」も併存していました。それは、平野さんが、この作品を読んだことが文学の世界に入るきっかけだったという背景もありますが、更にいえば、単なる分析に終わらない、三島自身の内面に迫る「創造的な批評」になっているところが、その「熱さ」の秘密ではないかと思います。

このバランスで解説してもらえたら、現代人にとって「金閣寺」がいかに重要な作品を思い起こしてもらえるのではないか。そして、この「金閣寺論」よりも、さらにディープに、かつ一般の人にも近づきやすいようなスタイルで、伝えてもらえるのではないかと思いました。その目論見は、平野さんのおかげで、想像以上の形で達成されたと思いますし、番組をご覧いただいた皆さんも、ご納得いただけたのではないでしょうか?

こんな小さなサイズの話に切りつめてしまっていいのかという迷いはありますが、私自身がずっと「金閣寺」に対して考えてきて、今回の平野さんの解説のおかげで、くっきりと像を結んできた、私自身の「金閣寺」の読み方について最後に書かせていただきます。

私自身、溝口という、普通だったらなかなか共感できないような主人公の思いが、胸に迫ってきた時期がありました。それは、いろいろな不祥事が起こり自分が所属する組織に対して、大きな幻滅を感じていた時期のことです。実は、私自身大きな理想をもってこの組織にはいってきた経緯から、この組織の素晴らしい側面にのみ心を奪われて、さまざまな判断基準の全てが「個」ではなく「組織」のみだったという若き時代があります。私は、世でいうところの「会社人間」でした。

もちろん、溝口のように「焼かなければならない」とまではなりませんでしたが、理想が大きかっただけに幻滅も大きく、仕事をする意味を失いかけたことがあるのです。そのまま、突き抜けてしまえば、私は、もしかしたら溝口のように「組織を辞める」といった激しい行為に走っていたかもしれません。しかし、ある取材相手の方との出会いから思いとどまることができました。その人は、自分が不利な立場になるかもしれないというのに、「私が証言することで世の中が少しでもよくなるのであれば」といって取材に応じてくれたのでした。

私は、このとき心の底から思いました。「組織の論理ということではなく、彼女のような人たちのために番組を作ろう」と……。いわば、「視聴者の目線」という大きな価値観の軸を深く意識することができるようになったのです。この経験は、私をとても自由にしてくれました。いわば、「認識」を変え、その上で「行為」を変えることができました。私はこのことで、「金閣寺」の作中に書かれた「認識」と「行為」の対立に対して、一つの解決を見出すことができたのでした。

「金閣寺」登場人物の溝口と柏木の間でも、「世界を変えるのは認識か、行為か」という議論が繰り返しなされます。「認識」こそが世界を変えるという柏木に対して、溝口は最終的に「世界を変えうるのは行為だけだ」という結論に至り、金閣寺を焼くという行為に走ることになります。これは、最初に述べた「現実」と「観念」(「言葉」)の剥離を乗り越えるひとつの方法だったのでしょう。それは、戦前と戦後の価値観にその身を引き裂かれた三島由紀夫が、作品を通して乗り越えようとしたラストシーンだと読むこともできます。三島が一身を賭けて書き残したこの作品は、深く読めば読むほど、自分自身に訴えかけてくるところが必ずあると思います。

私自身は、番組を終え、あらためて「認識」と「行為」は、二項対立するものではなく、深く絡み合ったものではないかと思えました。溝口の心の葛藤の軌跡を深く追うことで、「いや、自分は、溝口のように極論に走らずとも、認識を変え、そのことで行為すらよい方向へ変えることができるのだ」と考えることができたのです。これも、数多くある読みの中の一つにすぎないと思います。ですが、「金閣寺」は、こんなにも、自分の人生について深く問うてくる存在なのです。皆さんも、番組を見終わったあと、初読、再読に限らず、「金閣寺」本編にチャレンジしていただけたらと強く願っています。

「金閣寺」という作品と、平野さんの解説に学んだことがまだまだ数多くありますが、紙幅と締め切りの限界がきてしまいました。もし可能であれば、続きをどこかで書いてみたいと、今、思っています。

ページ先頭へ
Topへ