おもわく。
おもわく。

「ロビンソン・クルーソー」「モル・フランダーズ」などの名著の作者として知られる18世紀イギリスの作家、ダニエル・デフォー(1660- 1731)。彼が、ロンドンの人口の2割が死亡したというペスト大流行(Great Plague of London)の体験を後世の教訓にしようと、膨大な資料を駆使して小説化した作品が「ペストの記憶」です。

1665年、イギリスの首都ロンドンをペストが襲いました。「ペストの記憶」は、この実際に起きたできごとを、パンデミック下のロンドンを生き延びる架空の主人公の視点で克明に描いた、実録とフィクションのあいだにある独自の文学作品です。当初は少しずつ死者の数が増減していたのが、いつの間にか爆発的な流行へと変化する様子。患者を出したため、行政によって封鎖されてしまった家に住む人々の苦悩。田舎に停泊する船上に逃げ、あるいは自宅を固く閉ざしてペストを遠ざけた人々のドラマ。ペストにかかった人々の示す多様な症状と、彼らを襲う絶望。さらには、人々の恐怖につけこんで儲けようとする者や、他人との接触を恐るあまり人々のとった滑稽な行動などなど。個人の視点、社会の視点、行政の視点のすべてを含む、様々な切り口でパンデミック下の世界が描かれています。

ここに現れる人間たちの姿を見ると、現代の私たちとあまりに重なる点が多く、驚かずにはいられません。それは何よりも、本書が1665年のペスト大流行という具体的な事象を扱いながらも、独自の書法によって普遍的な人間のあり方を極めて生々しく描くことに成功しているからだと、英文学者の武田将明さんはいいます。その意味で、この作品は、新型コロナウィルス禍に苦しむわれわれ現代人たちに、さまざまなケーススタディと貴重な教訓を与えれくれる作品なのです。

番組では、武田さん(東京大学准教授)を指南役として招き、パンデミックの問題を鋭く描ききった屈指の名著「ペストの記憶」を分り易く解説。この著作に現代の視点から光を当てなおし、そこにこめられた「パンデミックとどう向き合うか」「危機管理のあり方」「生命の安全と経済問題の葛藤」といった、現代の私達にも通じる問題を読み解いていきます。

ページ先頭へ

第1回 パンデミックにどう向き合うか?

【放送時間】
2020年9月7日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2020年9月9日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2020年9月9日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
武田将明(東京大学准教授)…英文学者。デフォー「ペストの記憶」、「ロビンソン・クルーソー」など訳書多数。
【朗読】
福士誠治(俳優)
【語り】
内藤裕子

デフォーは、『ペストの記憶』の中で、疫病が流行しているとき、どのような心構えが必要かについて入念に記している。デフォーはペストを単に肉体的な病気として見るのではなく、その精神的な影響にも注目していた。その認識は、作品の各所で描かれ、この著作の文学的な価値を高めている。第一回は、パンデミックを前に、人はどのように精神の健康を保つことができるのだろうかを作品を読み解きながら考える。

ページ先頭へ

第2回 生命か、生計か? 究極の選択

【放送時間】
2020年9月14日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2020年9月16日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2020年9月16日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
武田将明(東京大学准教授)…英文学者。デフォー「ペストの記憶」、「ロビンソン・クルーソー」など訳書多数。
【朗読】
福士誠治(俳優)
【語り】
内藤裕子

『ペストの記憶』のはじめの方で、語り手のH.F.はペストを逃れるために田舎に疎開すべきか、商売のためにロンドンに残るべきか悩む。他にも、疫病の蔓延を防ぐことと、経済活動を維持することとの矛盾は、本書の至るところに見てとれる。それらの描写は、まさに新型コロナウィルス禍の中で世界中の人々が直面している問題と重なる。第二回は、パンデミックのさなかで、人間はどうやったら、生命の安全と経済を両立できるのかを考える。

名著、げすとこらむ。ゲスト講師:武田将明
ページ先頭へ

第3回 管理社会 VS 市民の自由

【放送時間】
2020年9月21日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2020年9月23日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2020年9月23日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
武田将明(東京大学准教授)…英文学者。デフォー「ペストの記憶」、「ロビンソン・クルーソー」など訳書多数。
【朗読】
福士誠治(俳優)
【語り】
内藤裕子

『ペストの記憶』は、ロンドンの行政府がいかに手際よくペストに対処したかを褒め称える一方、感染者を出した家屋の封じこめや、ロンドンからの逃亡者への厳しい措置が生んだ悲劇について、さらには特に貧民に被害が拡大したことについても記されている。その上で、行政が市民の身体を管理する、という近代的な政治のあり方について鋭く問いかける。第三回は、パンデミックに対して、行政府の政策はどこまで有効で、どのような問題を孕んでいるのかを考える。

ページ先頭へ

第4回 記録すること、記憶すること

【放送時間】
2020年9月28日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2020年9月30日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2020年9月30日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
武田将明(東京大学准教授)…英文学者。デフォー「ペストの記憶」、「ロビンソン・クルーソー」など訳書多数。
【朗読】
福士誠治(俳優)
【語り】
内藤裕子

『ペストの記憶』は、実際にあったペスト流行について、当時の記録を参考にしながらリアルに再現した記録文学であるが、同時にフィクションとしての魅力も備えている。『ロビンソン・クルーソー』の作者としても知られるダニエル・デフォーは、どうしてこのような形で彼自身の幼少期に発生した大事件を記録したのだろうか。その書き方には、後世の人々の記憶に残るように事件を記録するにはどうしたらよいかを考え抜いたデフォーの思いが込められている。第四回は、パンデミックなどの大災害について私たちがいかに記録し記憶すべきなのかを、作品の全体を通した作者の筆致から考える。

NHKテレビテキスト「100分 de 名著」はこちら
○NHKテレビテキスト「100分 de 名著」
『ペストの記憶』 2020年9月
2020年8月25日発売
ページ先頭へ
Topへ