ページの本文へ

WEBニュース特集 愛媛インサイト

  1. NHK松山
  2. WEBニュース特集 愛媛インサイト
  3. 「龍伝説」は水害の教訓知らせる“いにしえ”からのメッセージ

「龍伝説」は水害の教訓知らせる“いにしえ”からのメッセージ

(2024.6.11放送)
  • 2024年06月17日

梅雨時、大雨災害に注意警戒が必要な時期です。2024年は辰年ですが、実は”龍”の伝説には水害や土砂災害が出てきます。県内各地に伝わる龍の伝説を通して、研究者が防災を呼びかけました。
【ラジオ第1「ひめゴジ!」より パーソナリティー 岸本南奈】

災害の歴史に詳しい研究者  大本敬久さん

大本敬久さんは、地震や水害など県内の災害の歴史に詳しい研究者で、過去から学び、今後予想される災害へ備えてほしいと、情報発信を積極的に行っています。
西予市にある愛媛県歴史文化博物館で20年余り専門学芸員を務め、博物館では、お祭りなどの伝統行事をテーマにした展示を担当しています。伝統行事などを調査する中で「災害」に由来するものの多さに気づき、災害の歴史を調査し始めました。東・中・南予ごとに龍伝説が見られるということで、それぞれご紹介いただきました。

【中予】竜姫宮:松山市奥道後

少なくとも300年前から松山市奥道後に伝わる竜姫宮(りゅうきぐう)の伝説。

—江戸時代の初め頃、奥道後の「湧ヶ淵」に大蛇が棲み、美女に化けて、通る人に危害を及ぼしていた。そこで、地元の城主・三好家の長男が鉄砲を撃って退治し、それ以来、怪しい美女は現れなくなった。その蛇の頭の骨を祀った祠が竜姫宮—

石手川ダムから少し下流で、温泉旅館施設がある辺り。切り立った淵で水の流れが速く、土砂災害なども起こりやすい場所です。

奥道後の湧ヶ淵

歴史上、龍と蛇を混同して語っているケースが見られますが、龍が出る、蛇が出るという伝説には危ない場所だと、多くの人に知らせる役割があります。 

【中予】「大崩壊物語」:東温市

東温市に伝わる「大崩壊(おおつえ)物語」

ーある娘と男が結ばれたが、実は、男は蛇の精霊だった。娘は身ごもっていたが、生まれたのは蛇の子。驚いた一家が蛇の子を皿ヶ森に葬った。それを知った蛇の精は嘆き悲しみ、黒雲を呼んで龍になり天に昇った。すると大雨が七日七晩降り続き、地鳴りが起こり山津波が人家を襲った。人々は竜神様に一心不乱に祈り続け、祠を立てた―

実際に東温市の皿ヶ森近辺の川沿いは、東温市のハザードマップでも、土砂災害警戒区域に指定されています。

【東予】「龍川橋」

新居浜市立川町にある橋「龍川橋」(たつかわばし)
立川町(たつかわちょう)はマイントピア別子や旧別子銅山東平地区がある地域です。大正時代に作られた橋で、頻繁に氾濫していた川がありました。そこに橋が架かった橋の名前が“龍川橋”。近くには龍河神社ができました。

龍川橋の石碑
龍河神社の石碑

【南予】蛇骨堂(大蛇伝説):西予市

西予市宇和町伊延(いのべ)に伝わる蛇骨堂(大蛇伝説)

―領主の宇都宮永綱が多田に住むという大蛇を退治し、その大蛇を供養するために建てられたという言い伝えがある―

西予市宇和町伊延は土砂災害の恐れがある場所。蛇が通ったような跡が残るため、土石流のことを「蛇抜け」といいます。

【南予】拝竜権現:大洲市

大洲市森山の拝竜権現(はいたつごんげん)に伝わる話。今も当時をしのぶ祠が残っています。

―肱川の洪水が竜の神様の仕業とされて、その祟りを避けるために、毎年3月3日の朝3番目に通る人(のちには獣類)を人身御供にしていた―

【南予】龍王池:八幡浜・大島

八幡浜の大島にある龍王池に伝わる伝説。

―もともとの八幡浜の保安寺というお寺の池にいた龍が、成長して手狭になった際に現在の八幡浜大島の池に引っ越そうと、娘の姿に化けて貧しい漁師に連れて行くように頼んだ。島につくと龍は姿を現し、漁師に「私のことを口外しなければお礼に大漁にする。」といって、去った。するとそれ以来豊漁続きで、大金持ちになったが、人に龍の話をしたら不漁になり、また貧乏に戻った。ただ龍は人々への恩を忘れず、雨乞いをすれば、雨を降らしてくれたそう―

「龍伝説」は”いにしえ”からのメッセージ

龍伝説は、自然の脅威や災害の教訓を知らせる”いにしえ”からのメッセージです。氾濫する川になすすべがなかった昔の人たちが、荒ぶる龍が水害をもたらしていると考えて、神社や祠を作りました。龍にちなんだ伝説やゆかりの場所は、地域の災害の記憶を共有する財産。
皆さんがお住まいの地域の近くにもあるかもしれません。”いにしえ”からのメッセージにぜひ耳を傾けてほしいと、大本さんは龍伝説を通じて「防災」を呼びかけました。

ひめゴジ!

ラジオ第1(愛媛) 月曜~木曜 午後5時05分から放送中
※放送終了後、聴き逃し配信もあります

  • 岸本南奈

    岸本南奈

    2023年からラジオ番組「ひめゴジ!」と「ホッと!四国」のパーソナリティーを務める。
    好きな伊予弁は「まっちゃま」(松山)

ページトップに戻る