ページの本文へ

WEBニュース特集 愛媛インサイト

  1. NHK松山
  2. WEBニュース特集 愛媛インサイト
  3. 松山市出身 俳人 神野紗希さんが選ぶ「小さないきものを詠んだ俳句」

松山市出身 俳人 神野紗希さんが選ぶ「小さないきものを詠んだ俳句」

  • 2024年05月09日

5月の「俳句でポン!」では、兼題『小さないきものを詠んだ俳句』に全国から293句寄せられました。松山市出身の俳人神野紗希さん選の俳句を解説とともに紹介していきます。
特集の内容はNHKプラスで配信中の「ひめポン!」(NHKGTV午後6時10分~)でご覧いただけます。

画像をクリックすると見逃し配信が見られます!見逃し配信は5/14(火) 午後6:59 まで

特選

満月の温み萱鼠かやねずみの鼓動
愛知県 みやこわすれ

この句からわかるポイントは【命の重心を捉える】です。温度を伴った鼓動が、小さな命の核となって、句を支えています。小さな命にも、必ず重心、中心があります。その核を射止めると、命の尊さがしっかりと描き出せます

番組紹介句(神野さん選10句)

【大小を取り合わせた5句】
晩春の震度六弱ダンゴムシ (松山市 山内貞市)
イーゼルにまとはる子猫モンマルトル (神奈川県 巴里乃嬬)
無人駅1番ホーム天道虫てんとむし (松山市 香都)
豊年海老のくるくる回る青田かな  (松前町 ゆすらご)
雲の峰ボルボックスに成りました (松山市 ツナみなつ)

一句目は先日の地震ですね。大きな天変地異と、小さなダンゴムシの命が、対比をなしています。二句目はパリのモンマルトルの広場でイーゼルを立てて絵を描いているのでしょう、小さな子猫もいきいきと今を謳歌しています。豊年海老やボルボックスといった極小の生きものも、肉眼で捉え難くとも句に詠むことでその存在を確かめることができます

【小さな命にフォーカスした5句】
発つ前の羽ばたき熱しちょう生まる (今治市 あいむ李景)
風信子ひやしんすハムスターにも小さき牙  (松山市 ほろよい)
扉開ければ豆腐に鎮座せる飛蝗ばった (大阪市 島田和子)
蜘蛛くもの子よ何度でも逃がしてやるさ (今治市 もひー)
またひとつ波紋見つけりあめんぼう (西予市 つむぎっこ)

今度は【小さな命にフォーカスした5句】です。小さな命の、「生きている」という感じを引き出す描写が大切です。一句目は「羽ばたき熱し」、二句目はハムスターに「小さき牙」を見つけたのが発見です。三句目は豆腐の上のバッタ!衝撃の瞬間がリアルです。四句目は「逃がしてやるさ」の呼びかけに愛を感じます。しっかり描写することで、命の輪郭がより濃く描かれるんですね

添削

プランクトン無限に秘めて春の海(松山市 ほしむすび)

プランクトン光を吸うて春の海

✏添削のポイント
1つ目のポイントは、【全体の一つに焦点を】です。まさに海には無限のプランクトンがいるのですが、「無限」と言ってしまうと漠然としてしまいます。プランクトンの一個の命に焦点を絞りましょう。〈プランクトン光を吸うて春の海〉とすると、一個のプランクトンのイメージも保ちながら、春の海全体が有機的に光り出してくれます

隠れ身の速さ憎らし油虫(四国中央市 あぽろ)

隠れ身の速さ見事や油虫

✏添削のポイント
2つめのポイントは【どんな命も讃える】です。油虫はごきぶりのこと。さっと隠れる速さはまさに「憎らし」いんですが、俳句ではそのごきぶりの命を讃え、あえて肯定してみましょう。〈隠れ身の速さ見事や油虫〉憎らしさもありつつ、敵ながらあっぱれという気持ちよさが生まれます。どんな命も、尊重する視点をもつと新鮮な句が生まれます

佳作

暖かや文鳥おでこに止まらせて  (東京都 阿部八富利)
蜻蛉とんぼの生まる日曜日の艇庫 (大分県 樫の木)
みじんこの手足せはしき四月かな (松山市 ひでやん)
春愁を詰め込むハムスターの頬 (松山市 一走人)
くさかげろふ地下鉄に空さがしをり (松山市 深山むらさき)
蝙蝠こうもりや空切り裂きて夜を呼ぶ (松山市 直線的)
夏近し濁点となるほどの虫 (新居浜市 越智勝利)
給油所の外階段の戸を守宮やもり (四国中央市 星月彩也華)
雲雀ひばり平安の溝跡深し (西条市 龍真さん)
片翅かたばねや風知らぬまま白き蝶 (松山市 夏村波瑠)

NHKプラス配信終了後は、下記の動画でご覧いただけます。

次の兼題は?

次回の俳句でポン!の放送は6月3日(月)の放送予定です。
次回の兼題は「定点観測した俳句」です。窓から見る空、駅までの風景など、生活の中で毎日見ているものを俳句に詠んでみましょう。ささやかな変化、変わらないもの、何か発見があると思います。ぜひお寄せください。
応募は、ひめポン!のホームページからお願いします。
締切は5月24日(金)午後7時です。お待ちしています。

ページトップに戻る