軽四キャンピングカーがゆく 香川県小豆島町

※ 車のマークをクリックすると詳細が見られます

香川県小豆島町

小豆島町で最初に出会ったのは、釣りをしていた稲葉さん。薫くん「釣りをやってみたい」と思っていたので、その夢がかないました。釣り竿はうまく振れなかったけれど・・・近くにオリーブ畑があることを教えてもらいました。

香川県小豆島町

オリーブの木の近くで出会った、定年後オリーブ栽培を始めたご夫婦が、裏にあるオリーブ公園を案内してくれました。収穫の時期は終わっていましたが、偶然にもオリーブの実を見ることができました。さらに、明治時代、小豆島にオリーブの栽培を成功させた方の子孫(4代目)棟保さんを紹介してもらい、旬の味覚、オリーブの漬物もいただきました。お酒が欲しくなるクセになるおいしさでした。

香川県小豆島町

景色のいいところで車中泊をしたいと車を走らせていたら、散歩している人を発見。対岸の兵庫県や淡路島、徳島県も見渡せる大パノラマの南風台という場所へ連れて行ってくれました。すばらしい眺め!所有者の方に連絡を入れここで車中泊!いい場所を教えてくれた後藤さんありがとうございます。

香川県小豆島町

後藤さん、さらに穴場スポットも教えてくれました!それは「希望の道」。引き潮の時には、対岸の島まで渡れる場所。祈りながらこの場所を歩けば夢がかなうんだって。でも今回はタイミングが合わず、道は現れませんでした。残念!でも海はすごくきれい。

香川県小豆島町

皆さん知ってました!?小豆島は、400年も前に石の産業で繁栄したことを!島の北東部には、岩肌があらわになった斜面がたくさんあったんです。長年石材店を営んでいる田村さんに聞くと、小豆島は大坂城の石垣に使われるくらい、いい石が取れるんですって。しかも当時運びきれなかった石には、謎の文字が刻まれていました!その印は黒田官兵衛の息子の長政が連れてきた石工が記したものだって!知っている武将の名前が出てくると興味もすごく沸いて楽しかったです。皆さんも行ってみてください。

香川県小豆島町

おやつが食べたくなる午後3時。町に戻ってきたところ、子どもたちが遊んでいる広場を発見!行ってみると、初めて見る薫お兄さんにみんな大興奮。子どもたちの間ではやっている「氷鬼」という鬼ごっこをすることに。元気な子どもたちに薫くん、タジタジになったけど、地元で有名なジェラート屋さんの情報をゲットできました。

香川県小豆島町

町で1軒のジェラート専門店。小豆島町で生産される旬の食材にこだわって、常に十数種類のジェラートを作っています。一番人気は、町の特産品のお醤油のジェラート。薫くんが食べたのは塩のジェラートで、バニラの甘さとココアクッキーのほろ苦さ、お塩の程よい塩味のバランスが良かった~このお塩は、島の中でもたった1軒しか作っていない貴重なお塩で、今回食べられたのはラッキーって、このジェラートに出会って小豆島に移住してきた日下さんに教えてもらいました。

香川県小豆島町

今回のデイキャンプは、過去最高?25人もの人が集まってれました。薫くん、子どもたちからはパワーをもらい、年配の方たちからは知識をもらいました。小豆島は景色もいいし、食べ物もおいしいし、人もいいと、3拍子揃った町です。会う人会う人から、いろいろな情報をもらって、訪ねられなかったところがたくさんあったので、またふら~と来たい町ですね。

軽四キャンピングカーがゆく 香川県小豆島町へのアクセス 軽四キャンピングカーがゆく 香川県小豆島町へのアクセス

かおるくん 車中泊ライフ

かおるくん 車中泊ライフ

今回は、湯たんぽを使ってみました。実は湯たんぽって使ったことがなかったんですけど、早い時間から寝袋の中に忍ばせておいて、いざ寝袋の中に入ってみると寝袋がホカホカなんです。気持ちよかった~ぐっすり眠れました。しかも朝まで暖かくて、湯たんぽのお湯を使って朝、洗顔をしたんですけど、丁度いい温度で助かった~寒い冬のアウトドアにあると便利なアイテムでした。

軽四キャンピングカーがゆく 高知県奈半利町

掲載している情報は2020年1月31日時点のものです。

軽四キャンピングカーがゆく 次回は・・・
▲ ページの先頭へ