NHK松山放送局 アナウンサー・キャスターページ

ホッとする「白いご飯」のようなアナウンサーに

アナウンサー・キャスターインタビュー田中朋樹

2022年、福島局から松山局へ。現在は主に「おはよう四国」などニュースを担当。
愛媛での暮らしやこれまでの仕事で思い出に残っていることを聞きました

愛媛にきて半年ほどたちました。愛媛での暮らしはどうですか?

前任地の福島では、冬場は最高気温が0度を下回る「真冬日」も珍しくなかったのですが、温暖な愛媛・松山の冬は助かります。雪も積もらないですしね。
が、この冬は例年より寒さが厳しかったので、あれ?ここ松山だよね?寒いな…というのが実感でした(笑)

前任地は福島。復興していく町で暮らして感じたことを教えてください

2021年11月まで暮らしていた福島市は内陸部の「中通り」という地域だったことや、東京電力福島第一原子力発電所の事故で漁業がダメージを受けたこともあって、魚の安全は検査済みでも漁獲量が少ないため、「常磐もの」の美味しい地魚になかなか出会えませんでした。愛媛に来て、地魚がすぐ手に入り、しかも美味しいと感じます。
震災・原発事故からの復興に向けてみんなが頑張っています。元気になりつつあることもありますけど、11年がたった今も、人が暮らすことができない「帰還困難区域」はまだまだ残っていますし、人が暮らしていた場所に、本来いるはずの人がいない・営みがない、何とも言えない寂しさを感じました。
できることなら全国の人に、福島県の被災地に行って、あの空気感を体感してほしいですね。

アナZONEトップ
ページトップに戻る