NHK松山放送局 アナウンサー・キャスターページ

アナウンサーとして大切にしていることは何ですか?

いくつかあります。まず、自分のことばで伝えること
そのために実感する、理解する、納得する、本音を大切にする。取材相手や目の前の原稿に対して、きちんと向き合う、というか。自分の中でなるほど、と腹に落ちた、体にしみこんだものは自信を持って伝えられるし説得力が出てくる。表面的に整えても伝わり方は弱くなってしまうんではないかな、と。ことばを探しながら詰まってしまっても、その人が感じていることは伝わるんじゃないかなと思っています。なので、出来るだけ自分の素直な目で見て感じたことを大事にしています。
次に、体調管理。声の出方も体調によって変わってきますから。私の健康法っていうほどでもないですけど、休めるときはしっかり寝る、大事です(笑)。
あとはざっくりとした言い方なんですけれども放送では“明るく元気に”を心がけています。番組の内容によってはトーンを落として伝えなければいけないこともありますが、基本として見たり聞いたりしている人たちが明るくなるように、と心がけています。
それから聞くことが大事。相手の話をよく聞く。じっくり聞くというのは取材相手のことばに耳を傾ける。大事なことばが出てくるのをじっくり待つ。若いうちはそれが難しくてね、自分のことでいっぱいになって、余裕がなくてね~(笑)。自分がどう伝えるかということだけではなくて、どう耳を傾けるかというのもアナウンサーの仕事として大事なことだと思っています。

これからやってみたいことを教えてください

趣味でいうと50歳くらいで始めた山登り。
四国に来てからも石鎚山に2回登って、他の山にもいくつか登りました。四国山地を泊まりながら縦走したいなと思ってます。海が魅力的なのでこの夏はシーカヤックにチャレンジしたいとも思っています。
あとは、愛媛県内子町ご出身の大江健三郎さんの作品をすべてとは言わずとも読破して、ノーベル賞作家の思考を追体験してみたいな、と。
仕事では、アナウンサーとしての後半はニュースを伝える仕事をずっとやってきたので大事な情報を分かりやすく伝える、ということがこれからも長く続けられたらなと思います。

アナ・キャスリレーインタビュー

小見アナウンサーから鈴村キャスターへの質問

小見アナウンサーから鈴村キャスターへの質問

小見アナウンサーから鈴村キャスターへの質問

近い将来と遠い将来の夢は何ですか?
夢というと大げさだけれども、やってみたいこと。
あとは休日の楽しみはなんですか?
みんな休日は何をやっているんだろうな?って気になるんだよね。

鈴村キャスターの回答はこちら!

掲載している内容は2021年4月現在のものです

アナZONEトップ
ページトップに戻る