の「ずっとしこく」取材日記
の「ずっとしこく」取材日記

#51 いつかまたみんなで笑いあえる日が来たら・・・

首藤奈知子です。

ずっとしこく 第51回は、高知県で笑いヨガの講師をされている大野沙耶花さんです。

インタビュー早々、いきなり笑ってしまいました!

特に面白いことがあったわけではないのですが、

大野さんが思いっきり笑いかけてくると、

思わずあはは~と。

笑いヨガ講師 大野沙耶花さん

確かに、イライラしている人の近くにいると、その空間はイライラ、ピリピリ・・・。

悲しい話を聞いていると、こちらも悲しくなります。

笑うって、幸せを運んでくれます。

高知が大好きで、高知のために役に立ちたいと強く思っている大野さん。

学生時代に始めた落語でお客さんは笑ってはくれるけれど、

そこから人のつながりに結び付けることは出来なかったそうです。

落語の後に笑いヨガを行うと、会場に一体感が生まれ、

隣にいる人同士が仲良くなったり、世代の違う人たちと話すきっかけになったり・・・

笑いによってつながりが生まれることが何よりうれしいと話してくれました。

実は2月下旬に収録させていただいたインタビューです。

その後、新型コロナウイルスにより今のような状況になるとは想像もできませんでした。

自粛で日常の尊さを考える今、笑えることって本当に大事だとしみじみ感じます。

いつかまたみんなで笑いあえる日が来たら、大野さんが腹筋を使いながら笑わせてくれますよ♪

「ずっとしこく」、
放送は5月16日(土)総合テレビ 午後0時40分からです。

放送は予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。