愛媛県 新型コロナ101人感染

愛媛県は23日、新たに101人が新型コロナウイルスに感染したことを確認したと発表しました。

23日発表された県内の感染確認は101人で、先週の日曜日と比べて9人少なくなっています。
年代別でみますと、10歳未満が14人、10代が17人、20代が18人、30代が20人、40代が13人、50代が6人、60代が3人、70代が4人、80代が4人、90歳以上が2人、となっています。
居住地別では、松山市が最も多く55人、次いで、四国中央市が9人、東温市が8人西条市が6人、愛南町が5人などとなっています。
また、新たなクラスターが西予市の学校と東温市の高齢者施設で1件ずつ確認されました。
県は、暖かくなるこれからの時期はイベントの開催が増えるとして、主催者に対しては参加者の整理や距離の確保と会場内の換気をすること、参加者に対してはイベントとその前後の行動には十分注意することなど感染対策の徹底を呼びかけています。