レシピ: 2020年3月 5日

ひなずしのケーキ/はまぐりのお吸い物(うしお汁)


3月5日(金)放送
ゲスト: 旅館和食料理長 久保田昌司さん

 【ひなずしのケーキ】

《材料》

米:2合

ひじき(生):30g(乾燥ひじきの場合は4g位)

甘塩の紅ジャケ:2切れ(150g)

だし巻き卵:卵2コ分

菜の花:1/2ワ

A(酢:大さじ2+1/2 砂糖:大さじ3 塩:小さじ1弱)

 

《作り方》

(1)ご飯を炊くときに一緒にひじきを混ぜ、いつもより少し硬めに炊く。

(2)すし酢の材料Aを鍋に合わせ、泡立て器でよく混ぜ溶かす。
   ※軽く温める程度、混ざる程度に沸かす。

(3)炊き上がったご飯にすし酢を混ぜる。
   ※しゃもじで切るように全体に手早く混ぜる

(4)紅ジャケは焼いてから身をほぐす。

   だし巻き卵は小角に切る。菜の花は塩ゆでして、冷水にとり水けを絞っておく。

   浸かるくらいのゆで汁に薄口しょうゆ、みりんで味を付け、冷ましてから菜の花を浸けておく。

(5)(3)のすし飯をスポンジケーキ状に形を整えて器に盛り、(4)の材料を彩りよくトッピングする。

 

★盛り付けのコツ

赤・黄・緑・白・黒の5色の色彩を大きな具材から順に均等に散らしながら盛り付ける。

※具材に決まりはありませんが彩を考え5色をバランスよく盛り付けると華やかになる。

 

【はまぐりのお吸い物(うしお汁)】

《材料》(3人分)

はまぐり:200g~250g

水:カップ3

昆布:5cm角

酒:大さじ2

塩:適量 ゆず(または木の芽):適量 

 

《作り方》

(1)砂抜きしたはまぐりと水、昆布、酒を鍋に合わせ中火でじっくり火にかける。

(2)沸騰する前からアクが出てくるので取り除き、沸騰したら昆布を取り出す。

(3)沸騰したら火を弱め、はまぐりの口が開くのを待ち、塩で味を付けて器に盛る。

 

※貝類は火を通しすぎると硬くなるので煮立たせない。
 はまぐりの口が開いたときに一度取り出して食べる直前に戻すと硬くならない。

※お好みでわかめ(生)、豆腐、うどなどを加えてもいい。

 

投稿時間:2020年03月05日 (木) 17:55 | 固定リンク


ページの一番上へ▲