レシピ

桃のコンポートジュレ


7月3日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【桃のコンポートジュレ】

《材料》

桃      :4コ

粉寒天    :1g

水      :600ml

白ワイン   :200ml

グラニュー糖 :60g

 

《作り方》

(1)桃を洗って皮ごと鍋に入れ、水と白ワイン、グラニュー糖を加え

   10分~20分煮る。

   (柔らかい桃は煮すぎると溶けてしまうので10分程度煮る。

    固い桃は竹串が通るまで20分程度煮る。)

(2)取り出して皮をむき、種を取る。

   食べやすい大きさに切って器に入れる。

(3)(1)のコンポート液300mlに粉寒天を入れ2分沸騰させ、

   (2)の器に注ぐ。常温で固まったら、冷蔵庫で冷ます。

投稿時間:2019年07月03日 (水) 17:55 | 固定リンク


焼き鳥缶と野菜ジュースのチキンライス/ウナギのかば焼き缶とグリンピースの卵とじ/切り干し大根とわかめの赤じそ和え


7月2日(火)放送
ゲスト:管理栄養士 宇佐亮子さん

 

【焼き鳥缶と野菜ジュースのチキンライス】

《材料1人分》

米:1/2カップ

野菜ジュース:1/2カップ 

水:1/4カップ

焼き鳥の缶詰:1/2缶

ミックスベジタブル:適量

顆粒コンソメスープのもと:小さじ1/2

《作り方》

(1)ポリ袋(スーパーなどのロールの袋のこと)に材料を全ていれる。

(2)ポリ袋の中の空気を抜いて、袋の一番上で口をしばる。

(3)フライパンや鍋の6分目くらいに水を入れ、お皿をおいて火をつけ、

   沸騰したらお皿の上に袋を乗せる。

   30分加熱したら火を止めて、10分蒸らせば出来上がり。

 

【ウナギのかば焼き缶とグリンピースの卵とじ】

《材料2人分》

卵:2個

かば焼きの缶詰:1缶

グリンピース(缶詰など):適量

《作り方》

(1)ポリ袋に卵を割り入れ、手でほぐす。

(2)かば焼きをほぐしながら、グリンピースと一緒に袋に加える。※タレごと加える。

(3)ポリ袋の中の空気を抜いて、袋の一番上で口をしばり、チキンライスを加熱している鍋に加える。

(4)10分ほど加熱すればできあがり。

 

【切り干し大根とわかめの赤じそ和え】

《材料1人分》

切り干し大根:ひとにぎり

カットわかめ:ひとつまみ

赤じそふりかけ:適量

《作り方》

(1)ポリ袋に切り干し大根とカットわかめ、適量の水を入れ10分ほど戻す。

(2)袋の隅を少し切り、水気を絞り、赤じそふりかけを入れて味付けをして完成。

 

《レシピのポイント》

・チキンライスと卵とじは同じ鍋でできる。

・チキンライスのごはんをスパゲッティに変えるとトマトパスタになる。

投稿時間:2019年07月02日 (火) 17:55 | 固定リンク


きゅうりと豚肉の甘酢炒め


6月26日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【きゅうりと豚肉の甘酢炒め】
《材料 2人分》
きゅうり:1本
豚肉(薄切り):100g
しょうが:10g
かたくり粉:大さじ1
米油:大さじ1
A(みりん:大さじ1 酢:大さじ1・1/2 しょうゆ:大さじ1・1/2 七味とうがらし:少々)
《作り方》
(1) きゅうりは乱切り。豚肉は一口大に切ってポリ袋に入れかたくり粉をまぶす。しょうがはみじん切り。
(2) フライパンに油を入れしょうがと豚肉を入れ炒める。
(3) きゅうりを加え炒め、Aをまわし入れ1分程度水分を飛ばすように炒める。

投稿時間:2019年06月26日 (水) 17:55 | 固定リンク


あじのハンバーグ/あじの梅肉煮


6月25日(火)放送
ゲスト:松山市公設水産地方卸売市場 濱田康二郎さん

【あじのハンバーグ】
《材料》(4人分)
あじ:4匹
油:大さじ2
サラダ菜:適量
ケチャップ:適量
卵:1コ
パン粉:大さじ3
たまねぎ:1/4コ
塩・コショウ:少々

《作り方》
(1)あじはゼイゴ等を取り除き、3枚におろす。
   それを細かく刻み、卵、パン粉、たまねぎ、塩・コショウを加えてよく混ぜ合わせる。
(2)フライパンに油を熱し、丸めた(1)を入れて両面を焼く。
(3)器にあじのハンバーグを盛り付けてケチャップとサラダ菜を添える。

【あじの梅肉煮】
《材料》(4人分)
あじ:4匹
しょうが:1かけ
わかめ:適量 
梅干し(種を取り除いたもの):4コ 
しょうゆ:大さじ2
酒:100ml
砂糖:大さじ1

《作り方》
(1)ゼイゴ等を取ったあじの皮に切り込みを入れ耐熱皿に並べる。
   わかめは食べやすい大きさに切っておく。
(2)梅干しと調味料を混ぜてあじにかけ、ラップをして電子レンジ(500W)に7分かける。
(3)わかめを加えて再びラップをして2分レンジにかける。
   皿に盛りつけ上から千切りにしたしょうがを散らす。

投稿時間:2019年06月25日 (火) 17:55 | 固定リンク


甘夏のサラダ


6月19日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【甘夏のサラダ】
《材料2人分》
甘夏:1コ
とうもろこし:1本
中玉トマト:2コ
アスパラガス:2本 
グリーンリーフ:2枚
ゆで卵:2コ 

A(オリーブ油:大さじ1 はちみつ:小さじ1 粒マスタード:小さじ1 塩:少々)


《作り方》
(1) 甘夏の皮をむき、実を取り出す。中玉トマトは4等分に切る。グリーンリーフは手でちぎる。
(2) とうもろこしはフライパンに半分の水を入れて沸かし、転がすようにして3分ゆでる。
   アスパラガスも同じフライパンで3分ゆでる。
   粗熱が取れたら、とうもろこしは実をそぎ切りにして、アスパラガスは3センチ程度に切る。
(3) ボウルにAを加え、材料を混ぜ合わせ全ての食材を皿に盛り付ける。

投稿時間:2019年06月19日 (水) 17:55 | 固定リンク


(1)麺のかけダレ/(2)大葉のドレッシング/(3)みそもみダレ さわやか大葉の香り/(4)大葉でさっと煮込みしませんか?


6月13日(木)放送
ゲスト:中国料理 門田勇さん

【麺のかけダレ】
《材料1人分》
・大葉 10枚
・濃い口しょうゆ 大さじ2
・酢 大さじ1
・ごま油 大さじ1
《作り方》
・大葉をお好みの大きさに刻む。
・調味料を全て混ぜ合わせ、そこへ大葉を入れてなじませる。
 これで「しそダレ」の完成。
・うどんやそうめんなどの麺にかけて食べてね。
《ポイント》
・温かい麺にも、冷たい麺にもOK。
・野菜と一緒にサラダさっぱり麺もよろしいかと…

【大葉のドレッシング】
《材料》
・大葉 20枚
・サラダ油 200ml
・酢 50ml
・濃い口しょうゆ 30ml
《作り方》
・大葉をお好みの大きさに切る。(千切り・みじん切りどちらでもOK)
・酢と濃い口しょうゆを合わせたところに、油を少しずつ入れながら
 泡立て器で混ぜる。
・混ぜ合わせ調味料の中に、しそをドサッと入れて完成。
《ポイント》
・混ぜるときは泡立て器を使い、白っぽくなるまで混ぜる。
 電動泡立て器(ハンドミキサー)でもOK

【みそもみダレ さわやか大葉の香り】
《材料》
・肉 200~300g(鶏・豚・牛お好みで)
・大葉 10枚
・麦みそ 50g
・酒 15ml
・みりん 15ml
・濃い口しょうゆ 10ml
・酢 15ml
《作り方》
・大葉をお好みの大きさに刻む。
・調味料をすべて混ぜ合わせ、肉を調味料に入れて揉みこみ、寝かせる。
 寝かせ時間は1時間でも1日でもOK。お好みで。
・寝かせた肉を弱火で炒める。完成。
《ポイント》
・みそが焦げないように弱火で炒めるのがコツ。
・薄切りなど火が通りやすい肉を使うのもいい

【大葉でさっと煮込みしませんか?】
《材料》
・肉または魚
・大葉 20枚
・濃い口しょうゆ 100ml
・酢 80ml
・みりん 50ml
・水 200ml
《作り方》
・大葉を大きめに切る。
・肉または魚をあらかじめゆでる。
(ゆで方:沸騰したお湯に肉や魚を入れて火を止める。
 浮いてきたアクをとり、水にさらす。)
・鍋に調味料をすべて入れて沸騰させる。
・ゆでた肉または魚を入れて弱火で煮込む。煮込み時間は5~10分でOK。
 フツフツ・コトコト煮込む。
 (※材料の火の通り方によって調節してください。)
・最後に大葉を入れて火を止める。

《ポイント》
・肉は鳥のもも・手羽、豚の細切れ・ロース・ばら肉などお好みで。
・牛肉の場合すき焼き用やしゃぶしゃぶ用など薄めのものを使う。
・魚は白身魚がおすすめ。切り身でも1匹丸ごとでもOK
・一緒に野菜を煮てもおいしい。
(たまねぎ、皮をむいたナス、白菜、きのこ、キャベツなど)
・冷めてもおいしいのでお弁当のおかずにも。

投稿時間:2019年06月13日 (木) 17:55 | 固定リンク


とうもろこしと豚肉のかき揚げ/チーズタッカルビ


6月12日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【とうもろこしと豚肉のかき揚げ】
《材料2人分》
とうもろこし:1本
豚肉(薄切り):100g
てんぷら粉:50g 
水:50ml
白ごま:小さじ1
だしじょうゆ:小さじ1
揚げ油:適量
《作り方》
(1) とうもろこしをそぎ切りにする。豚肉は一口大に切って、だしじょうゆをもみこむ。
(2)ボウルにてんぷら粉と水を加え混ぜ合わせ、そこに(1)を加え混ぜる。
(3)フライパンに揚げ油を1センチ程度入れ中火で熱する。
(4) (2)をスプーンですくって(3)の油の中に入れ、2分したら返して1分加熱する。
(5)さらに盛り付け、白ごまをかける。
※味付けしなくてもとうもろこしの甘みとうまみで美味しい1品になる。

【チーズタッカルビ】
《材料4人分》
鶏もも肉:2枚
キャベツ:200g
さつまいも:200g 
にんじん:150g
たまねぎ:1コ
しめじ:100g
ごま油:大さじ1 
キムチ:50g
もち:2コ
溶けるチーズ:適量 

A
コチュジャン:大さじ2{または甜麺醤(ティエンメンジャン):大さじ1 豆板醤(トーバンジャン):小さじ1}
しょうゆ:大さじ2
にんにく(すりおろしたもの):1かけ
しょうが(すりおろしたもの):1かけ
粉とうがらし:大さじ2
B
酒:大さじ2
砂糖:大さじ1
《作り方》
(1) 鶏もも肉は食べやすい大きさに切る。キャベツはざく切り。さつまいもとにんじんは5ミリの厚さで短冊切り。たまねぎは8等分にくし形切りにする。しめじは軸を取りばらばらにする。
(2) 鶏もも肉を(B)でもみこみ5分置く。さらに(A)を加えしっかりもみこんでおく。
(3) フライパンかホットプレートにごま油を入れ、さつまいも、にんじんを並べその上にたまねぎ、キムチ、キャベツ、しめじをのせ、その上に鶏もも肉をのせてふたをする。
(4) 中火または中温(160~170度)5分加熱し、さつまいもに焦げ目がついたら、全体を混ぜる。もちを拍子木切りにして入れ、ふたをしてさらに5分待つ。全体に火が通ったら溶けるチーズを入れる。

投稿時間:2019年06月12日 (水) 17:55 | 固定リンク


ミニトマトのはちみつレモン漬けと甘酒のスムージー


6月11日(火)放送
ゲスト:管理栄養士 宇佐亮子さん

【ミニトマトのはちみつレモン漬けと甘酒のスムージー】
madonna_190611_02.jpg

《材料2人分》

(ミニトマトのはちみつレモン漬け)

ミニトマト   150g

はちみつ    大さじ2

レモン果汁   大さじ1

(甘酒の素)

ごはん     200g

乾燥米麹    100g

沸騰した湯   150ml

水       450ml

 

(スムージー)

甘酒の素    100ml

ミニトマトのはちみつレモン漬け   全量

牛乳      200ml

塩       少々

輪切りレモン  2枚

ミント     お好みで

 

《作り方》

(1)まずは甘酒の素を作ります。

   炊飯器にあたたかいごはん、沸騰したお湯、水、乾燥米麹を加えて混ぜ、

   濡れ布巾をかけて、蓋をあけたまま保温モードで3時間置く。

   ※温度計を持っている場合は70℃をこえないように確認をすると良い。

(2)3時間たったら、ひと混ぜして、また2時間ほど待つ。

   このとき、時々かき混ぜてあげましょう。

(3)鍋に移して、ひと煮立ちさて発酵をとめ、保存容器に入れて冷蔵庫で冷やす。

(4)ミニトマトのヘタをとり、包丁や爪楊枝で皮に傷をいれます。

   熱湯に20~30秒入れて、冷水にとり、皮をむく。

(5)保存容器にはちみつとレモン汁を混ぜ、湯むきしたミニトマトを漬け込み、

   冷蔵庫で3時間ほど冷やす。漬ける時間はお好みで。

(6)ミキサーに甘酒の素、ミニトマトのはちみつ漬け、牛乳、塩少々を加えて混ぜる。

(7)グラスに盛りつけ、お好みでレモン汁、ミントを飾る。

 

《レシピのポイント》

甘酒は飲む点滴と呼ばれるほど。

旬のトマトにはカリウム、牛乳にはカルシウムが豊富。

 

投稿時間:2019年06月11日 (火) 17:55 | 固定リンク


すいかと甘酒のシャリシャリシャーベット


6月5日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【すいかと甘酒のシャリシャリシャーベット】
《材料》 
すいか:600g
甘酒 :100g

《作り方》
(1) 種をとったすいかと甘酒をミキサーに入れ液体状にする。
(2) 密閉容器に入れ冷凍庫で冷やしたら1時間ごとに混ぜる。3回繰り返すとふわふわのシャーベットになります。
*のどが乾いたらお勧めの夏バテ防止のシャーベット。
*水筒に入れておくと程よく溶けて、おいしいジュースにもなりますよ。

投稿時間:2019年06月05日 (水) 17:55 | 固定リンク


グリンピースのビシソワーズ


5月29日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【グリンピースのビシソワーズ】
《材料/作りやすい分量》
グリンピース(さやから出した豆):100g
たまねぎ:100g 
じゃがいも:100g
牛乳:500ml
コンソメ(顆粒):小さじ1
塩:小さじ1/4
オリーブ油:大さじ1
ゆで汁:200ml

《作り方》
(1) たまねぎを薄切りにする。じゃがいもも小さめに切る。グリンピースはさやから出しておく。
(2) 鍋に湯を沸かしてじゃがいもとグリンピースをゆでておく。ゆで汁を200mlとっておく。
(3) フライパンにオリーブ油を入れ、たまねぎがしんなりするまで炒める。
(4) ミキサーに炒めたたまねぎとゆでたじゃがいも、グリンピース、ゆで汁、牛乳、コンソメ(顆粒)、塩を加えて液体にする。鍋に戻し中火~弱火で沸騰させないように混ぜながら5分程度加熱する。
(5) 容器に移して冷蔵庫で一晩冷やす。

*冷たいポタージュスープです。熱中症予防や食欲のない時にも栄養と水分がしっかりとれる優れものです。
*冷蔵庫で3日ほど保存できます。一晩寝かせるとより甘みと旨味が増しますよ。

投稿時間:2019年05月29日 (水) 17:55 | 固定リンク


ページの一番上へ▲